お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

残念な結果に

エアコンのトラブル解決のために朝一番にディーラーに行ってきました。

結論から書くと、修理見積もり13万円といったところです。

車に詳しい人であればこの金額で想像できると思いますけど、そう、コンプレッサの交換といった作業が発生するというわけです。

実はですね、ディーラーに持ち込む前に自分で可能な限りのチェックはしておきました。

その判断はどれも間違っておらず、残念ながらコンプレッサの交換コースだなというのはわかっていたのです。

プライベートでデジタルマルチメータも持っていますし、車の整備は一通り自分でできるだけの技術はありますので、どんな状態なのかを判断することもそう難しいことではないのです。

いやいや、実際に細かいチェックをしなくとも、エアコンをオンにしたときのエンジンの回転ムラからなにがおかしいのか想像はついていたんです。

それを確かめるためにいくつかチェックしたうえでディーラーに持ち込んだわけですけど、診断結果はやはり同じものでした。ディーラーではコンピュータをつないでチェックしてもらっていますから、センサーやスイッチ類に問題がないことも確認済みです。

トラブルを具体的に書くと、コンプレッサのマグネットクラッチの不良です。コンプレッサを丸ごと交換しなくてもクラッチ部分をそっくり交換すれば修理完了となりますし、作業のためにガスが抜けてしまうこともありません。

じゃ、実際にそうできるかというとかなり難しいのですね。

ひとつはコンプレッサが取り付けてある位置の問題で、コンプレッサ上部にあるオルタネータを外すことになるのは当然としても、クラッチ部分の交換がとてもやりにくい状態にあるのです。

それとこちらの方が重要なのですけど、クラッチというのは普段はわずかな隙間しかないような状態に保たれており、エアコンのスイッチがオンになったら電磁石の力でしっかりくっついてエンジンの動力を伝えるのです。

実際にはエンジン部分を見てみるとわかるのですけど、エンジンをかけたときにベルトが高速回転しているのがわかると思います。その回転している中のひとつにコンプレッサがあって、エンジンがひたすら回っているのをコンプレッサに伝えるか伝えないかクラッチのオンオフで制御しているわけですね。

いつも高速回転しているクラッチの一部分は、年数が経てば壊れてもおかしくない部分だと言えます。ひどい壊れ方をすると、クラッチがロックした状態になってエンジンが回らないようにさえなります。

今回はまだロックした状態にはなっていないし、ロックする可能性は限りなく低いのでこのまま車に乗り続けることは可能だと思われますけど、もし少しでも異音を感じることがあったら、間違いなく走れなくなる状態に近づいたと言えるでしょう。

エアコンのガスがどこからか漏れた状態のまま乗りづづけると、今回のクラッチとは違う部分がロックしてやはりコンプレッサ交換ということになります。以前、知人の車がそうなり10万円オーバーの修理代金を支払っていましたね。

とにかく今回はコンプレッサ交換の13万円という見積もりなので、修理するのかどうか検討しますということで帰ってきました。修理するとしても技術的に信頼のおける電装屋さんに持ち込んでもう少し安くしてもらうことを考えます。

だって、ディーラーでのチェック後に自分でボンネットを開けたら、ありえないなということがあったのでディーラーにお願いすることはやめたのです。もともと飛び込みで入ったディーラーですしね。

それから、もうすぐ10年になる車ですし、距離もかなり走っているので新車への買い替えを検討したほうがいいのかなとも思ったわけなんですね。

たまたま近くにBMWとAudiのディーラーがあったのでひやかし半分で車を見てきました。

さてさて、これから先、どうなっちゃうのでしょうね?

どんなに暑くても、窓閉め切って走っちゃうぜ。

ワイルドだろう(笑)


博

2012年5月30日 (水)

あきれる政府と東電

もう、日本は本当にダメだなと思っています。

海外に移住しようかと考えるくらいです。

とはいっても日本という国に生まれ育った私はやっぱり日本という国が大好きだから、死んでも日本にいたいものです。

じゃ、日本のなにがダメなのか?

正直なところ、あきれてしまって言葉にもしたくないくらいです。

消費税増税や東電の値上げ問題にしても、なんら正しい情報を出さず、ただ増税に値上げと一方的に言っているに過ぎないところが最低。

消費税増税により消費が冷え込んで減収になってしまえばなんのための増税かもわからないですし、本来は破綻している会社が自分たちのミスを国民に押し付けようなんて異常です。

おとなしい日本人がなめられているとしか思えません。

もしこれが海外の出来事だったら、大規模なデモや暴動が起きていてもおかしくないでしょうね。

安易に「命をかけて」や「政治生命をかけて」という政治家なんか誰も信じられるわけありません。だって辞職や解散したらそんな言葉はなんら意味を持たないわけですし、もともと命をかけているとは思えないことしかやっていませんから。

潔く、切腹でもしてみませんか?

マジなんですけど(笑)

責任を果たさない責任者なんて打ち首ですぜ。


博

2012年5月29日 (火)

エアコンのトラブル

私にとって唯一のエアコンが車のだったりします(苦笑)

アパートにはエアコンを取り付けていないので、どんなに暑くなっても窓を開けたり扇風機くらいしか涼しくする方法がありません。無理やり冷蔵庫を活用するという方法がないわけでも……。

はい、唯一のエアコンである車のエアコンがうんともすんとも言わなくなってしまったのです(涙)

エアコン苦手な私はひとりで車に乗るときはほとんどエアコンを使うことがありません。使うとしたら雨の日で中が曇ってしまうような状態のときくらいでしょうか。それも短時間で切ってしまいますけどね。

そんな私がなぜエアコンのトラブルに気がついたかというと、仕事先の人を乗せることになったからなんですね(滝汗)

乗せて走り出すまではなんら問題ありませんでした。

さすがに暑いからエアコンを入れてあげないとなと気が利いたつもりでエアコンのスイッチをオン。まもなく冷気が出て快適になるはずなのに、温風としか思えない風がひたすら出続けています。

そんな状況がよいわけもなく、ひたすら窓全開で走り続けることに……。

私にとっては普段となんらかわらないわけですけど、同乗された仕事先の皆さんにはありえない温風地獄。

約30分の道のりをひたすら耐える皆さんと、まったく平気な私という組み合わせの気まずいこと。

いや、往路はまだよかったのですよ。

エアコンのトラブルだってひとつの話題になるわけで、それをキッカケにいろんな話しに発展してなんとか皆さんがおもしろいと思える時間になっていたのですね。

でも復路は、さすがに乗る前からどよーんとした雰囲気。

そりゃそうですよね。

炎天下に何時間も放置されたエアコンの効かない車に誰が乗りたいでしょうか?

それでも皆さん覚悟して乗られたわけで、復路の約30分はほとんど沈黙。私に気を遣ってか「窓を開けて走るのも涼しくていいね」と言ってくださった優しさに、私の背中はびっしょりになってしまったのでした。

さあ、明日はディーラーに持って行こうとディーラー検索してみると、なんと水曜日が休みではないですか。

ガーン!!

とりあえず明日は私の車を使うことはやめて、明後日の朝一でディーラーに行くことにしよう。

悲し過ぎる(涙)

推測として、プレッシャースイッチの故障かな。ガスのチェックはまだしていないけど。


博

2012年5月28日 (月)

失敗と優しさ

「自分がされて嫌なことはするな」というのが私のひとつの徹底した考えです。

だから基本的に相手の立場になって物事を考えて、思いやりの気持ちを持って接することを大切にしています。

そんな考えなのでもし誰かが仕事で失敗しても怒るということがありません。

人間誰もが失敗します。

失敗の原因はいろいろとあるでしょうし、失敗した本人だけの問題ではないと考えるので、怒ってもなんら解決しないと思うわけです。

それなのに、すぐに怒る人もいるわけですよ。

なんだか凄く違和感を感じてしまい、この人はどうしてそんなに簡単に怒るのだろうかと疑問に思ってしまうわけです。

仕事先の皆さんも私が怒らないことをよくご存知で、「ひろさんは怒ることがないですよね」なんて言われることもよくあります。

私にとってはそれはあたりまえのことで、怒ってもなんら問題は解決しないし、問題を解決するためにはどこに問題点があり、どこをどう改善すればよいのかを優しく丁寧に、かつわかりやすく論理的に教えることがお互いのためでもあると考えるのです。

失敗というのは気づきのための大切なポイントでもあるわけです。

普段、いろんな工夫や改善をしている職場環境の中であっても、どうしても人間の失敗は起きてしまいます。

その失敗がなぜ起きてしまったのかを冷静に考えると、なるほど、工夫が足りなかったのだなとすぐにわかるのですね。

はい、わかればすぐに改善です。

失敗に対して怒ることをせず、優しく接しつつ原因をきっちりと探り、問題点はすぐに改善。

だから失敗した人も次から失敗しないようにどうすればよいのかもきちんと理解していただけるので、失敗したことで萎縮したり恐がったりせず、きちんと仕事をしていただけるのです。

もし失敗に対して安易に怒ってしまったら、ほぼ間違いなく萎縮したり恐がったりしてまた失敗を繰り返してしまいます。下手すると立て続けに失敗してしまうのですよ。そしていつまでも引きずってしまう。

実は今日も、仕事先で「ひろさんは失敗しても『いいですよ』って優しく言いますよね」と言われてしまいました。

たしかに誰が失敗しても怒ることなくそう言っていますね。

もちろんその後にきっちり次から失敗しないためのポイントを説明しておくし、改善すべきことはすぐに改善するので、「いいですよ」と優しく言うだけで放置しているわけではありません。

もし私が失敗して怒られたら、失敗したことで落ち込んでしまうだけでなく、やはり嫌な気持ちにしかならない。

そんな私がされて嫌なことはやはりしたくないわけです。

もし、私から怒られたと感じた人がいたとしたら、それはどうしようもなく横着な態度を繰り返すとか、平気で同じ失敗を繰り返すといったことが原因だと思ってください。その繰り返しにしてもかなりの回数は許容しているし、繰り返したからといって安易には怒らないので、どれだけひどいレベルなのかわかることでしょう。

プライベートでも怒ることはありませんね。

もし怒っていると感じたとしたら、それは相手のためを思ってどうあるべきかをしっかり考え、必死にわかってもらおうとしているときでしょう。

ダメなものはダメ。

どうあるべきかをしっかり考えハッキリ伝えようとするので、怒っているように感じてしまうかもしれませんね。

こうやって書いてみると私もまだまだだなとわかるわけで、私自身の改善ポイントは盛り沢山なのですね。


博

2012年5月26日 (土)

女性の気持ちはわからない

仕事先のある女性から突然のように「ひろさんの好みの女性って○○みたいな人でしたよね」とニッコリしながら言われてしまった。

たしかにその通りなので「そんな感じですかね」と返事したところ、さらにニッコリしながら「ひろさんの好みのタイプの人がボーイフレンドを欲しいって言っているんですよ」と。

突然の話しにわけもわからずこの人はなにを言いたいのだろうかと思っていたら、どうやら一方的にボーイフレンド募集中の女性と私をくっつけたいらしいのだなと想像できるような雰囲気に。

どんなに私が独りで寂しそうにしていたとしても、なにも知らない女性と一方的にくっつけられても困るわけで、あえて「どういうことですか?」と質問してみると、どうやらすでにボーイフレンド募集中の女性に私のことを話しているらしく、私さえよければおつきあいしませんかということでした。

あえてなにも返事せずに話しを終わらせた翌日、さっそくボーイフレンド募集中の女性からのアプローチということで「お食事でも行きませんか?」といったことが伝えられてきた。

こちらとしてはそんなつもりは全くないので、「えっ?」という返事にもならない言葉を発するだけに終わったら、「ひろさんは彼女欲しくないんですか?」とどうしてもボーイフレンド募集中の女性とくっつける方向で進めたいような話しに。

そりゃ、独りで食事するのはつまらないですし、一緒にいてくれるお相手がいたらいいなと思うことはありますよ。でもね、もうずっと独りでいいかなと思うのも現実なわけで、ある意味、こりごりかなと考えることもあるのです。

なにも返事をせずにそんなことを漠然と考えていたら、「その人、結婚しているんですけど食事くらいダメですか?」とむちゃくちゃな展開に。

私に地雷を踏めってことなのでしょうか?

あまりにもひどい話しになにも返事をする気にもなれず仕事を続けていると、ボーイフレンド募集中の女性がどんな人なのか延々と説明。

勝手に私のことをボーイフレンド募集中の女性に伝え、その女性が私のことを気に入ったからといって既婚者だとわかっていながらおつきあいしませんかと強引にアプローチしてくる図太さに、正直なところげんなりしてしまいました。

相手の女性が独身なら実際にお会いしてもなんら問題はありませんけど、最初から既婚者だとわかっているのに会う理由はありません。いや、会ってはいけないでしょう。

ぶっちゃけ、女性にモテないわけじゃありません。

私と食事に行きたいという話しはこれまで数えきれないほど聞いてきましたし、誘われたこともどれだけあったのか覚えていないくらいたくさんありました。

どれもお断りしてきました。

私から好きになって自ら地雷を踏むのならまだ覚悟もできますし、実際にそれ以上の覚悟をして向き合ったこともあります。今となっては良き想い出ではありますけどね。

ただ、踏みたくもない地雷地帯に覚悟もなしに放り出されるのだけは遠慮願いたい。

仕事先の女性、そしてボーイフレンド募集中という女性、お二人ともなにを考えていらっしゃるのでしょうか?


博

2012年5月25日 (金)

セキュリティの失敗

たった今、ひと月ほど前に届いていた携帯のメールに気がついた。

えっ、どうしてひと月も気がつかなかったの?

そんな声が聞こえてきそうですけど、理由はフォルダ分類とセキュリティ設定をしていたからなのですね。

そう、セキュリティ解除をしないと見えない状態のフォルダに自動分類されてしまっているのでした。

前回のセキュリティ解除がちょうど一年前の今日だったので、昨年の内容を確認しようとセキュリティ解除をしたらなんと未読のメールが……。

開封したメールには写真が添付されていた。

想像できる内容だったので驚くことはなかったのだけど、ひと月も返事をしないまま放置していたことがとにかく申し訳ない。

明日には返事をしておこう。

その前に、セキュリティを全て解除しておくことにしよう。

どんなメールにも気がつくように。


博

2012年5月24日 (木)

早くも夏バテ?

昨夜、仕事が終わってホテルに帰り着いたと思ったら、そのままベッドに倒れ込んでいました。

帰り着いた時間が23時を過ぎていたことや、疲れがひどかったこともありさすがに晩御飯も食べないまま死んだように眠っていたようで、ふと気がついたら2時くらいでした。そのときブログを書いていないことだけが頭にあって、なんとか書かなきゃと思いつつ起きる力もなくまた眠り込んでしまったようです。気がついたら5時で、それからさっそく雑用です。

23時くらいに帰り着くのは当たり前といった状況なので、時間そのものはどうってことないのです。ただ、朝早くから夜遅くまでの仕事が毎日のように続くと、さすがに体力的だけでなく精神的にも疲労が激しいですね。

こんなときはゆっくり休めるといいのですけど、残念ながらもっと忙しくなるばかりのようなのでどうやって乗り越えようかと思っているところです。「猫の手も借りたい」というのはこんな状況から出てきた言葉なのでしょうね。

ゆっくり温泉に入って、美味しいもの食べて、ふたりでまったりしたい。

そんな日があったことも遠い彼方(笑)


博

2012年5月22日 (火)

ゴリラ「CN-SP507VL」発表

新しいゴリラの発表を心待ちにしていらっしゃる人も多いのではないでしょうか。という私も心待ちにしているのですけどね(笑)

そろそろ新製品の発表時期だよなと思い最新情報をチェックする日々も、やっと終わるのかなと期待してチェックしたら「CN-SP507VL」だけ(と思っていたら「CN-SL320L」と「CN-GL320D」もでした)の発表で、6月上旬(6月14日)の発売予定となっています。

「CN-SP505VL」と「CN-SP507VL」の違いはワイドVGA液晶に変更になったという点だけと言っても過言ではなく、他に違うことといったら地図データが最新になったというくらいでしょうか。

「CN-GP510VD」や「CN-SP510VL」も在庫のみという状態になっていますので、そう遠くない時期に後継機種が発表になるだろうと推測できますけど、どのような機能になるのかはさすがにわからないですね。

希望としてはパナソニックから発売されているDSRC対応ETC車載器と接続できるようになっていると嬉しいなと思うのですけど、現状でどれだけ役に立つのかというとまだまだかなといったところでしょうか。

今のところ取り付けているETC車載器はDSRC対応機種ではないので、ゴリラが対応したとしても一緒にETC車載器を買い替えることになるので、取り付けの手間まで考えるとちょっと悩むところではあります。だって、自分でグローブボックスの中に埋め込みしましたから。

いろいろと考えることはありますけど、とにかく1機種でも発表になったことを喜びましょう。

Gorilla ポータブルカーナビゲーション | Panasonic
http://panasonic.jp/car/navi/Gorilla/index.html

SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」シリーズ3機種を発売
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn120522-1/jn120522-1.html


博

2012年5月21日 (月)

金環日食とスカイツリー

最近、やたらタイトルの二つが日本中を賑わせていますよね。

金環日食は自然現象のひとつでただ見え方が珍しいだけ。なんだか安易に次は300年後なんてニュースで流れていましたけど、それは嘘だなってちょっと調べればわかること。

スカイツリーは放送塔ということになっているけど、東京タワーでなんら問題なかったのにスカイツリーを作ってしまうというムダや景観の破壊をきちんと理解している人はどれだけいるのでしょうか。

なんだか日本人の悪いところが出てしまったなと思うのですね。

きっとね、マスコミも悪いと思うのですね。

ネタがないから安易な番組を作るし、ニュースなのにキャスターの個人的意見を平気で流してしまうとか、変なことはとても多いのです。

そんなマスコミに日本人はすぐ誘導されてしまうのですね。

ついでに言えば、「大阪維新の会」や「東京維新の会」というのも変な話しです。あんなむちゃくちゃな人たちに振り回されちゃいけません。あれは素人を平気で騙している怪しい新興宗教と似たようなものですよ。

もっと、個々がしっかりした考えを持たないと日本はダメになってしまいます。


博

2012年5月19日 (土)

「パンニハムヲハサムニダ」

タイトルの「パンニハムヲハサムニダ」はよく知られている韓国語もどき。

日本語の「ありがとう」を韓国語では「カムサハムニダ」ということから「パンニハムヲハサムニダ」といったジョークが生まれたのかなと思っているのですけど、いつ誰が言い出したのでしょうかね?

最近、韓国語をよく耳にするようになっているので、少しだけでも韓国語を勉強しようかなと思っていたりします。

ただね、「カムサハムニダ」と言うときにどうしても先に「パンニハムヲハサムニダ」が出てきてしまうので、喉元まで出かかった「パンニハムヲハサムニダ」を飲み込んで「カムサハムニダ」をなんとか引っ張り出してこないといけないんですよ(苦笑)

「アンニョンハセヨ」であればなんらひっかかりなく出てくるのですけど、「カムサハムニダ」はどうやってもすっと出てこない(汗)

そういえばフランス映画を見ているときもなぜか「タコノアシハッポン」や「イカノアシジュッポン」、さらには「ナガジュバーン」「ハダジュバーン」「アザブジューバン」なども浮かんできてストーリーそっちのけで思い出し笑いしてしまう。

こんな余計なことばかり覚えて肝心な本当の言葉を覚えきれないのは、中学時代に英語塾の先生から教わった「オッチャンネーム」がなんとなく通じる英語として印象深く残っているからなのかもしれないな。

つい、それらしく聞こえるどうでもよい言葉ばかり記憶に残ってしまい、本当に必要な言葉を記憶するエリアが狭められているのだろうな。

「ミカンハサムニダ」

いやいや、

「ミアンハムニダ」


博

2012年5月18日 (金)

料理できるんです

生活感がまったくないとよく言われてしまうのですけど、一人暮らしということもあってなんでもするんですよ。

洗濯、掃除はもちろん、料理だってちゃんと作れるんですよ。はい、魚だってきちんとさばけます。煮付けも好きだからいろんなバリエーションで作ることもありますね。

ただね、一人暮らしだと作って食べてもあまり美味しく感じないんです。

料理そのものが美味しくないわけではなく、会話がないことで美味しさが損なわれているとでもいうのでしょうか。

どんなに美味しくできた料理でも、一人で黙って食べるのって美味しさをあまり感じない。いや、美味しくできたときほど余計に寂しさや虚しさを感じてしまうのですよ。

自分で作った料理ならまだしも、職場の女性に手料理をいただいたときはダメージが大きい。美味しければ美味しいほど、そのダメージは何倍にも大きくなってしまいます。

このまま一人でいるのってダメなのかなぁ……。


博

2012年5月17日 (木)

困ったちゃん

勘違いしたまま突っ走る人って、自分では正しいと思っているのでいろんな意味で困ったちゃんです。

今一番の困ったちゃんと言えば日本の首相でしょうか。元首相も困ったちゃんですけど(笑)

消費税増税をどうしても突き進めたいらしいのですけど、増税と増収の違いもわかっていないようですからまったくもって困ったちゃんです。

せめて突っ走るのだけでもやめてもらえればまだ救いようがありそうですけど、勘違いした人にはどんなことを言ってもムダなのかなと思うばかりです。

勘違いさんと一緒に仕事するとどれだけ疲れることか、つくづく感じる今日この頃です(涙)


博

2012年5月16日 (水)

これが復活したモノ

故障して使えなくなった「DWR-PG」をどうやって完全復活させたかというと、それは Amazon で「DWR-PG」を新しく買ったからなんですね(笑)

はい、下の写真のように新旧二つの「DWR-PG」がありまして、左側が故障して再起動を繰り返しているところで、右側が新しく買ったモノで正常に起動しアクセスできる状態になっているところです。

【新旧のDWR-PG】
新旧のDWR-PG
(画像クリックで拡大)

故障した「DWR-PG」を前にどうするのか悩みました。しばらく放置したら復活するかもといったことも考え実際にやってみましたけどダメ。「BF-01D」の購入も視野に入れドコモショップに行ってみたものの予約中で入荷はまったくの未定。それ以前に大きさと重さに予約する気持ちさえあっさり失ったほどでした。

そこで、いっそスマートフォンに機種変更してということで解決を図ろうとしたのですけど、これが見事なくらい私の要求に応えるモノがないだけでなく、まもなく夏モデルの発売時期(本日16日に発表されましたね)ということもあり、スマートフォンへの機種変更は見送ることになりました。

八方塞がりといった状況だなと感じながら、ふと思いついたのが新しく「DWR-PG」を買うことでした。もちろん修理ということも考えていますけど、修理を依頼して帰ってくるまでの時間と修理代金を考えるとこれは後回しだということになったのですね。

はい、そこでなんとかネットに繋がるところで Amazon に接続してみました。さっと「DWR-PG」を検索したのは当然で、価格も19,800円(税込み)というものだったので躊躇せず注文したのですけど、それはポイントが6000円分以上はありましたので実質13,000円を切ることが明確だったためです。

あえて「DWR-PG」にしたのには価格以外にも理由がありまして、設定を読み込ませるだけですぐに使えるようになることがわかっていたからですね。もし新しく別のモノを買うとしたら、どうしてもなんらかの設定を一からやり直す必要がありますが、「DWR-PG」でしたら以前に保存しておいた設定を読み込ませるだけなので、使えるようになるまで開封から5分もあれば完了するというメリットが大きかったからです。もちろん MacBook Pro や MacBook Air だけでなく iPad にiPod touch の設定もなんら必要なくそのまま繋がるのです。

こんな経緯で復活したわけですけど、故障した「DWR-PG」はとりあえず修理を依頼してみようかなと考えています。さすがに新しく買うより高い金額になるようでしたら修理は見送りになりますけど、新しく買うのとあまりかわらない金額でしたら修理してもいいのかなと思っています。今回のような突然の故障にも対応できますしね。

ネットで検索してみたら同じような故障をしたという人も多いようですね。購入してあまり日にちが経っていないのに故障したということもあるようなので、やはりバックアップ用に持っておいたらいいのかなといったところです。持っていることがムダになるほうがいいのですけどね。


博

2012年5月15日 (火)

無事に復活しました

DWR-PG」が故障し不便だった日々も終わりました。

やはりどんなところにいてもネットに繋がるのはいいですね。

詳細は明日にでも書くとして、今夜はゆっくり休みます。

というのも、今度は持ち主の疲れが溜まってバテバテだったりするのです。


博

2012年5月14日 (月)

明日には完全復活か?

DWR-PG」が故障してとても不便な毎日をすごしています(涙)

故障した「DWR-PG」はクレードルにのっけて電源を入れたままにしているので、きっと今頃も再起動を繰り返しているだろうと思われます(苦笑)

いや、もしかしたらきちんと起動しているかもしれない。

そんな期待をしたいところですけど、さすがに期待するだけではどうあがいても復活するわけがないので、さっさと手は打っているので明日にはその結果が出るだろうと思われます。

どんなことになったのかは完全復活してからのお楽しみということにしておきますけど、とりあえずハッキリしているのは「BF-01D」の購入はありえないということで却下しました。あの大きさに重さは私がメーカーの人間だったら製品として出しません。それくらいありえないということです。

もちろん、頑張って開発されなんとか発売にこぎつけられたメーカーの皆さんは素晴らしいと思います。ただ、「DWR-PG」を愛用してきた身としては「BF-01D」はどうやっても受け入れられないのです。どんなに性能が良くてもあの大きさと重さはダメです。

さあ、明日を楽しみに今夜はぐっすり眠れるかな?

それともうなされたりして(油汗)


博

2012年5月13日 (日)

復活への道(笑)

「DWR-PG」が故障したのは前回の記事に書いたとおりです。そして、まったく復活する雰囲気さえもなくただ再起動を繰り返すことになってしまいました。残念。

そこで、とりあえずドコモショップや家電量販店に行ってみたところ、なんだかんだと費用がかかるようなのでいっそスマートフォンに機種変更しようかと思ったのだけど、どうやらいろいろと見ていると私の使い勝手に適合した機種がなく、スマートフォンという選択肢も断念することになりました。

このままではどうやっても不都合なので、次の策を考えて現在対応中です。これは数日すればハッキリわかることなのですけど、今のところこの選択肢が一番なのかなということで決まりました。

はい、もうしばらくぐだぐだなアクセス状況になると思いますがご了承ください。

現在、割りピンの無料配布希望のコメントも届いていないので助かっています(苦笑)

でも、ちゃんと受け付けていますよ。携帯ですぐ確認はできるので発送はいつでも可能ですから。

ではでは、またね(笑)


博

2012年5月11日 (金)

がっかり(涙)

昨夜、いつものようにブログを書こうと「DWR-PG」の電源を入れたまではよかったけど、何分経っても繋がらないのでおかしいなと状態表示を確認したら悲しいことに再起動をずっと繰り返していました。ガーン!!

それじゃ確かに繋がるわけもなく、リセットやケーブルでの接続など試してみたけどどれもアウト。まったく起動できない状態なのでなんら対応もできないということでブログを書くのもあきらめ眠りについたのでした。

一晩眠ったから嘘のように起動するだろうという期待を込めて起きがけに電源を入れてみたらなんとそれらしく起動してくれます。私がちゃんと起きたのだから「DWR-PG」も起きたのね。ってわけないか(苦笑)

でも、そんなに世の中が甘いわけもなく、ケーブルで繋いで設定を読み込ませようとしたら途中で無反応になってしまい、なんだかんだいって再起動の繰り返しという状態に逆戻り。どんより(涙)

ときどき思い出したように電源を入れてみてもさりげなく動いているように見えることもあれば、やはり再起動の繰り返しになってしまい結局は一日中ずっと使えないまま。

ということで丸一日が経過した今も再起動を繰り返しているわけで、どうやら完全に壊れてしまったのだろうと思われます。FOMAカードには問題ないことを確認しました。

「BF-01D」を買いなさいということでしょうか?

いやいや、正直なところ「BF-01D」は大きくなってしまったのであまり欲しくないのです。「DWR-PG」はバッグのポケットにもちょうど入る大きさで持ち運びもしやすく、これまで毎日のように使ってきたのですよ。

それに、私の利用状況からいけば「DWR-PG」の速度でも十分。もちろんもっと速ければいいなと思うことはありますけど、そう思うことがどれだけあるでしょうか?

とりあえず今日はなんとかネットに繋いでいますけど、明日からもどうなるのかわからない状態なのです。バックアップに「L-05A」でも持ってきていればよかったのですけど、残念ながら出先には持ってきていなかったのです。

次回からはバックアップ用に「L-05A」を一緒に持ち歩くとしても、とりあえずなんとかしなきゃいけないので明日にでもドコモショップに寄って「BF-01D」でも見てきましょうかね。在庫があれば買ってしまうかもしれないけど(笑)

これまで「DWR-PG」をあって当然のモノとして使ってきましたけど、故障するととんでもなく不便だということを実感しました。

明日の朝には復活しているといいな……。

ということで、しばらくまともにアクセスできない日々が続くかもしれませんのであしからず。


博

2012年5月 9日 (水)

これ欲しいかも(笑)

実際に買うのかと問われたら「ノー」ということになるのだけど、プレゼントされたら嬉しいかもしれない。

なにがいいって、それはもうおしゃべりしちゃうところでしょう。

標準語っていったいなにが標準という疑問はあるし、関西弁といっても地域によって細かく違うのでそれこそツッコミどころ満載になりそうなんだけど、掃除機にコミュニケーション機能を搭載してしまったばかばかしさが笑えていいですね。

誰がこんなの考えついたのでしょう?

ロボット掃除機としての機能は良さそうだし、リモート操作や監視ができるのもいいですし、やはりおしゃべりしちゃうところがいいです。

できればすねたり気ままに掃除しちゃうくらいなほうがもっとばかばかしくて嬉しいのだけど、さすがにそれはないみたいです。残念。


シャープ、関西弁ほか4言語を話せるロボット掃除機「COCOROBO」 | 家電 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/08/025/index.html

【レポート】賢く力強く仕事をこなすロボット掃除機「COCOROBO」 - シャープが発表会を開催 | 家電 | マイナビニュース
http://news.mynavi.jp/articles/2012/05/09/sharp/index.html

ロボット家電「COCOROBO」を発売 | ニュースリリース:シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/120508-a.html

ロボット家電「COCOROBO」を発売:シャープ
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/cocorobo/index.html

ロボット家電COCOROBO:シャープ
http://www.sharp.co.jp/cocorobo/


博

2012年5月 8日 (火)

足がだるい

ゴールデンウィークもずっと仕事をしていまして、なにかと忙しい日々でした。いや、まだまだ継続中なのですけど(汗)

疲れが溜まってさすがにしんどくなっているのですけど、なんとかもう少し頑張っていくしかありません。ここからの集中力をどう発揮するかだな。

最近、足の疲れがひどくなってきているので寝るときは足を少し高くするようにしています。これでなんとか疲れは軽減されるのですけど、根本的な解決にはなっておらずなんとかスッキリしたいところです。

こんなときは足湯にでも入ったらいいのかもしれませんね。

やっぱりゆっくり温泉に行かないとダメかなぁ?

一緒に行ってくれるお相手がいればどんなにでも都合をつけて行くのですけど、現実は悲しいかなひとりぼっち(涙)

うーん、夢の中だけでも誰か一緒に行ってくださいな(笑)


博

2012年5月 7日 (月)

竜巻被害

1996年公開の『ツイスター(Twister)』という映画のDVDを持っている。ヤン・デ・ボンの初監督作品『スピード(Speed)』に続く第2作で一緒にDVDを買ったのは5年ほど前のことだろうか。『スピード(Speed)』は主演のキアヌ・リーブスやサンドラ・ブロックが一躍有名となったノンストップ・アクションの傑作で、今見てもドキドキする大好きな映画だ。

一緒に買った『ツイスター(Twister)』は私の中ではおまけだったのだけど、実際に映画の中のようなことが起きていることを知ったときはなんとも言えない気持ちになったものだった。この映画も何度も繰り返し見ている。

そして昨日、茨城、栃木、群馬、千葉の4県に被害をもたらした竜巻はまさに映画『ツイスター(Twister)』そのものであり、現実としてなかなか受け止められないものがある。もちろん現実の被害はとんでもないものだけど、映画の中のシーンであってほしいと思うのだ。

ごく小さな竜巻なら私も遭遇したことはある。今回の竜巻の被害を考えると竜巻と呼ぶには遠いものだけど、小さな竜巻であってもあの空気の渦にはただ呆然とするしかなかったことを覚えているくらいだ。

大きな看板が目の前に飛んできたときの恐ろしさを思い出してしまったのだけど、今回の竜巻被害はそんな恐ろしさを大きく越えており、たぶん現実に被害に遭遇した場所を見たとしても映画のワンシーンを見ているような感覚になりそうだ。

気象庁の竜巻注意情報はこちらになります。
http://www.jma.go.jp/jp/tatsumaki/


博

2012年5月 5日 (土)

中華ちまきが食べたい

今日は端午の節句ということで出先のお客さまに日本らしいちまきをいただきました。

日本らしいちまきを食べた記憶がないくらいですので、もし食べたとしても幼少期のことだろうなと思います。

ただ、ちまきはあまり好きではなかった(汗)

どこで食べたのか忘れてしまったのだけど、中華ちまきを食べたことでそれまで持っていたちまきのイメージがかわり、なかなか美味しい食べ物だと思うようになったものです。

ということで、久しぶりに美味しい中華ちまきを食べたくなっているのでした。

もちろんいろんな具材が入った中華ちまきが希望ね(笑)


博

2012年5月 4日 (金)

文書を校正する

どういうわけか幼少の頃から下手ながら文章を書くのは好きだった。たぶん読むのが好きだったので、自分でもなにか書いてみたいと思い書くようになったのだろうけど、学校の授業以外で書き方を教わったことはない。

だから今でも書くのは上手ではないと思うし、このブログの記事にしても読み返すとおかしな言い回しになっていることに気がつき慌てて修正することもある。あえて大きく書き直すこともあるのだけど、きっと誰もそんなことをやっているなんて気がつかないだろう。

自分のブログであれば多少の間違いがあってもなんら差し支えない。間違いに気がついてもあえて放置するという選択肢もあるし、一度書いたら読み返さないということだってありだと思う。

ただしこれがビジネス文書になるとそうはいかない。

先日、関連部署で研修を実施したのだけど、受講者の報告書を見てガッカリというか情けなくなってしまった。もちろんきちんとした報告書もあるのだけどまったく報告書になっていないモノもあり、たくさん校正をしなければいけなくなってしまった。

私の場合、たまたまちょっとした知りあいの印刷屋さんに出入りしたことがあり、こっそり校正について覚えたのが仕事にも役立つこととなっている。もちろんきちんとした知識ではなく初歩的なレベルでしかないのだけど、それでもいろんな場面で役に立っている。

校正の仕事は基本的に誤字脱字などのチェックが主な作業になるのだけど、報告書になると校正といったレベルではどうにもならず書き直しということにもなってしまう。もちろん書いた本人に書き直してもらうのだけど、書き直しをしてもらっても報告書になっていないものがまた提出されることもある。

大きく赤入れをして本人に返し、正しく直してまた提出してもらうためには校正記号や校正の知識も必要になる。私は基本的なことを知っているので助かるのだけど、校正記号を読めない人に赤入れした文書を突き返しても問題はなかなか解決しない。

残念ながら、報告書がまともに書けない人は校正しておいても理解してくれない。これこれこうなんだよと説明しても意味がわからず、いつまでもきちんとした報告書にならないままでいる。うーん、まったく困ったものだ。

まずはしっかり読むことから始め、好みのスタイルが見つかったら真似て書いてみる。その繰り返しからきっと自分なりのスタイルがわかってくるはずなので、このブログのようにぐだぐだでもかまわないから書いてほしいと思うのだった。

書き続けることは簡単なようで難しい。でも、書き続けることに慣れると書かないでいることが落ち着かなくなってくる。それくらい書き続け、校正が不要な報告書を提出してほしいものだ。

まぁ、期待はしていないのだけどね。

ちなみに校正記号を勉強するには下記サイトの「校正記号」にきっちり書いてあるので参考にするとよいだろう。

医学書専門 校正・校閲 校正舎-校正記号-
http://www.kouseisya.jp/mark.htm


博

2012年5月 3日 (木)

高速道路はやはり渋滞

急遽、高速道路を使って移動することになりました。とはいってもまた戻っているわけですけど。

朝から高速道路に乗ったらやはり渋滞。きっと多いのだろうとは予測していたのでこんなものだとあきらめ半分で走るしかありません。

でもね、追い越し車線を走行車線より遅い速度で走り続ける車の多いことにガッカリします。私なんか小心者だから、後続車のスピードが少しでも速いと感じたらさっさと譲ってしまうので、追い越し車線をいつまでも走っているというのがないのです。

そろそろ高速道路を降りる頃なのでと思い走行車線を80km/hくらいで走っていたら(100km/h区間)、追い越し車線の車たちよりどんどん先に行ってしまいました(汗)

はい、走行車線は思いっきり空いているのですね(苦笑)

いったい何事だとずっと前方を見たら、追い越し車線の先頭をゆるゆると走っている軽自動車を発見。上り坂にさしかかった地点でもあったので追い越ししようとしていたのにスピードが落ちてしまったのでしょうね。

日本人のマナーはとても良いと言われていますが、高速道路の走行についてはちっともよくないなと常々思っているのです。今日はさすがにこれはダメだなと感じた次第。

追い越すときは一気に加速してさくっと追い越しを終わらせ走行車線に戻りましょうね。それと、後続車のほうが速いと感じたらさっと譲りましょうね。いつまでも後続車に気がつかないで走っている車もあるようですよ。


博

2012年5月 2日 (水)

吹き替えの違和感

映画とくに洋画が好きなので、見に行くとなるとかなりの率で洋画になってしまいます。

そのときは可能なかぎり字幕版を選ぶようにしているのですけど、それはできるだけオリジナルのニュアンスのままで楽しみたいからなのと、吹替版の違和感があまり好きではないからです。

たとえばアメリカ映画の場合、基本的に英語(米語)になりますよね。それを日本語に翻訳するとかなり違った意味になったり、タイミングがズレていたりして気持ち悪く感じることも多いのです。

よくあるのがアメリカンジョークやブラックジョークなのですけど、これを日本語に翻訳した吹き替えで話されてもまったく笑えなかったり、ストーリーがうまくつながらないため少し時間が経って意味を考えることもあります。

字幕版でも無理やり日本語に翻訳されていてそれは違うだろうとツッコミたくなることも多いのですけど、字幕を無視して英語やフランス語、ドイツ語そのままで聞いているとタイミングがズレることはありませんし、その国らしいジョークなどもちゃんとわかってスッキリするのです。

実は、吹替版で一番気持ち悪いのが声なんですね。

サバサバした役を演じている女性の声が吹替版ではなぜか艶めかしい声になっていることもあって、どうやっても最後までなじめなかったりするんです。

吹き替えを担当されている声優さんや俳優さんの声はきれいで聞きやすくあるのですけど、役のイメージとかけ離れた声はやはりいただけません。

どうでもいいことですけど、アメリカンジョークで笑うタイミングが英語(米語)で聞いているか字幕を見ているかでかなりタイミングが違ってしまうので、笑っている人がどちらなのかすぐにわかってしまいますね。

ちなみに私は英語(米語)を聞いて笑うので多くの人とタイミングが違ってちと恥ずかしいなと思うことがあります。無理やり両方で笑ってごまかすときもありますけど(苦笑)


博

2012年5月 1日 (火)

『テルマエ・ロマエ』

邦画はあまり見ない私ですけど、頭を空っぽにして楽しめる作品なら見ようかなと思うのですね。

そんな作品が『テルマエ・ロマエ』ではないかと思っているのですけど、残念ながら見に行く予定がたたないでいます。

原作のことも知らなければ映画の内容も知らないのですけど、阿部寛さんがいかにもローマ人っぽくてそれだけで笑ってしまったのです。

ストーリーなんかどうでもいいです(笑)

おバカ全開で突き進んでくれさえすれば私にとっては満足ですので、余計なことをせずにただひたすらおバカ全開を見せて欲しいなと願っています。

単純でくだらないストーリーなんだろうなと想像できるので内容に期待するとガッカリもいいところだとわかるのですけど、なにも期待せずただ笑えるのであれば結果としては満足度も高いのではないでしょうか。

どうしようもないくだらなさが目に浮かんで、ついクスクス笑いが出てしまいます(笑)


博

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »