お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

「モバイルWi-Fiルーター」体験モニター募集

NTT西日本が「モバイルWi-Fiルーター」体験モニターの募集をするそうです。

今回のモニター機器は「DWR-PG」になるようですが、NTT西日本が今年度中に商用開始し提供する「モバイルWi-Fiルーター」は「DWR-PG」とは異なる製品とのことです。この製品がどんなモノなのかとても気になりますね。

大阪、名古屋、福岡の近辺にお住まいで体験してみたいと思われる方は、こういった機会に応募してみるといいでしょうね。モニター期間は10日間と短いのですが、実際の使い勝手など試すにはちょうど良いのかもしれません。


「モバイルWi-Fiルーター」体験モニターの募集について
http://www.ntt-west.co.jp/news/1010/101029a.html


博

2010年10月29日 (金)

プラチナグルメクーポン

三井住友VISAプラチナカードの「プラチナグルメクーポン」が送られてきた。

「会員様ご本人分のコース料理を無料」と記載されているが、ほとんどが1万円以上の料理となるので気軽に利用というわけにはいかないのだけど、ちょっと行ってみたいと思うお店はある。

実際に利用するかというとなかなかその機会がないと思うのだけど、たまにはゆったりと食事をしたいと思ったときにはいいのかな。普段が慌ただしく食事していることばかりなので、いつもゆったり食事をしたい気持ちが強かったりする。

「プラチナグルメクーポン」を利用するには事前にプラチナリザーブデスクに電話して予約をお願いすることになるけど、店舗側にも「プラチナグルメクーポン」の利用だと確実に伝わるので安心感はある。もし自分で直接予約しないといけないならきっと利用しないだろうな。

ちょっとまだバタバタしていて余裕がないのだけど、いつかゆっくり食事をしてみようと思う。


プラチナグルメクーポン:三井住友VISAプラチナカード
http://www.smbc-card.com/nyukai/platinum/gourmet/coupon.jsp


博

2010年10月28日 (木)

ACO『devil's hands』

ACOの4年ぶりのアルバム『devil's hands』。こいつは実際に手に取って入手したかったためにやっと昨日タワレコで買ってきた。

ACOといえば4枚目のアルバム『absolute ego』から始まるエレクトロニカサウンドで有名になったと思うんだけど、私としては『absolute ego』に続く『Material』や『irony』はあまり好きではなかった。それはなぜかというと、音の中に彼女の歌詞が埋もれてしまい、なんだかやらされているような感覚があったからだ。この件についてはちょうど彼女自身のブログに「devil's hands」というタイトルで書かれているのでなんとなく気持ちが理解できる。

私が大好きなACOは、このブログの左サイドバーにもリンクしているように初期の3枚のアルバムであって、甘え声でにゃーにゃー歌っているんだけど、歌詞がとてもよく伝わってくるというものだった。それがミニアルバム『mask』でちょっぴり帰ってきた感じがしたときはとても嬉しかったものだった。これがやっぱり彼女本来の良さじゃないかと感じたことを覚えている。

さてさて本題に戻って『devil's hands』だけど、これは間違いなく現在のACOだと言える。現在進行形かもしれない。

正直なところ、ほっとした。

今回、実際に自分で聴くまで事前の情報をなにも入れないように制限をかけ、そしてやっと昨日になって聴いたわけだけど、涙が出そうなくらい嬉しかった。

じっくり聴いたよ。

今のACOをね。

正直、聴く前は怖かった。

どんなACOがいるのか、どんな歌が聴けるのか...。

あたたかく包み込まれるような歌声に

「おかえりなさい」

と心の中で言っていた。


博

2010年10月27日 (水)

新しい『三井住友VISAプラチナカード』到着

以前、『三井住友VISAプラチナカード』を刷新という記事を書きました。そのときは新しいカードフェイスのモノに変更するつもりはなかったのですが、期限になればどっちみち新しいモノに変更となるということだったので、それだったらとさっさと申し込みしておいたわけです。

なにが大きく違うかというと、写真ではわかりにくいと思いますがカード表面が「つや消しの黒」になっているということです。これまでは光沢のある黒で裏面と同じだったので、つや消しの黒は落ち着いた感じで良いのではないでしょうか。

印象としてはスッキリしたと言えるでしょうか。ホログラムも裏面に移動しているしICチップ部分も従来の金色からプラチナ色になっているだけでなく、VISAマークも白枠の中に青文字から白文字だけになっていることも含め、統一感は充分に出ていると感じます。

ちなみに私のカードはずっと顔写真入りなので、今回も変更なく顔写真入りで到着しました。また、iDも使うので当然のようにiD一体型です。今後もずっとこれらを変更することはないでしょう。

さてここで間違い探しのお時間です。

下の新しいカードの写真には私が加工した部分が多くあります。その加工した部分を間違いとすると、いったいいくつの間違いがあるでしょうか?

暇なときにでも探してみてください(笑)


新フェイス(表)
(画像クリックで拡大)

新フェイス(裏)
(画像クリックで拡大)


博

2010年10月26日 (火)

言葉の重み

その場の思いつきで発した言葉でも、相手はしっかりと覚えている。

そして、期待するつもりはなくても心の片隅で期待している。

国会議員の安易な発言には辟易しているが、少なくとも国民はしっかり覚えているということを頭に叩き込んでおいてほしい。

私は以前、自分が発した言葉をそのまま返され、何も言えなくなったことがある。

間違ったことを言っていたわけではないのだが、何年も経ちとてつもない重みを持つことになっていたことを知らされたのだった。

その日から、言葉を発することにとても気を使うようになった。

どんな言葉にもそれなりの重みがあり、さらに責任もつきまとう。それもどんな立場だろうが関係なく。

私が何年も前に発した言葉をきちんと守れているのか、いろいろと考えてしまうのだった。


博

2010年10月25日 (月)

痛くて眠れないが

なんとも言えない痛みに眠れないでいる。

物心ついたときにはすでにこの痛みを受け入れるしかないとわかっていたのだけど、ときどきこうやってどうしようもない痛みに襲われ、ただひたすら耐え忍ぶことを繰り返してきた。

中学生の頃まではこの傷みに耐え切れず、ただ泣きわめき、そして泣き疲れてなんとか眠っていたという記憶だけがある。それ以降は泣かなくなっただけであって、痛みが軽減したわけでもなければ、痛みに強くなったわけでもないと思う。

どれくらいの痛みかというと、腰から下、そして両腕を切り落としてほしいという感じだ。もちろん本当に切り落としてほしいとは思っていないが、切り落とすことで痛みがなくなるのならそうしてほしいと思うくらいの痛みだということだ。

この痛みの原因が消えることはない。それだけはハッキリしていることなのでこれからも今夜みたいに痛みで眠れないことも多いだろう。それに、あとどれくらい耐えればよいという目安があるわけでもない。

こうやって痛みに耐えてきた代わりに、きっと良いこともたくさん経験しているのだろうと思う。私自身が気がついていないだけで、本当はとても幸せな人間なのかもしれない。


博

2010年10月23日 (土)

歯の治療しなきゃ

仕事をしているときになにかを食べているわけでもないのにガリッとした感触があり、もしかして歯が欠けたのかと思っておそるおそる口から出してみると、それは1mm程度の小さな黒っぽい物体でした。

もちろん歯ではありませんよね。これってなんだろうかとしばし悩みながら、定期的に検診を受けPMTCもしてもらっているわけなので歯石でもないだろうし、うーん、本当になにかなと観察すること数十秒。

あっ、もしかして奥歯の詰め物が欠けたのかな?と思ったものの鏡を見ても確認できるわけもなく、仕方なく舌先で探ってみると右上の奥歯に少し違和感があるようなないような...。

家に帰ってデンタルミラーを使ってなんとか確認してみると、やはり詰め物が欠けているような感じです。そうこうしているとどこからともなく2個も欠けた黒っぽい物体が出てきました。昼間に出てきた物体と同じですから、欠けているのに間違いはないでしょう。

こんなときはさっさとかかりつけの歯科に行けばいいわけですが、仕事が終わり帰ってきたのは23時過ぎ。もちろん開いているわけもなければ予約を入れることもできない。ということでしばらく様子をみておくことにしました。

歯科に行けるのが27日か28日になってしまいそうですので、それまで何事もなくというか、これ以上なにもなければいいなといったところです。

それにしても、詰め物が欠けるなんてこれまで経験なかっただけにびっくりです。


博

2010年10月22日 (金)

ヘッドライト点けてますか?

今日、車の点検のためディーラーに行ってきたのですが、途中いくつものトンネルを通ります。このトンネルでヘッドライトを点灯しない車のなんと多いこと。久しぶりに走っていてこんなに点灯させない人が多いのかと驚くとともに危険だなと思ったものです。

最近のトンネルは中がかなり明るいところも多くなっていますけど、それでもヘッドライトを点灯させていない後続車はあまり見えないんです。見えづらいくらいならまだしも、今日はほとんどの車が点灯させておらず追い越し車線を猛スピードで走ってきた車には恐ろしささえ感じたほどです。

私は天候が悪ければ昼間でもすぐに点灯させ、夕方は一番早く点灯させるくらい積極的にヘッドライトを使っているので、トンネルであれば入る前にはしっかり点灯させていますし、出ても周囲が完全に明るくなった場所に到達して消すようにしています。

ヘッドライトは暗いから点灯させるのではなく、自分の身を守るために点灯させるものだという感覚があるのですが、これはバイク乗りであったこともあるでしょうし、とにかく自分の身は自分で守るという気持ちが強いからでもあるのでしょうね。

最近は自発光式メーターを使った車も増えているようなのでトンネルに入ってもメーターがハッキリ見えているでしょうし、トンネルの中もわりと明るくなってきているので暗く感じないのかもしれません。

でも、他車からは見えてないんですよ。

事実、トンネル内で危うく事故が起きそうな場面に遭遇しました。私は車間距離も余裕を持って走っているので簡単に回避できましたが、かなり危険な状態だったことには間違いありません。一歩間違えば大惨事です。

ちなみにスモールランプで走っているのはダメですよ。スモールランプはあくまでも車幅灯で、これだけで走ってはいけないことになっています。でも、実際には多いですよね。

きちんとヘッドライトは点けましょうね。


博

2010年10月21日 (木)

「MacBook Air」と「Lion」

「Back to the Mac.」の意味がわかった早朝、車の中であれこれ妄想していました(笑)

まずは「MacBook Air」だけど、やっと私が欲しいと思えるものになったなと感じたとともに、よくここまで薄くできたなと感心しています。購入予定はもちろん13型。重さが11型くらいのものだったら完璧だったけど、さすがにそこまでは無理か。

次には来年の夏にリリース予定の「Mac OS X Lion」。こちらはソフトウェアとしての「Back to the Mac.」で、なんと「Mac App Store」や「Launchpad」といった「iPad」からのフィードバックが大きな目玉となっていました。これからどんどんアプリケーションの購入方法も変化していくのでしょうか?

他には「iLife」が新しくなっているのですが、新しくなるたびに地味ににんまりしています。本音を言うともうそろそろあっと驚かされるようなモノが「iLife」に仲間入りして欲しいと思うのですが、そんな気配を感じないのがちょっとさみしいです。

私としては「iPad」用の「iWork」がもっと使い勝手の良いものになって欲しいのですが、これは気長に待っているとしましょう。本当はさっさと改良してよと思う点がいくつもあるんですけどね。


博

2010年10月20日 (水)

「ありがとう」

「ありがとう」って言っていますか?

つい、「どうも...」なんて言ってませんか?

きちんと感謝の気持ちを伝えたいので、

意識してきちんと「ありがとう」と言うようにしています。

ちょっと照れくさいときもあるけど、気持ちいいね。


博

2010年10月19日 (火)

眠くて眠くて...

毎日のように朝早くから夜遅くまでという状況なので、睡眠不足から抜け出せないでいます。

そんな中でもなんとか国家試験の勉強もしているわけですが、ただでさえ苦手な暗記はもうぐだぐだといった感じです。このままではどう頑張っても無理だなとわかるけど、それでもやるだけはやってみましょう。

それにしても、今日は身体的な疲れだけでなく頭脳もしっかり疲れきっているのか、なにをやっても眠気がとれません。コーヒーや紅茶を飲んでもなんら効果はなく、ただただどこまでも眠いわけです。

こんなときは寝るのが一番なのでしょうね。


博

2010年10月18日 (月)

機種変更...

使っている携帯電話はドコモのSH903iというモノ。発表前から予約をするくらい気合いが入っていただけでなく、発売当日は同僚と二人で予約していたショップに高速道路を使って機種変更に行くという、なんとも無駄なことをしたものでした。

あれからもう4年、まだこうやって使っているわけですが、本当はとっくに機種変更をするつもりでいたし準備もしていたのですが、なぜだか機種変更のタイミングを外したままになっているのです。

そろそろ新型が発表になるでしょうから、今度こそ機種変更したいと思っているのですが、本当に機種変更が必要なのかというと、そうでもなかったりします。

SH903iで困ること、なにひとつありません。携帯電話なのに一番の活用はおサイフケータイとしてで、次にメール、それからやっと通話というくらいで、他の機能なんてほとんど使うことがありません。

そんなだから機種変更が必要だと思わないのですが、さすがに4年も使っているとだんだんとくたびれた感じになってきていますし、ときどき、あれっ?という不思議な動作になってしまうこともあります。

どうしても機種変更したいと思わせてくれるような機種が出ないものですかね。


博

2010年10月16日 (土)

苦手なモノ

なんとか時間を作って国家試験の勉強をしている最中ですが、つくづく苦手なモノが「暗記」というヤツだと実感しています。

これは幼少の頃からずっと変わっていないわけで、とにかく苦手な暗記をどう克服するのかがポイントだと思っています。

私が学生時代に勉強が苦手だったのは、とにかく「暗記」を重視したような教育にぶつかることが多く、もうそれはなんのことやらで暗記できるわけもなく、成績は散々なものでした。

そんな私だからこそどうしたらきちんと記憶できるのか考えた結果、しっかりとその意味を理解するという結論に達したのでした。回転速度の遅い頭で理解しようとするので時間もかかってしまうのですが、一度理解できるとそうそう忘れることがないものです。

だから私が誰かに教えるとしたら、必ずその意味がしっかりとわかるような方法をとるようにしています。理解が早い人にはちょっと退屈に感じるかもしれませんが、それでも、なるほど、と思わせるポイントを入れるようにしているので有意義な内容になっているようです。

今回チャレンジする国家試験は専門分野ではないので、意味を理解するにもとんちんかんなことが多く、結果的には「暗記」という手段をとるしかないこともあって苦労しています。

昨年は講習を受けるだけで良かったのですが、今年はそんなわけにもいかず、こんなことで苦労するとは情けないなといったところです。

ぜんぜん関係ないのですが、女性の目パッチリなメイクもめちゃくちゃ苦手です。でもつい気になって見てしまうのですが、それはどうしてあんなにぐりぐりした目にしたいのか理解できないからで、不思議なモノを見たって感覚なのです。

ちなみに私、切れ長の涼しげな目の女性が好きです。それもほんの少しタレ目に見えるくらいの感じのがね(笑)


博

2010年10月15日 (金)

「Back to the Mac.」

1985年のアメリカ映画『Back to the Future』は大好きな映画のひとつであり、もちろんDVDは3作ともに持っている。もう何回くらい見たのかわからない。

そのタイトルを思い起こさせる「Back to the Mac.」。米アップル社が10月20(日本時間21日深夜)に開催するスペシャルイベントの招待状に書かれているメッセージである。そして、アップルのロゴからは百獣の王ライオンらしき顔が覗いている。

「Back to the Mac.」

これまで Mac OS X の各バージョンのコードネームは"Cheetah"、"Puma"、"Jaguar"、"Panther"、"Tiger"、"Leopard"、"Snow Leopard"とネコ科の動物で続いてきた。ということで次期 Mac OS X 10.7 は"Lion"になるのだろう。違っていたら笑えるけど。

そんなコードネームはどうでもいいとしても、「Back to the Mac.」というメッセージのように久しぶりに Mac 関連プロダクトの発表らしく、これが以前、ジョブズ氏がいっていた「年内にリリースできる驚くべき製品」の正体だと思われる。

デロリアンみたいなマック?

もちろんそんなわけもなく、これまでの実績からいくと今年はモバイル製品が発表される年になるはずなので、私の予想として「MacBook Air」の新型は出るだろうなと思っています。そして出たら買う(笑)

それから、きっと iPhone 4 のホワイトモデルについてもなんらかの具体的な情報が発表されると思いますが、どっちみちソフトバンクでしか使えないので買うつもりもなく、期待している人たちには申し訳ないがどうでもいいってところです。

新しく発表される Mac OS X 10.7 がどう進化するのかとても楽しみですが、それとともにどういったモバイル製品が発表されるのか、ウキウキする楽しみを今回も与えてくれています。


博

2010年10月14日 (木)

京都の紅葉情報は...

昨年、京都の紅葉を楽しませていただいたブログがある。

今年もしっかりと紅葉の情報を発信してくれるようで、今からとても楽しみにしている。

西陣に住んでます」というタイトルのブログで、なかなかおもしろいことを書かれている。

今年は早々と「京都紅葉攻略作戦2010」というタイトルでスタートしており、昨年の記事も含めて京都に紅葉を見に行くとしたら読まないのはもったいないという充実した内容になっている。仮に行けないとしても見て読むだけでも充分に楽しめる。

実際に京都のあちこちを散策され、それを写真におさめてブログで公開されているのだけど、写真を見ながら記事を読んでいると、もうそれだけで京都に行った気分になれるから不思議なものだ。

今のところ11月下旬には少し余裕がありそうな気配がするので、実際に京都に行ってゆっくりしたいなと思っているんだけどこれがどうなるかわからない。

とにかくブログの情報を参考にしつつ、行けるチャンスを狙ってみるとするか。


博

2010年10月13日 (水)

ダメすぎるとき

ふと、自分のことがどうしようもなくダメすぎると思うときがある。

それは、素直になれないときであり、意味もなく愚図ってしまうのだった。

例えば今日のように朝早くから夜遅くまで慌ただしく必死になって働いた後とかにそれはやってくるようで、つい気持ちとは裏腹な言葉を発したりする。

きっと、このときの私の相手をする女性は困惑すると思う。でもそれ以外の人が困惑することはなく、あくまでも好きでお付き合いしている女性にだけダメすぎるのだ。ようするに甘えているってヤツだろうか。

普段、お相手にはめいっぱい甘えて欲しいのに、こういうときはめいっぱい甘えているんだろうな。駄々っ子みたいになっているのかなと思うこともある。

疲れきった身体はやっぱり癒されたい。

そんな気持ちが甘えられるお相手にだけ出てしまうのだろうけど、どうしようもなくダメすぎると思うようなことはやはりよくない。

今はその相手もいないからダメになろうとしてもなりようがないから、このままずっと一人がいいのかなと考えてしまったりする。

さすがに今日は疲れた。


博

2010年10月12日 (火)

願望という名の希望

今朝、いつも寄るコンビニに入ったらある本が目についた。といってもほんの瞬間ちらっと視線に入ったくらいでしかない。

いつものように野菜ジュースやお弁当などを手に取りレジに行くと、ちょうどレシートを交換しようとしたところらしく「少し待っていただけますか」とのこと。

普段であればそのままレジで待つところを、今朝はなぜか最初に目についた本を買おうと本コーナーへ向かっていた。そして迷うことなく手に取りレジへ戻っていく。

「温泉に行くんですか?」

ちょうど交代時間でたくさんの店員さんがいたのだが、みなさん同じように「温泉に行くんですか?」と聞いてくる。これまでもいろいろと聞かれているので気にならないんだけど。

「いや、願望ですよ(笑)」

そう、私が買ったのは温泉宿のガイド本で、なんとなく温泉に行けたらいいなという気持ちがあるので、せめて行った気になれるように見ようというわけなのだ。

私が温泉に行きたいと思うのは決まって忙しいとき。それもどうやっても行けない状況だとわかりきっている時こそ行きたくなってしまう。きっと現実逃避だな。

じゃあ、暇になったら温泉に行くのかというと、実は行かない。

一緒に行ってくれるお相手がいないので一人で行ってもつまらないと思ってしまうし、もともと行こうという気持ちもなかったりする。せめて、彼女がいて行きたいという雰囲気にならないとね。

あくまでも願望という名の希望。

今は彼女をつくる気にもならないので温泉に行った気持ちを味わうだけで終わりなんだろうけど、いつか、本当にゆっくり行ってみたいと思っている。

シミュレーション?
それとも妄想?

温泉宿のガイド本を眺め、その気にだけはなってみよう(笑)


博

2010年10月11日 (月)

逆転の発想!!

22時を過ぎてやっと仕事が終わり帰ろうと車に乗ったら、なんと左側のヘッドライトが切れている(涙)

よりによってバッテリーが邪魔になる左側かと思いつつ、とにかく交換するしかないかとあきらめトランクからスペアのバルブを取り出した。

切れたバルブを外すまではなんとかなるんだけど、ただでさえ手が入らない空間での作業になってしまうので、スペアのバルブを取り付け、固定用のピンでロックし、となるところが大変だったりする。

問題は固定用のピン。こいつが本来の取り付け方法でやろうとするとまず留まらない。だから逆転の発想で反対側から留めていくとなんとかなる。

簡単に書いているけど、実は見えないところを手探りでやっているわけで、どういった構造になっているのか理解していないとまずできない。仮に構造を理解していたとしても、簡単に留めることができない作りだったりする。

本来、マニュアルではバンパーを外してから交換するようになっているらしい。たぶんバンパーを外し、ヘッドライトのユニットをそっくり取り外してバルブを交換するのだろう。

そんな作業をせずに逆転の発想でなんとかやってのけるのは、できない人からみたら不思議なことらしい。面倒であってもそれくらいは簡単な部類に入るんだけどな。もちろん私にとっての話だけど。


博

2010年10月 9日 (土)

なぜ日本はダメなのか

唐突なタイトルだけど、日本という国はどうしてこうまでダメなのだろうか?

もちろん、本当に日本がダメだなんて思っていない。世界最高峰の技術国だと思うし、人の優しさも世界中に自慢できる。

それじゃなにがダメなのか?

簡単に言うと総合力だと思う。

例えば車やコンピュータを例にあげると、製品の品質は間違いなく世界中どこにも負けることがないだろう。それなのに、私には欲しいと思える日本車がないし、欲しいと思えるコンピュータがない。

本当は、日本の技術があればもっと良いモノができるはずなのにと強く思っているのだけど、思ったからといってできるわけもなく、できないことにいらだちさえ感じてしまうのだった。

私がドイツ車に乗っているのもマックを使っているのも、ただ私が実用的だと考えることを実現できている車やコンピュータが日本に存在しないからであって、もし日本に存在しているのだったら迷うことなく日本の製品を選ぶ。

一部分の技術は世界で一番であっても、トータル的な技術が世界で一番かと問われるとやはり疑問に思ってしまう。技術以外のことでも同じであって、世界で一番になれる力を持っているはずなのに、それを活かせないまま二番や三番であったりしているのではないだろうか。

「一番じゃないとダメなんですか?二番じゃダメなんですか?」と言った人がいたが、これだから日本はダメなんだなと思ったのだった。

一番になりたくて必死に頑張ってもなかなかなれない。それが現実なのに、そして将来の国益のために世界で一番になろうと涙ぐましい努力をしているのに、「一番じゃないとダメなんですか?」などと軽く言われたらガッカリもいいところだ。

どんなに優秀な技術や知識などを持っていても一企業がやれることは限られてしまうわけで、それを世界で本当に一番にするには、やはり国レベルでのさまざまな支援が必要になってくる。

企業であれば経営者である社長、国でいえば首相、そういった人たちからの明確な方向性がきちんと示されているとしたら、日本は世界中のどの国にも負けないことだろう。

日本国民の誰にでもわかる明確な方向性が示される日はいつくるのだろうか?

日本のハードウェアは間違いなく世界でトップだ。それを支え、かつ引っ張っていくのはやはりソフトウェアだろう。ここで言うソフトウェアはプログラムのことではない。それくらい書かなくてもわかるか。


博

2010年10月 8日 (金)

輸入車を選ぶ楽しみ

ずっと輸入車に乗っていると、その楽しみ方もわかってくる。

私の場合、どちらかというとコンパクトな車が好きなので、輸入車だとゴルフを基準にいろいろと判断するのだけど、もう、そのゴルフの出来があまりにも良く、他の車がずいぶん遅れているように思ってしまうことが多い。

実は今日、1.2リットルのゴルフTSIトレンドラインに乗ってきた。フォルクスワーゲンのダウンサイジングには毎回のように驚かされるが、この1.2リットルの最新型には本当に驚かされる。

まず、1.2リットルの車だとわかっていても走り出してみると1.2リットルだとはまったく感じない。大人2名乗車で坂の多い街中を走ってもストレスがなく、軽快さやフリクションロスの少なさを実感するものであり、さすがこれがベーシックカーの見本と言われるだけの車なんだなとつくづく思ってしまう。

24.5kgも軽量化されたエンジンのおかげもあって、とにかく前が軽くて軽快さやバランスの良さが際立っている。乗る前は1.2リットルでちゃんと走れるのかと不安に思うこともあったが、そんな不安はあっさりと払拭されてしまう。

いろいろと書いているとキリがないけど、このようなベーシックな車こそ、その良さが一番わかるのはこれまでの経験でも感じていることで、とくにヨーロッパ車では強く実感できる。だから、ゴルフのこの1.2リットルTSIトレンドラインはイチオシとしておく。

これとは別に実は他の車にも乗っているのだが、デザインがさすがにカッコいいとか、コンパクトでありながらそのボリューム感にほれぼれしたり、なんだか楽しい車がたくさんあるというのが輸入車なんだなと改めて感じたものだった。

そろそろ買い替えを考える時期なので、楽しみがたくさんあってウキウキしてしまうのだけど、コンパクトなベーシックタイプの輸入車こそ、過剰な装備をそぎ落としたグレードを選ぶと良いと思うし、車の良さを実感できるだろうと思う。

見てくれや過剰な装備を重視した日本車よりずっとしっかりしているし、さすがいろんな意味で先進国の車なのだなと感じつつ、実用車としての割り切りが好ましく思えるのだった。


博

2010年10月 7日 (木)

大好きなアーティスト

昨日、新しいアルバムが発売になった。まだ買っていないんだけど今日にでも買ってくる予定。

まずは「paris match」のデビュー10周年を飾る9枚目のアルバム「to the nines」である。もちろん今回も数字シリーズ(笑)

ミズノマリの涼しげな歌声は相変わらずで、まったりしたいときに聴くとやけにピッタリ。ドライブのお供にもなかなかいい感じだったりするんだよね。おしゃれなカフェでも流れてたりするね。

続いて、「BONNIE PINK」のデビュー15周年を記念するニューシングルを含む豪華3枚組アルバム「Dear Diary(初回限定盤)」である。

元気な歌声を聴いているとこちらまで元気が出てくるから不思議。今回はニューシングルを含むオリジナルアルバムに特典CD「B-side Collection(1996-2009)」とDVD「TOUR 2009 "ONE" final at AKASAKA BLITZ」を加えた豪華3枚組の初回限定版がおすすめ。もちろんこれ買ってきます。

なんだか今日はウキウキ気分です(笑)


博

2010年10月 6日 (水)

「DWR-PG」+「iPad」のメリット

バッファローのポータブルWi-Fiルータ「DWR-PG」と「iPad」の組み合わせで使っています。もちろん他にも「MacBook Pro」や「iMac」などもつなぎますけどね。

この組み合わせにしたのは、ソフトバンクが大嫌いだからという私自身の感情的な理由と、ソフトバンクの回線では実用にならないのを実体験として知っていたからです。それは大嫌いといいながらもソフトバンク回線を利用しなきゃいけないことがあり、その度に実用にならないで苦労してきたからなのです。

私の場合、都市部から地方まで行動範囲がとても広いので、どこに行っても使えるというのは大切なポイントですが、ソフトバンク回線だと地方ではことごとく利用できないことになるし都市部でも不安定な状況に陥ることが多いので、そのストレスは相当に大きいものでした。ちなみに私の行動範囲にはドコモ回線でも圏外になる所が存在しています(汗)

話しが脱線してしまいましたが、「DWR-PG」と「iPad」の組み合わせが正しい選択だったことを裏付けるような記事がちょうどあったので書いておきます。「DWR-PG」と「iPad」の購入を検討されている人は参考にされるといいでしょうね。


iPad Wi-Fi版をモバイルWi-Fiルーターで外に持ち出す――「BF-01B」編 (1/2) - ITmedia +D モバイル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1010/04/news021.html

どうでもいいけど、「ITmedia」はソフトバンク系だよね(笑)


博

2010年10月 5日 (火)

新型ゴリラが発表

通信機能対応の「ゴリラプラス」の発表に続き、新型ゴリラの発表となりました。記事にするのが遅いけど(汗)

これまでは5.2型が中心でしたが、今回発表されたのは7型と6型の2タイプ3機種で、12セグ地デジ対応やクレードルタイプの吸盤式車載取付キットを採用された点が目を引くところでしょうか。

NV-SD760FT
NV-SD650FT
NV-SD741DT

という3機種ですが、型番の最後にFTが付いたものが新タイプ、DTが付いたものが従来タイプと言えるようです。

7型や6型画面は見やすさはありますが、どちらもバッテリーを内蔵していないので歩行ナビとしては使えない仕様となっています。だから歩行ナビとしても使いたいということであれば、先日の記事に書いたように5型の「ゴリラプラス」を選択することになりますね。

私が一番気になってしまうのは、クレードルタイプの吸盤式車載取付キットが採用されたことでしょうか。これがあるかどうかでケーブルの取り付けや取り外しに大きく変化があるわけで、いま使っている NV-SB570DT がクレードルタイプだったらどれだけ良かったかと思うだけに、新型が羨ましく感じてしまいます。

それと、登録地点のデータを本体から書き出せるようになったこともいいですね。「登録地点バックアップ機能」という名称になっているようですが、出先で登録することもよくあり、それが書き出せないのがもどかしいと思ったことがよくあったのです。

今回の画面大型化はポータブルナビの主な利用者が40歳から50歳くらいの年齢が中心となっているらしく、老眼の影響で5.2型では見えづらいという意見が多くあったからのようです。この件に関しては仕事上の配慮など日ごろからしているのでよくわかるのですが、そのメリットの反面で歩行ナビの機能を削られたデメリットも大きいなと感じています。


博

2010年10月 4日 (月)

経営を意識する

私は経営者ではありませんが、経営を意識したいろんな取り組みをしています。

実際に経営に関した勉強もしていますし、勉強したことをどう展開していくかも考えつつ誰にでもわかるように方向性を示したり、具体的な改善の指示を出したりしています。

こういったものはそれこそ専門外であるしまったく縁がないものだと思っていたのですが、専門分野だけできればよいという時代ではなくなっているのだと強く感じるので、本来の仕事をしながらマルチタスクで経営を意識した取り組みもしているわけです。

実際にやっているのがいつも三つくらいあるのでマルチタスクもフル回転といった状態で大変ですが、これまでのいろいろな経験が活きてくるだけでなく新たな知識や経験も増えていくので楽しいとも言えます。

方向性を示すにしてもシンプルな考えにしているのであっさり明確なモノが出せるし、問題が起きたときでも具体的なプラス思考のアイディアが次から次に出てくるので難しいことはないのですが、目先のことだけでなく将来的な問題も含めて考えているので、マルチタスクで動く頭がもうひとつくらい欲しいところです。

いろんなことを知りたいという気持ちが根底にあり、好きだからやっているのだと思いますが、実はもっともっと経営を意識したことをやりたいと思っているのでした。もし実際に経営できるのであれば、これまでの常識を破ったアイディアでいろいろとやってしまうのでしょうね。

マルチタスクついでに、国家試験の勉強もしなきゃ(汗)


博

2010年10月 2日 (土)

「エアーナビ」に新機種

パイオニアから発売される「エアーナビ」の最新機種はポータブルナビ初の毎月地図更新となっているようですね。

ナビを購入して一番憂鬱なのが地図の更新だと思っているのですが、これが毎月更新でしかも3年分付きとなると安心感があります。ただ、肝心の地図情報が実際にどの程度の更新内容になっているのかは微妙だと思うことも。

これからはポータブルナビでも通信機能を搭載したものが多くなってくると思いますが、通信機能を活かしてどれだけ使える情報を提供するかがカギとなるでしょうね。

それから先日の記事でちらっと書いたように、通信機能も今後どうあるべきか、各メーカーにはもっとユーザの立場に立って考えて欲しいなと思います。ナビ本体に通信モジュールを内蔵させるだけでなく、コグニティブ機能を積極的に取り入れるとかね。

carrozzeria エアーナビ:パイオニア
http://pioneer.jp/carrozzeria/airnavi/


博

2010年10月 1日 (金)

紅葉露天のある宿

10月になるとさすがに秋を感じるようになってきました。

そんなところに、じゃらんから「紅葉露天のある宿」というタイトルのメルマガが到着しました。季節ごとに届く内容はわかっているのですが、その中でも一番好きなのがこの「紅葉露天のある宿」なんですね。

でも、実際に紅葉露天の宿に泊まったことはなく、毎年のように泊まるのだったらどこの宿がいいかなと考えるだけで、そのあとはひたすら妄想です(笑)

紅葉を見ながらゆっくりと温泉に入り、美味しい料理を食べてまったりとした時間を過ごせるのって、本当にいいなって思います。のんびりとした贅沢とでも言うのでしょうか。

さて、いつになったら実現するのでしょうね?

紅葉露天のある宿:じゃらん
http://www.jalan.net/onsen/season/koyo.html


博

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »