お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月28日 (火)

新型「ゴリラ」シリーズ6機種が発表されました

新しいゴリラの発売がいつになるのか待ちくたびれていらっしゃる皆さん、大変お待たせいたしました。といっても私が待たせたわけじゃないけど(苦笑)

今回の発表は9月14日発売の7型モデル6機種で、
カー用品ルート製品が CN-GP720VD , CN-GP715VD , CN-GL711D となり、
家電ルート製品は CN-SP720VL , CN-SP715VL , CN-SL711L となります。

【720/715共通の機能】
見た目の大きな特徴はフルフラットパネルを採用したことでしょうか。これは画面の埃や汚れが拭き取りやすくなるので早く採用して欲しかった点なので大歓迎します。

【720/715共通の機能】
内部的には新しい高速処理回路「ゴリラエンジン」搭載と通常使用時には表示するメニューアイコンを減らした「フルスクリーンマップ」の採用でしょうか。「ランチャーボタン」にタッチすると縮尺切替やメニュー等、各種操作アイコンが表示されるように変更されました。これで普段は地図情報が広く表示されるのでいいですね。

【720/715共通の機能】
停車中に地図画面の右上にワンセグやSDビデオの映像を表示する「映像同時表示」機能が搭載されました。これを便利な機能だと感じる人は多いと思いますけど、小さな範囲の表示なので状況がわかるといったところでしょうか。詳細はわかりませんけど表示サイズが変更できるのかもしれません。

【720/715共通の機能】
ルート検索では 「ecoルート探索機能」が搭載されています。5ルート同時探索時に渋滞などによるストップ&ゴー低減や有料道路の料金を考慮した「ecoルート」が推奨されるようです。これは地元の道であればあまり関係ないと思いますけど、遠出するときなどに役立ちそうですね。

【720の機能】
新型ではどうなるのか心配されていた「道路マップ無料更新」にも対応していて一安心ですね。無料更新期間は2016年1月31日までとなっているので3年間はしっかり安心して使えるのが嬉しいですね。

さっ、720 に買い替えよっと(笑)

ちなみに、オービスデータ利用可能機種も更新しました。


SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」シリーズ6機種を発売 | プレスリリース | ニュース | パナソニック企業情報 | Panasonic
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/08/jn120828-1/jn120828-1.html

Gorilla ポータブルカーナビゲーション | Panasonic
http://panasonic.jp/car/navi/Gorilla/index.html

SSDポータブルカーナビゲーション(CN-SP720VL/CN-SP715VL/CN-SL711L)モニター販売 | PanaSense(パナセンス) | CLUB Panasonic My MALL
http://ec-club.panasonic.jp/mall/sense/open/monitor/CN-SP720VL/


博

2012年8月23日 (木)

しばらくお休みします

都合により、このブログをしばらくお休みします。

復帰予定は9月3日もしくは4日になる予定ですけど、もしかするともう少し遅くなるかもしれません。

オービスデータの更新も8月中は無理なので、早くても9月中旬くらいになって手を付けることが可能になるくらいでしょうか。

お待ちいただいている皆さんには申し訳ありませんけど、首を長くして待っていてください。


博

2012年8月21日 (火)

免疫力低下中

体調があまりよくないのは本人が一番よくわかることでしょうね。

このままではダメだとわかっているから、近いうちにどうすべきか結論を出すことになると思います。

想像していた以上にダメージが大きくて精神的にもちょっとまいっていますけど、とりあえず目の前のことをなんとかこなさないといけないのですよ。

それにしても身体がついていかない。

なんとか4倍速くらいで動く身体が手に入らないものかなぁ(笑)


博

2012年8月20日 (月)

お願いだから発売してくれ

携帯の機種変更から1月が過ぎて思うことは、やはりドコモで iPhone を使いたいということ。それもおサイフケータイに対応した iPhone であること。

おサイフケータイへの対応は次期 iPhone で実現される可能性が高いようですけど、それがドコモからの発売につながるかというとまだまだ疑問です。

いい加減にドコモも腹を括ってくれたらいいのに、多くのユーザの声が聞こえていながら自分でコントロールすることばかり考えているわけですから遠い道のりかな?

いっそ、ドコモから iPhone を発売する気は一切ありません。

そう言ってくれた方がユーザとしても割り切れるのですけど、いつまでも煮え切らない態度のドコモには長年のユーザであっても我慢の限界だって訪れます。

まだ機種変更したばかりですけど、ドコモからおサイフケータイに対応した iPhone が発売されたら真っ先に機種変更しますよ。

それくらい期待しているのですから、なんとしてでも発売しましょうよ。


博

2012年8月17日 (金)

強制送還?

日本の政治家がいかに頼りないかよくわかりましたね。

外交もろくにできないなんて話しになりませんし、なんのためにいるのかまったくもって意味不明です。

今のままでは、それこそ日本が中国の植民地になっても不思議ではないような状況で、気がついたときにはとっくに手遅れということになってしまうのでしょう。

日本もしっかり主張しなきゃいけません。

殴られてだまって突っ立っているなんてとんでもなく頑丈なのか、それともよっぽどのお人よしなんでしょうね。

もしかして、どうしようもなく鈍感なため殴られたことにさえ気がついていないとか?

日本を守る気はあるのでしょうかね?


博

2012年8月16日 (木)

シンプルな良さ

携帯をスマートフォンに変更して思うことは、同じスマートフォンでも iPhone のシンプルさに大きく負けているなということ。

やはり基本的な思想の違いとでも言うのでしょうか、ユーザーインターフェースに大きな差がついていると感じるのです。

これは今まで Mac と Windows の両方を使っていても感じたことと似たようなもので、どうしてこんなに使い勝手が悪いものが作れるのか不思議でならないのです。

ドコモに限って言えば正式に iPhone は発売されていないわけですけど、海外のSIMフリー製品を入手してドコモ回線で使っていらっしゃる人も多いようです。

私もそうしたいなと思ったものですけど、冷静に考えるとおサイフケータイに対応していない iPhone だけに携帯をしてしまうことはできないので、仕方なく現状の選択になったものの使い勝手が劣る製品というのはあまり気持ちが良いものではありません。

いろいろと噂が出ている次期 iPhone ですけど、おサイフケータイを搭載してドコモから発売してくれませんかね。というか、発売しなさい!!(笑)


博

2012年8月15日 (水)

精霊流し

初盆を迎えた故人の霊を送る「精霊流し(しょうろうながし)」で有名なのは長崎県のそれも長崎市中心部のものだと思います。

故人の家族やゆかりのある人たちが精霊船を引き、爆竹を鳴らしながら街中をゆっくりと練り歩くのですけど、これがとにかく華やかで賑やかなため、しめやかなイメージとは大違いなのです。

私が生まれ育った地域は海の側であったためか、長崎県の精霊流しとほぼ同じような風習が今でもあります。どちらかというとしめやかなイメージであったため、長崎の精霊流しを初めて見たときはお祭り騒ぎに驚きました。もちろんお祭りではないのですけどね。

たぶん、全国あちこちに似たような風習はあるのでしょうけど、やはり生まれ育った地域の精霊流しが好きです。実際に精霊船を海に流すのですけど、少しずつ沖に進んでいく精霊船を眺めていると心が洗われるような気がします。

故人の家族やゆかりのある人たちだけが送るのではなく、地域のみんながいつまでも精霊船を眺め弔っているその姿は子どもながらに引き込まれるものがありました。海から家まですぐだったため、いつもほとんどの人が帰ってしまう時間まで眺めていたものです。


博

2012年8月14日 (火)

芸術家タイプ

ずっと以前の話なんだけど、占いやなにかいろんなので「芸術家タイプ」だと言われたことがある。

もともと占いなんて信じないので、「ふーん、そうなんだ」くらいにしか聞いてなかったのだけど、わざわざ言われなくても心の中では「芸術家タイプなのは自分でもわかっとるわい」とツッコミを入れていたのだった(笑)

芸術的に優れているということではなく、小学校の図工の時間は大好きだったし、小学生らしくないデザイン性のある作品を仕上げていた。それも授業時間だけでなく休みの日にも。

中学生になるとそれが進み、美術の先生をいろいろと驚かせていたし美術部への勧誘も受けた。実際に美術部に入部することはなかったのだけど、闇部員としてこっそり作品を作っていたのは同級生なら知っている。

高校生になるとデザインから設計の方に興味を持ち、授業とはあまり関係ないのにいろいろと設計しては楽しんでいた。それがある先生の耳に入り、なんと設計だけでなく授業までするということになった。

思い返してみると、どの時代の先生も自由にやらせてくれたんだなとわかる。

だからこそ芸術的なことをいろいろと勉強できたし、今でもいろんな場面で活かされている。たぶん、私が意識しないでもなんらかの形で役立っているのだろうな。

でも本当の意味で活かされているのかというと、そうではないこともわかる。

だからこそ、ここで方向性を変えてしまおうかとも思うわけで、その時期というかタイミングなのかなと考えてしまう。

少しゆっくり取り組むことが必要なのかもしれないね。


博

2012年8月13日 (月)

心の豊かな生活

ふと、なんのために生きているのだろうかと思う。

漫画家の水木しげるさんは奥さまのことを「家内は『生まれてきたから生きている』というような人間です」と言われている。

最初の疑問もこの言葉を聞いて「そうだ、ただ自然に生きることなんだ」とわかったような気になってしまう。

もしかすると、ここで生き方を大きく変えるべきなのかもしれない。

今の生活を続けていても、ひたすら仕事+朝昼晩コンビニ弁当→寝る→起きる→ひたすら仕事……、という繰り返しでしかない。

これはあまりにもひどすぎる。

せめて、仕事+朝昼晩コンビニ弁当+ゆったりした時間→寝る→起きる→仕事……、くらいにはなって欲しい。

寝るの質も悪く、仕事の変な夢で夜中に起きてしまうこともあるわけで、ほとんど疲れが取れないまま仕事の渦の中にいる。

一緒にいて安心できる人と食事をして、「これ美味しいね」と笑顔でいられるだけでずいぶんと感じ方は違うはずだ。

なにもなくていいから心が豊かだなと思える生活をしてみたい。

そうするためには、大きく舵を切るしかないのだけど……。


博

2012年8月11日 (土)

カレーパン

ふだん、カレーパンを食べることはほとんどないのだけど、ふと、どうしようもなく食べたくなるときがある。

お手軽にコンビニでカレーパンを買うのもいいんだけど、ちっちゃなパン屋さんのこだわったカレーパンが絶品でいいのだ。

たまたま移動中に入ったパン屋さんはお昼前なのにほとんど売り切れ。それでも次から次にお客さまが入ってくる状態で、焼き上がるのを待っているのだ。もちろん私も「もうすぐ焼き上がりますので」という店員さんの言葉に待っていたのだけど(笑)

どんどん焼き上がってくるパンに群がるお客さまたち。ほとんどが女性なので遠慮がちにパンを選んでいると、入店したときから一個だけ残っていたカレーパンがそのままだったので、ついトレーにのっけてしまった。

支払いをしているとき窓際のカウンターで食べていけるということを聞いたので、ミルクティーも買ってイートイン。

めちゃくちゃ凄い回転率に驚きながらカレーパンを食べてみると、これが夏野菜のカレーパンらしくもうそれは絶品!!!!!!!

いやぁー、こんなに美味しいカレーパンは初めて食べるよって感動しながら、まったりしていたのだった。

もっと美味しいカレーパンに出会えるのだろうか?


博

2012年8月10日 (金)

日本の消費税は安いのか?

現在、日本の消費税は5パーセント。

それに比べ、20パーセントを超える国も多い。

その比較は財務省の「付加価値税率(標準税率)の国際比較」を見れば一目瞭然なのだけど、これには裏があって単純に比較することはできないのだ。

日本の場合はどんな製品にも課税されている。

実際に比較すべきは課税されている製品とされていない製品をきちんと整理し、そのうえでどうなっているのかを判断しなければいけない。

オリンピックが開催されているイギリスであれば標準税率は20パーセントとなっているのだけど、食料品にはほとんど課税されていないし、子どもたちの生活に関連する部分は課税されない。

ということは日本の5パーセントとイギリスの20パーセントを単純に比較できないということは誰にでもすぐにわかることであって、財務省の表がいかにインチキであり、日本も他国並に増税が必要だと言いたいがための作られているとしか思えないこともわかるはずだ。

きちんとした比較計算をしていないのだけど、現在の日本の税を他国と同様な基準で計算しなおした場合、おそらく20パーセント程度の数値が出てくることだろう。逆に他国が5パーセント程度になってしまうくらいなのだ。

それなのに増税法案が可決されてしまうとは、まったくもって国民をバカにしているとしか思えない。

「消費税を引き上げること、国民の皆様に負担をお願いすることは2009年の総選挙で民主党は勝利したが、マニフェスト(政権公約)には記載していなかった。この機会に深くおわびしたい」と言っているバカがいるようだけど、おわびして済むような問題ではないことさえわかっていないのだから話しにならない。

年収が500万円しかない人が1000万円を使っているような状態の日本は、とにかく無駄な支出を減らすしかないのだから、わけのわからない予算をきちんと切り捨てなければいけない。

事業仕分けという拘束力のないパフォーマンスでは切り捨てはできないのは最初からわかっているのだから、まずはなにをやるべきなのかしっかり考え直してくれないと困る。

消費税増税法案が可決されたからといってすぐに税率が上がるわけではないのだけど、このままいけばきちんとした景気動向の調査もされないまま、上げると決まっていたからといって上がってしまうのだろうね。

日本国民は、バカなどぜうさんに騙されてはいけません。


博

2012年8月 9日 (木)

原爆

今日、8月9日は長崎に原爆が投下された日だ。

小学生のとき長崎の原爆資料館に寄ったことがあり、このときの記憶は今でも脳裏に鮮明に焼き付いている。

熱線や爆風による直接的な被害のすさまじさに驚いただけでなく、やはり放射線による被害や苦しみを見聞きしたとき、こんなことがもう絶対に起きてはいけないのだと思ったことも覚えている。

でも、残念ながら実験はおこなわれているし、原子力発電所の事故も起きている。

原爆と原子力発電所の事故を同じように見てしまうのはいけないと思うのだけど、共通しているのはその影響が目に見えない大きな恐ろしさを持ったものであるということだ。

しっかりと見えているものに対しては対応もしやすいのだけど、見えないものに対してはやはり難しいし、つい忘れがちになってしまう。

そして、気がついたときは手遅れということもありえる。

もうこれ以上、手遅れにならないでほしい。


博

2012年8月 8日 (水)

疲弊

たぶん、今の世の中って疲弊している。

モノの豊かさの陰に隠れて、心はどんどん疲弊しているように思うのですね。

本当に必要なのは心の豊かさ。

いろいろと伝え聞く昔の日本は、貧乏のどん底にありながらも心は豊かだったように感じることがとても多い。

「日本は素晴らしい」

そう言ってくれる外国人は多い。

ずっと日本にいるとその意味があまり実感できないのだけど、いろいろと話しをしていると日本に生まれた日本人として、本当に良かったと思うことばかりだ。

昔に戻ってほしいとは言わない。

ただ、このまま疲弊してしまうばかりで、どんどん心の豊かさが失われていくのだけは避けたい。


博

2012年8月 7日 (火)

立秋

今日は立秋ということで、初めて秋の気配が現れてくる頃となっているのですけど、暑さのピークでもあったりするんですよね。

それがピッタリ当てはまったのか、ぐったりしてしまう蒸し暑さに気力もなにもありませんでした。前日までの疲れもあったのでしょうけどね。

とにかく、早く涼しくなってほしいです。

体調があまりよくないときに暑いのはしんどいですよね。

今日はなんだか変な汗をいっぱいかいて、どれだけ水分補給をしても追いつかない感じでした。気がつかないうちに熱中症で倒れてしまうのが現実に思えたくらいです。

お盆を過ぎた頃から少しずつ暑さのピークを過ぎたのだなと感じるのですけど、なんだかんだいって9月くらいまでは暑いですよね。

10月くらいから本格的に寒くなるまでにゆっくり温泉にでも行きたいものです。


博

2012年8月 6日 (月)

夏休みがほしい

8月中旬に予定していた夏休みがある事情により消えてしまった。

休みの予定はあってないようなものだし、独りで生活していると夏休みがあってもなくてもかまわないわけで、普段は休みをあまり意識してはいない。

だけどふと、あの夏の想い出が強烈にフラッシュバックを起こし、どうしようもなく心が痛んでしまうのであった。

正直なところ、今でもとても心配している。

やはりあの夏休みのことはとても大きく大切な出来事であったし、優しさと強さだけでなく、信じることの大切さを学んだときでもあった。

あれから何年も経ってしまったけど、あのときのように夏休みがほしい。

もちろんあの日と同じようにいかないのは当然だし、同じようにするつもりもないのだけど、ただ、ゆっくり話しを聞いてあげられたらと思う。

そんなときがまた訪れるのかどうかわからないのだけど、ただひたすらゆっくり話しを聞いてあげられたらいいな。


博

2012年8月 4日 (土)

残念を通り越した日本の政治

ロンドンオリンピックの影に隠れたように、日本の政治は暴走を続けている。

民主党という党名と違い、まったく民意を理解できないのか、それとも理解する気持ちがないのか、官僚依存の政治がどこまでも出来が悪いまま深刻化している。

本当になにをすべきかくらい、世の中のほとんどの人はそれなりに理解されていると思う。もちろん個々の差はあれども、大きく方向性が違っているとは思わない。

それなのに日本の政治家となると、どういうわけか真反対といってもいいくらい方向性が違ったまま暴走を繰り返す。

せめて民意を少しでも理解しようという努力があるならば、ちょっと蛇行することはあっても真反対という方向にはならずに済むと思うのだが、理解しようなんて思っていないのだから蛇行するまでもなく真反対に暴走するのだろう。

あまりにも質が悪い。


馬鹿だからなる。

そう言われている国会議員に期待はしていないのだけど、官僚の質の低下もひどすぎる。

民間企業であればありえないことが平気でまかり通っている現実にガッカリしている人はとても多いだろうし、そのひとつの表れとして原発の反対運動につながっているのだと思う。

それさえ、「なんだか少し騒々しいですね」といったくらいにしか感じない日本政治のトップなのですから、どうやっても期待できるところがあるわけありませんよね。

もうね、本気で小学生に政治をやらせてみましょうよ。

小学生を集めて模擬的に政治をやらせると、それはもうすっごく真剣に考えてくれるんです。それも大人だと気がつかないような大切なポイントをしっかりおさえているんですよ。

小学生にできることがなぜ大人にできないのか不思議に思いませんか?

本当は大人だからこそできることなのに、ちゃんとやろうとしていないんですよね。

結局は、なんだかんだいって私利私欲に走っているとしか思えない。はい、ただの暴走です。

今こそ、民の力が必要になっているのだから、マスコミもしっかり政治を評価して欲しいのですけど、これまたオリンピックと同じで残念すぎる状況。

成功か失敗かは別として、とにかく誰もが頑張っているなとわかる政治をして欲しいですね。


博

2012年8月 3日 (金)

残念すぎる

メダルが取れたかどうかがそんなに大切ですか?

テレビ番組を見ているとロンドンオリンピックで誰が金メダルを取るのか予想し、そして誰が取ったのかしつこいほどタレントやキャスターだけでなく記者や解説者までもが繰り返し話していますよね。それと、メダルを取れた瞬間のリプレイをしつこいほど流している。

でも、それ以外のゲームの状況といったらほとんど流れない。

正直なところ私は運動音痴です。

幼少時に大病をしたのに一人で生活できていることがラッキーであるので、運動機能が劣っていることは仕方ないとあきらめています。

だから、そんな私からみればオリンピックに出場されている全選手はとんでもなく素晴らしい人たちで、たとえ初戦敗退となったりタイムが優れなかったとしても、必死に挑戦している姿だけで十分に凄いことなのです。

もちろん、誰もが金メダルを目指して努力されてきたこともわかりますし、金メダルが取れなかったときの悔しさもわかります。でもそれは本人が一番わかっていることで、他人がとやかく言うことではないと思うのですね。

でもテレビ番組では違うのですよね。

「男だったら金○くらいついてるだろう」って言いたくなるくらい金メダルがどうのこうのという話しばかりなんですね。

テレビ番組の限られた時間ですべてのゲームを流すのが無理なくらいわかりますけど、もっとゲームそのものをしっかり流して欲しいですよね。

メダルの数がどうのこうのばかりではなく、世界最高峰のアスリートたちの祭典をもっと楽しめたらいいのに。

そのためにも、なんだか変なルールや採点方法、ジャッジはどうにかして欲しいなと感じてしまったのです。


博

2012年8月 2日 (木)

車の音が変わる

オーディオが好きな人であればノイズキャンセリングヘッドフォンといった製品のことはご存知だと思います。

これを使うかどうかは好みの問題もあるし、なんだかんだ試した結果で使っていないのですけど、これは使い方でおもしろい技術だなと思っていたんです。

それが車に採用されたらどうなると思います?

これまで静かな車をあえて避けるように選んできたので、静かな車に乗るとつまらないと感じてしまうのですけど、やはりもう少し静かな方がいいなと思うことはあるわけです。

もしそんなときに音が自由にコントロールできたらどうでしょう?

スポーティーに走りたいときはしっかりと音をフィードバックさせて、ゆったりと走りたいときはできるだけノイズを消してくれたらどうでしょうか。

Car Watch 環境にもコストにも優しい音のヒミツ

この記事を読んでいただけるとわかるのですけど、これまで良く使ってきたボーズ(BOSE)はノイズキャンセリングをさらに進めた「アクティブ・ノイズ・コントロール」を開発していたんですね。

音を消すだけでなく、気持ち良い音を出すという両方をうまくコントロールできたら確かにおもしろい。

実際にどの音を消し、どの音を出すのかとても難しいのでしょうけど、音響機器メーカーとして音場をうまくコントロールしてきたことを知っているだけに、いろんな意味で期待しちゃいます。

街中をちょこちょこ走っているだけであれば音もあまり気にならないのかもしれないですけど、高速道路を頻繁に走るようだと音って大切だなと思うのですね。

タイヤが路面を叩く音や風を切る音って、気になり出したらどうしようもなく気になってしまって疲れるんです。往路はまだよくても、復路はぐったりするくらい違います。

もしこれがきちんとコントロールできたら、復路のぐったり感はかなり軽減されることでしょうね。

いつでも自由に操作し音をコントロールできる車であれば、それなりに高くなっても欲しいなと思ってしまいます。

できることならあとから自分で取り付けてコントロールできるというのがいいけどね。


博

2012年8月 1日 (水)

快眠のために

とても暑い日が続くと体力を奪われるだけでなく、寝苦しさにゆっくり眠れないですよね。それに今はオリンピックもあっているのでつい睡眠不足になってしまう(苦笑)

こんな状況を少しでも改善するために、マットレスを買い替えようと思っています。

そこでちょいと家具屋さんに寄ってみたら、ホテルでよく採用されているシモンズのベッドがいいなと感じてしまったのですね。

なにが違うかというと、反発力でしょうか。

身体全体をしっかりと支えながら、浮くような感じの表面反発力に寝返りがとてもしやすいなと感じたのですね。パンパンになったエアーマットみたいといったらいいのかな。

シモンズのベッドで寝返りをうちながら、「これいいなぁ」と心の中でつぶやいたのですけど、価格を見てさすがに無理だなとあきらめました。

今までシモンズのベッドを採用しているあちこちのホテルに泊まっているのでその良さは知っていましたけど、高いだけのことはありますね。

シモンズをあきらめて少し手頃な価格のモノを見ていると、いいなと思ったのがフランスベッドの製品。スプリングの構造がシモンズとは全然違うのですけど、シモンズと同じように楽に寝返りがうてるのが嬉しい。

価格もお手頃だったので即決といきたかったところだけど、ネットでも調べてみようと見てみると沢山ありすぎて迷路にはまりこんだみたいな状態になってしまいました(苦笑)

安いものから高いものまで、種類も低反発や高反発だけでも沢山あるし、スプリングタイプまで入れるとそれこそ理解不能なくらいありすぎ。そしてどれが本当に良いのかわからなくなってしまう。

いやはや、どうしようかと迷っている状態ですけど、やはり手頃な価格で感触の良かったフランスベッドの製品が日本製でもあるし安心かなと。


博

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »