お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

後続車のハイビーム

昨夜、仕事がなんとか終わってホテルに帰っていると、どこからともなく現れた後続車がハイビームのまま。

運が悪いことに待避できる道ではないことがわかっていたので我慢して走るしかないのだけど、ルームミラーはなんとかなってもドアミラーからの反射が眩しいのなんの。

さらに運が悪いことにどこまでもついてくるから困ったもの。

結局、ひたすら我慢していたわけですけど、仕事で疲れた身体に鞭を打つような状態で疲れが何倍にもなったようでした。

待避できる場所があったり、高速道路でもSAやPAが近くというのならやりすごせばよいのでしょうけど、昨夜みたいに条件が悪いとひたすら我慢しかないわけですよね。

トンネルでヘッドライトを点けない人もどうかと思うけど、前走車がいるのにハイビームで走り続けてしまう人もどういう感覚をしているのだろう?

思い出したけど、ずっと以前、デートドライブ中に後続車がハイビームというのがありました。

このときは信号停止したときに降りていって後続車のドライバーにハイビームになっていることを伝えたのですけど、その後続車は女性ふたりだったためか、男の私が降りていったことで最初は警戒していたようです。

女性ふたりがかたまっているようだったので、窓を軽くコンコンと叩いてみると窓を少し開けてくれたので、優しく「ライト下向きにしてくれないかなぁ」とお願いしたらやっと気がついてくれて、「ごめんなさい」と言いながら慌てて下向きにしてくれましたね。

自分の車に戻ってみると、彼女もかたまっていたのが気まずかった。

信号停止した途端になにも言わずに降りていったことで、とんでもないことになりそうな気がしたらしいのです。温和な私を怒らせたらどうなるのか想像がつかなかったのだというのはあとで聞いてわかったことです。

もちろん、後続車の人に優しくお願いしてきたことは説明しましたよ。


博

2012年10月29日 (月)

大胆ですなぁ(汗)

女性が積極的なのはなんら問題ないのですけど、それでもちょっとなぁ……、と思うことはあるわけでして、その程度によってはドン引きすることだっであるわけです。

以前、なにが目的だったのかよくわからない既婚女性からのアプローチはなんとか差し障りなくパスしておいたのですけど、今回はそのストレートさに呆然としてしまったのでした。

「ねぇ、したい」

女性から突然このように言われて理解できますか?

「えっ、なにを?」

あまりにも唐突な発言だったので私としてはこう問い返すのが精一杯だったわけですけど、この時点では本当にまったく意味がわかっていませんでした。

出先の、それもあちこちの女性陣に食事に連れて行ってとよくおねだりされるのですけど、仕事関係の女性陣とややこしいことにはなりたくないので冗談を言いながらなんとか行かないで済むようにしています。

どうやら私だったらどんなことでも「いいよ」と言ってくれると思われているのか、時にはわがまま放題としか思えないことを言われてしまうこともあります。もちろん、ダメなものはダメだって返事するのですけどね。

そう言えばつい先日、「これやっていい?」という質問があって具体的な内容を聞いたら絶対にダメなことだったのですね。それなのに「やってみたい」なんて言われてどんだけわがままなんと思ったものです。それでもやってくれたとしたら、私の顔はかなり引きつっていたことでしょうね。でも怒りませんけどね。

話しは戻って「ねぇ、したい」と言ったのはその職場でも一番若い女性。どちらかというとキレイで大人っぽい雰囲気なのでステキな女性だなとは思うのですけど、あくまでも仕事関係の女性。

そんな女性から仕事の合間に「ねぇ、したい」と言われても仕事のなにかとしか思わないわけですよ。

でもそれが仕事のなにかではなく、男と女の関係のことだとわかったのはその彼女があっけらかんと「だって、したいんだもん」と甘え声で言ってきたことで気がつきました(汗)

正直、背筋がぞーっとしましたとも。

なにを考えているのか理解不能なのでちょっと質問してみると、どうやら私だったらなにやっても許してもらえると思っているらしく、男と女の関係だってOKだと考えたらしいのです。

さすがにこれは無理も無理。ぜーったいに無理!!!!!!!

でも、ちょっとばかりどうしてそんなことを思ったのか話しを聞いてみると、私だったら優しくいかせてくれそうだってことだったのです。ここではこの程度の内容にしておきますけど、本当はもっと大胆なことをあっけらかんと話してくれました(苦笑)

たしかに優しいとは思うけど、男と女の関係になるには私が相手を好きになっていないと無理なわけで、一方的に言われても困ることですよね。

ふと、私が好きになる女性のタイプを考えてみました。昼間っからなに考えているんだと自問自答しながら出た結論は

「その女性と男と女の関係になれるか」

というわかりやすいものでした(汗)

なんだかんだ言って「ねぇ、したい」と言った女性と変わらないじゃん。

そう私自身でツッコミを入れながら、ストライクゾーンには入っているななんて思ったのでした。

いやはや、なんだか大胆な女性に触発されたのか、ちょっとばかり軽い眩暈を覚えながら自分がオスなんだなと再認識したものです(笑)


博

2012年10月28日 (日)

コーヒーメーカー

とある出先がオープンしたとき、皆さんで利用していただけるようにコーヒーメーカーをプレゼントしました。

その出先にずいぶんと久しぶりにおじゃまするとそのときのコーヒーメーカーがまだ現役でバリバリ使われています。

ただ、年数も経っているのでくたびれてきているし衛生面でもちょっとどうかなと感じてしまったので、この機会にひっそりと新しいコーヒーメーカーを手配しておきました。

新しいといっても実は以前のモノとまったく同じ製品にしたのですけど、それは使い勝手が変わらないようにという配慮からです。

新しくしたのは象印のEC-JS80という製品。

カップ8杯用と容量も大きく、サーバーがステンレス魔法瓶タイプなので煮詰まりもしないし保温もしっかりできて美味しい温度をキープできるのがポイント。

他にもお手入れが簡単なようにほとんど分解して洗えるのがよくて、同じようなコーヒーメーカーの中では今でも一番使い勝手が良いのではないかと思っています。

これでまた美味しいコーヒーを飲んでいただけるといいなぁ。


博

2012年10月26日 (金)

カールおじさん?

こんなことを思うのは、きっと私だけではないと信じたい。

それはなにかって?

それはですねぇ、VWの「up!」がどうしても「カールおじさん」に見えてしまうということ。

なんだか愛嬌があっていいですよね。

もし「up!」を買ったら車に「カール」って名前つけようかなと思うくらい。

今のところこの小さな「up!」1台だけで済ますことができないので買う予定はないのですけど、ちょっと欲しいなと思っていたりします。

他にもコンパクトな車で欲しいと思うのはあるのでそのときになってみないとなんとも言えないんだけど、たとえどんな理由であっても「欲しい」と思えるのはいいですね。

日本車でそんな気持ちになれるのってないのが寂しい。


そうそう、思い出したんだけど映画『カールじいさんの空飛ぶ家』の原題は『Up』だったねぇ。関係ないんだろうけどつながってるね(笑)


博

2012年10月24日 (水)

出ましたね

予定どおり「iPad mini」が発表されましたね。

でもね、ドキドキするなにかがないのです。これは「iPhone 5」についても同じで、ジョブズだったら出さないだろうなと思うのです。

もし私がジョブズだったら、「iPad」の重さを500g以下にさせるな。「iPad mini」が軽いのは当たり前なので、あえて「iPad」の重さを500g以下にして驚かせる。もちろんスペックは下げずにね。そして、「こんなに軽くなったんだ、どうだ!」とやるね(笑)

現在の流れとして「iPad mini」が出たのは間違いだとは思わない。でもね,その大きさが使いやすいのかというと微妙なんですね。ハッキリ言うと中途半端な大きさでしかないと思うのです。もちろん「iPad mini」以外のタブレット端末もね。

ぶっちゃけ、アップルは守りに入ってしまったのかなと感じるのですよ。

もちろん地道な進化はあるものの、アップルだったらもっとできるのにと思うことがなにも見えてこないのです。それどころか、どこに向かっているのだろうかとさえ思うくらいです。

Mac OS X が iOS の機能を取り込んだとき、本当にこれでいいのかなと思ったこともあったし、少しずつなにかが違ってきていると感じることも多くなっていたから、期待することもなくなってしまったというのもあるのかな。

アップルにかぎらず、最近はどの製品を買っても性能差なんてありません。ただ、使い勝手は大きく違っていて、アップル製品はやはり使いやすさに一日の長があると思うのですね。

話しは戻って「iPad mini」ですけど、これは買ってみて判断しようと思うのです。中途半端だと感じるサイズも実際にどうなのか、その軽さから「iPad」よりずっと良いと思うのか、こればかりは実際に使ってみないとなんとも言えない。

今のところ、「iPad mini」はプレゼント用かなと考えています。

まだ「iPad」を使ったことがなくて、でもちょっぴり興味を持っている人たちに、これ使ってみてとプレゼントすれば喜ばれるかなと……。

ということで、自分用ではなくプレゼント用として何台か買ってしまうことになりそうな気がするのって私だけでしょうか?


博

2012年10月23日 (火)

プリンタ選定中

わけあってプリンタの買い替えを検討しています。

これまで使っているのはキヤノンのPIXUS MP810とiX5000で、前者はフィルムスキャナ機能も搭載したA4複合機、後者はA3ノビまでのプリントが可能というものです。

この2機種はインクカートリッジが同じためなにかと便利なのですけど、カラー印刷に関しては染料インクを使用しているためどうしても水濡れには弱いという避けられない現実があります。黒インクについては顔料インクを採用しているので宛名印刷などには不自由しないのですけどね。

ということで、前者を全色顔料インクを使った機種に買い替えようというわけなんです。まず写真印刷などしないのでカラー文書などがしっかり作れたらそれで大丈夫。それもA4サイズでいいわけなので。

選択肢としてはエプソンの機種になってしまうのですけど、どうせならWi-Fiで繋ぎたい。となると自然とどの機種にするかは決まってしまいそうなのですけど微妙なところで帯に短し襷に長し。

結局、どこで妥協するか落とし所が決まらず、この一週間ばかり悩んでいるのでした。だって、妥協して買うのってほとんどしたことないのですから。


博

2012年10月22日 (月)

ガラケーならぬガラ軽

日本の車事情はついに軽自動車が主流になりつつある。

世界的に見れば完全に「ガラパゴス・ケータイ」と同じように日本独自の「ガラパゴス・軽自動車」であるのだけど、知人である外国人たちは声をそろえて「軽自動車は素晴らしい」というほどだ。

日本の道路事情を考えると軽自動車はコンパクトでとても便利。私も半年ばかり乗っていた時期があってそれは楽しかったことも覚えている。もちろん楽しめる軽自動車を選んだのだけどね。

そんな軽自動車が5ナンバーの小型車や3ナンバーの普通車を追い抜きトップに躍り出ることになりそうなのだ。

ただね、私が思うには軽自動車はあまりにもパワー不足。ターボ付きであればまだしも、なしだと一人乗車でも坂道がきついなと思う。これは実際に乗って感じていることであり、軽自動車のユーザからよく聞く話しでもある。

だからいっそのこと1000cc未満というくくりでエンジンを大きくし、もう少し余裕を持たせたら本当の意味で効率の良い車になるのになと思うのですね。

カタログ数値だけは素晴らしい燃費であっても、実際に走ると10年も前の私の車より平気で燃費が悪くなってしまう軽自動車は、やはり車重と比較してエンジンのパワーが不足しているとしか思えない。

軽自動車で培った技術を海外で生産販売する小型車に反映できなければ、ダウンサイジングで力を発揮しているヨーロッパ勢に負ける日が来てもおかしくない状況になっている。

事実、VWの「up!」は輸入車への憧れもあってか軽自動車からの乗り換えが多く好調な売れ行きだと聞いている。

そんな状況なのだから、このままガラ軽で終わらせることなく、世界に誇れる、そして世界に売りまくれる軽自動車になってほしいのだ。

いつか私も、世界に誇れる軽自動車に乗ってみたいのだ。


博

2012年10月21日 (日)

鼻炎と鼻毛の因果関係(笑)

この記事には科学的根拠はなにもありません。

あくまでも私の経験によるおバカな話しなので、なにやっているんだかというくらいの冷ややかな気持ちでご覧になってください(笑)

続きを読む "鼻炎と鼻毛の因果関係(笑)" »

2012年10月19日 (金)

失敗から学ぶ

なんでも慎重にやっているように見える私でもやはり失敗します。

しっかり確認したつもりでも抜けがあったり、今までの調子でやっていたら落とし穴にはまったり。

今回は「今月のプレゼント」での発送で大失敗。

これまで「ゴリラ用割りピン無料配布」で軽く3桁に突入している割りピンの送付は普通郵便で送ってきました。実際に確認はしていませんけど、届かなかったというメールは1件もありません。

そこで今回も同じように普通郵便で送ったところ、郵便局の仕分け機械に解除プラグがひっかかり解除プラグを入れていた袋(入手時に付いていたもの)と封筒を突き破り機械に挟まったままとなっていたことが判明。

これが判明したのは当選者様からのメールで肝心の解除プラグが入っておらず袋と封筒に穴が空いているという情報と郵便局へ問い合わせいただいたことからで、私からも郵便局への問い合わせで詳しい状況が確認できました。

ほぼ同時に2件のメールをいただき袋や封筒の穴も同じ。ということは他にも穴が空いて虚しく封筒だけが届く可能性があるわけですね。

郵便局の仕分け機械に挟まっていたことが判明している1個は郵便局で再送していただけることになりましたけど、もう1個は不明なのでもしかするとどこか別のところで落ちたのかもしれませんね。

郵便局の方は親切に探して連絡をいただけるというお話でしたけど、これ以上の余計な手間をかけるのも申し訳なくてもし見つかっても処分していただくようお願いしました。

当選された皆さまには責任を持って送付するのが当然なので再送の準備に入っていますけど、当然のように同じ失敗を繰り返さないように工夫しないといけませんね。

すでにどうやって送るのかは決めているのですけど、最初からそうしておけよって話しです。

出先からなのでいつも準備している封筒で安易に送ってしまったのがそもそもの間違い。少しでも工夫しておけばよかったものの、なんら工夫もしていなかったしね。すみません。

そんな情けない失敗ですけど、もう同じ失敗はしません。というかしてはいけませんよね。

でもね、人間だからまた違う失敗をするんですよ。

そして次は失敗しないように工夫して、また別の失敗をしては工夫して、そしてまた失敗して……。といったようにひたすら失敗と工夫の繰り返しなのかなと思うのです。

なにも失敗しなかったら次は失敗しないように工夫もしないだろうけど、失敗と工夫の繰り返しもほどほどにしないとね。

そう思いながら失敗しなくなることはないんですよね。


博

2012年10月17日 (水)

出るのかな?

ここ最近のアップル関連の噂といったら「iPad mini」がまもなく発表されるというものだ。

おまけとしては「iMac」や「MacBook Pro」も噂が流れてきているのだけど、こちらは買い替え予定もないので気にすることもない。

現地時間10月23日午前10時(日本時間10月24日午前2時)からサンノゼのカリフォルニアセンターで開催されるアップルのイベント招待状には「We've got a little more to show you.」とある。

この招待状から見てとれるのは「a little」という謎かけが小さいなにかを表していることだろうと思うし、最新の「iPod touch」のようにカラー化されたモノだということだ。

もちろん「iPad mini」が発売されるとなれば「Lightningコネクタ」が採用されるのは間違いなく、従来の「30ピンDockコネクタ」で少しばかり苦労したので「Lightningコネクタ」は大歓迎なのだ。

私としては「iPad」の大きさでなんら問題はなく、ただ少しだけ軽くしてくれないかなと思うのだけど、かといって「iPad mini」として噂されている7型がいいのかというと、そこは微妙だなと感じる。実際に使ってみないとなんとも言えない大きさなのかもしれない。

「iPad mini」が発売されたとして買うのかというと、やはり買うだろうなと思うのですね。

長年のアップル信者みたいなものですから出たものは買っておかないとねというわけで、これまでかなりの数のアップル製品を買ってきたわけですけど、出たら必ず買うというわけでもなく、「iPhone」のようにライフスタイルと合わなければ買わないという選択もあるわけです。

もし買うことになったとしても、意味のわからない行列を作ったりしませんよ。あれは嘆かわしい現代日本の姿そのものです(涙)

ちょっと余談ですけど、やはり今はアップルの地図をなんとか早く解決して欲しいところかな。

とんでもない地図になってしまった原因は測位系の違いやデータ変換、その前に古いデータを使っていたことだと思うのだけど、将来性のある地図だけになんとか早く問題を解消して使い倒せるものになって欲しい。


博

2012年10月16日 (火)

緊急車両

さきほど、出先からホテルに帰っているとき後方から緊急車両が近づいてきた。

バックミラーに何台もの緊急車両が見え隠れする状態だったので、とにかくやり過ごそうと左ウインカーを出して速度を落とし、さらに停車して先に行かせておいた。

これはドライバーとして当然のことだし緊急車両と接近した状態で走りたくないので、少し間を置こうという考えもある。

でも、緊急車両がすぐ後ろに接近していても我関せずという感じでなんらペースを変えずに走り続けている人もいる。

うーん、緊急車両のサイレンが聞こえていないのかな?

そんなことを思いながら見ていると、まったく譲る気配もないままで視界から消えていった。

窓を閉め切って音楽をガンガンかけていれば気がつきにくいかもしれない。それでも、常に周囲に気を配る運転をしていれば気がつくはず。

でも世の中にはひたすら前方しか見ずに走っている人もいるわけで、そんな人の場合は緊急車両に気がつかないままになってしまうのだろうね。

それにしてもあの緊急車両たちはなんだったのだろう?

途中で検問もしていたので緊急配備されていたものだとわかるということは、なにか事件が起こったということなのだろうね。


博

2012年10月15日 (月)

特殊詐欺

特殊詐欺ってご存知ですか?

たとえば「購入すれば利益が出る」と嘘をついて現金を振り込ませてだまし取る金融商品等の取引を名目とした詐欺や、「女性紹介」とメールを送信するなどして嘘の情報を提供し会員登録料等の名目で現金を振り込ませてだまし取る異性との交際のあっせんを名目とした詐欺、「パチンコ打ち子募集」などとメール送信するなどの方法で嘘の情報を提供し会員登録料等の名目で現金を振り込ませてだまし取るギャンブル必勝情報の提供を名目とした詐欺などがあります。

こんなのにひっかかるのが不思議なのですけど、出先の職場の一番若い女の子から「ひっかからないようにね」と言われてしまいました。

最初はなんのことを言っているのか意味がわからなかったのですけど、どうやら朝礼時に特殊詐欺に注意するようにとお達しがあったらしいのですね。

その中で「女性紹介」というのがあったので、すぐに私のことを思い出したらしいのです。彼女がいないし女性に騙されやすそうだと思ったらしいのですね。

うーん、女性に騙されやすいかどうかは別として、お金を振り込むことはないですね。

もし、お金を振り込むとしたらそのお金は最初から無かったものと考えるので、たとえ騙されたとしても悔しいと思うこともないな。

相手が女性だとたしかに寛容です。

どのくらいかというと、それは過去にお付き合いした女性だとわかっていただけるだろうと思うので、あえてここでは書きません。

ひとつだけ言えることは、どんなに嫌なことをされたお相手であっても嫌いにはならないことかな。

でもね、自分の考えはしっかり持っているから、容易に流されるといったことはないんですよ。

もちろん、詐欺にひっかかることもないですね。


博

2012年10月13日 (土)

再生医療の光と影

ノーベル医学・生理学賞で一気にその存在が脚光を浴びた「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」について知ったのはどのくらい前のことだったろうか?

幹細胞については30年以上も前から研究されていることは知っていたけど、人工多能性幹細胞(iPS細胞)となると数年前だったのではないかな。

知人(研究者)から人工多能性幹細胞(iPS細胞)の話しを聞いたとき、研究がそこまで進んでいるということに戸惑いを隠せなかった。

すばらしい研究であることは間違いないし、不慮の事故で失われた機能が再生できるのなら良いのではないかと考えたこともある。

その一方で、人間の寿命とはいったいなんだろうかとも考えた。

それはなぜかというと、幼少の頃から医療の現場の中で育ってきた人間として、医療のあり方にずっと疑問を抱いていたからだ。

本当に必要なことだろうか?

そんなことがずっと気になっていたのだけど、それはやはり今でも変わらない疑問でしかない。

人間の欲望。

再生医療の光と影は、きっとそこにあるのだろうな。


博

2012年10月12日 (金)

花粉症?

どうやら秋の花粉症?期間に突入したようだ。

アレルギー性鼻炎と診断されたのは中学生のときだったから、今更どうにもならないことくらいは理解している。

アレルギーといってもどういったものに反応するかで違ってくる。

最近は検査を受けていないのでハッキリとは言えないのだけど、以前はハウスダストに一番強く反応していた。

スギ花粉の影響が大きい春、なぜか私はあまり反応しない。まったく反応しないということはないのだけど、アレルギーでどうしようもないという状況にはならないのだ。

それが秋になるとどうも調子が悪い。

原因は検査をしていないのでわからないのだけど、症状としては目のかゆみや鼻水が出やすくなるといったところだろうか。

今回はどういうわけか目のかゆみがひどい。

こうやってパソコンの前に座っていても、画面を見るのがしんどかったりする。

なにかスッキリ解決する方法はないのだろうか?


博

2012年10月11日 (木)

絵文字の憂鬱

このブログをご覧になっているとわかるように、絵文字が出てくることはまずない。

記憶をたどると何度か絵文字を使ったことはあるはずだけど、それがどの記事だったのかまでは覚えていない。

同様に携帯でのメールでも絵文字を使うことはまずない。

そんな私を以前から知っている人は絵文字がなくてもそれが当然だと認識されているので問題はないのだけど、新しくやり取りをするようになった人は絵文字を使わないことに違和感があるようで、とくに相手が女性だと「怒っているの?」と質問がくることがよくある。

もちろん怒っているわけもなく、きちんとした内容のメールを送っているのだけど、絵文字が一切ないというだけで厳しいようなイメージを持たれるのか、機嫌が悪く怒っているように感じるらしいのだ。

最近、そんなお相手にできるだけ合わせるように絵文字を使うようにした。

使うといっても相手が絵文字を使う人に対してであり、どれだけ相手がたくさん絵文字を使っていてもこちらから送るメールにはひとつやふたつの絵文字が入る程度でしかない。

まったく絵文字を使わず怒っていると思われるよりはマシかなと考えて使っているのだけど、これで少しでもやり取りがスムーズにいくのならこちらとしても問題はない。もちろん積極的に使おうとは思っていないのだけどね。

これで絵文字の問題は解決したと思っていた。

ところがだ、昔からの知人で絵文字を必ず使ってくる相手に同じように絵文字を使ってメールを送った。使ったといってもひとつかふたつ。

するとこの知人から、本当に私なのか疑問に思うといった内容のメールが届いてしまったのだ。

ずっと絵文字を使わないでいた私が突然のように絵文字を使ったメールを送ったものだから、ものすごく違和感を感じてしまったらしいのだ。

最初は「なにか良いことがあった?」といった内容の質問だったけど、そう質問しながらも私本人なのか疑問に思っていたというのは後になって知らされた。

後のやり取りと説明で私本人だと確信してくれたのだけど、絵文字を使ったばかりにすぐには信じてくれず、なりすましメールなのかなと思ったとのことだった。

絵文字を使わないと怒っていると思われるし、使ったら使ったで私本人と信じてもらえなかったりするなんて想像もしていなかった。

相手によってきちんと使い分けすればいいわけだけど、たかが絵文字に振り回されたくはない。

正直なところ私にとって絵文字は不要。

それでも面倒だなと思いつつ、今日も使ったり使わなかったり……。


博

2012年10月10日 (水)

手作りとは思えない仕上げ

たまになにかを作ることがある。

それが仕事上のモノであったり、プライベートでのモノであったりと違いはあるのだけど、同じなのは「手作りとは思えない仕上げ」へのこだわりだったりする。

先日、仕事上でちょっとしたモノを作ることになった。もともと提案が私なのだからプレゼンで皆さんを納得させるためにはやはり私がサンプルを作るという方向になってしまうのは流れとして当然。

製造の技術者でもない私がサンプルを作るのだから、きちんとした製品としての作り方を知っているわけでもなければこれまで作った経験さえもないモノだ。

幼少の頃からモノづくりが好きだったというだけでしかないのだけど、やはりこだわりが強くサンプルといっても手抜きはしたくない。どうすれば完成品と同じレベルのモノが作れるのか考えたあげく、地道な手作業により作ることにした。

もちろんいろんな経験があるからどうすればよいのかも浮かんできたわけで、プレゼンではそのサンプルを手に取った皆さんが食い入るように見入っている状況になっていたのは見逃さなかった。

しっかり事前の根回しもしていたこともあり、私が作っておいたサンプルはそのまま採用となった。正確にいうとサンプルだとは誰も思っておらず、すでに完成品としてそこにあるのだと皆さんは思われていたことがあとでわかった。

以前、根っからの技術者の知人とたまたま同じようなモノを作ったことがあった。相手はプロなので本来ならかなうわけもないのだけど、一緒に食事をしながらお互いが作ったモノを披露していると知人は私の作ったモノに見入っていた。

そして一言「これは凄い」と発し表情が変わっていた。

知人が作ったモノにもいろんな工夫があり、見た瞬間に技術を盗み取ってしまった。私にとってみれば「これがプロのモノづくりか」と感心した瞬間であり、プロの技を知る数少ないチャンスでもあった。

しばらく沈黙した知人が口を開け「この部分はどうやって作った?」と聞いてきた。

もちろん私は正直に「ちまちま手作業だけど」と返事をしたら、知人はあきれ顔で「よくやるわ」と笑っていた。

ぶっちゃけ、精密な工作機械を使う環境も持たない私にとって手段は手作業しかないだけなのだ。

モノづくりが好きな私としてはいろんな工作機械が欲しいなと思うのだけど、プライベートでモノづくりをする機会がかなり減ってしまっているのに高価な工作機械など買えるわけもない。

そこで最終的にはちまちまと手作業による手作りとなってしまうのだけど、精度を出す最後の部分はなんといっても手作業の方がよい。

とある会社で見た職人さんによる仕上げの美しさはやはり手作りだからこそ存在していたわけで、私のこだわりもやはり頑固に職人気質なのだろう。

手作りだからこその輝きを大切にしよう。


博

2012年10月 9日 (火)

昔の日本車には夢がある

とあるショールームでかなり昔の日本車を見る機会があった。

見た瞬間、これ欲しいと思ったのだけど売り物であるわけもなく、触れることさえできない環境に置かれていたため、ぐるっと何周もしてしまったほどだった。

正直なところ、その車がどの時代に発売されていたものか知らなかった。もちろんプレートに書かれているので年代は確認できたのだけど、そんな古さをまったく感じさせないことに驚いた。

これまで見た昔の日本車には夢がある。

どれだけ古い日本車でも夢があり、欲しいと感じさせるなにかを持っている。

そんなことを思いながら、今の日本車に同じような夢があり、欲しいと感じさせるなにかを持っているのかと考えてみると、素直に欲しいと思う車は残念ながら残っていなかった。

これでは日本車が売れるわけもない。

ずっと輸入車ばかり乗っている私が日本車が売れるわけもないというのは失礼かもしれないけど、昔の日本車を見ると欲しいという車ばかりなので日本車が欲しくないわけではないのだ。

輸入車のへんてこな壊れ方をいろいろと経験していると、日本車だったらこんな壊れ方はしないよなと思うことが多いし、日本製だといいなと考えるときもあるくらいだ。

それなのに日本車に買い替えないのは、やはり夢が失われてしまっているし、欲しいと思うなにかが見つからないからだ。

DS3 カブリオ」の写真を見ただけで欲しいと思ったように、今の日本車にも夢があり、欲しいと思わせるこだわりを持って欲しい。

燃費だけで車は売れないよ。


博

2012年10月 5日 (金)

シアタールーム

なかなか映画を見に行くこともできないものだから、この際、シアタールームに仕立て上げようかと計画中です。

実は以前から計画はしていたのですけど、転勤やらなんやで思い切った行動に移せないまま現在に至っているわけで、頭の中にはすっかり完成時のイメージは出来上がっています。

妄想?(笑)

最近はテレビもずいぶんと安くなってしまいましたので予算的にも楽にはなっているのですけど、いろいろとこだわってしまうとそれなりに高くなってしまうのは目に見えています。

家にいる日と仕事から帰り着く時間を考えるとシアタールームを作ってもゆっくり見ている暇はないのですけど、やはりなにか楽しめる時間や空間は作りたいなと思うわけです。

どうでもいいことなんですけど、60型の液晶テレビを見ても小さいなと思ってしまいます。

ずっと以前、37型の小ささになにかの間違いではと思ったくらいで、どうしようもなく大きいというくらいに感じたとしてもすぐに慣れてしまう恐ろしい感覚になってしまっているんですね。

無駄に広い部屋に済むのも考えものですわ(苦笑)


博

2012年10月 3日 (水)

テクニシャン

仕事関係の女性から「テクニシャンですよね(笑)」と意味深なお言葉を頂きました。

テクニシャンの意味は高度な技術を持つ人のことなんですけど、どうもその女性の言う意味は高度な技術でもあっちの方らしいです。

別の女性からその意味を聞かされたわけですけど、どうやら女性の噂として思いっきりテクニシャンでエロいということになっているらしいのです(苦笑)

まぁ、仕事の関係上いろんなテクニックを駆使していることを皆さんはご存知なんだし、物腰の柔らかさや接し方が上手だということはわざわざ説明するまでもないわけです。

私としてはあくまでも仕事上のお付き合いでしかないわけですけど、これまで何度も何度も食事に誘われたりやたら私にばかり仕事とは関係ないことまで聞いてくる人が多いなと思っていたら、どうやら私のテクニックを実践で試してみようと考えられていることが判明しました。

女性って怖いです(汗)

食事に誘われてホイホイついていったりするとそのまま食べられてしまうのでしょうか?

仕事上の関係でしかないお相手とそんなことにはなりたくないし、食事のお誘いもすべてお断りしているので実際にそんな状況にはならないわけですけど、しっかり狙われていることに気がついてちょっと仕事がやりにくくなったなと思うのです。

えっ、私がテクニシャンかだって?

それはですねぇ、私が愛したお相手だけがご存知です(苦笑)

仕事ではテクニシャンですよ(笑)


博

2012年10月 2日 (火)

職人気質

指先が器用なわけじゃないんですけど、こだわりが強く職人技を発揮するので器用だと思われるが多いです。

でもでも、職人じゃないですよ。

物心ついたときには大工道具を握っていましたし、その延長線上でいろいろと作ったこともありますし、今でも作ることは大好きなんですけど、大工さんといった職人とはまったく無縁の仕事なんです。

ただね、頑固なこだわりがあるのでなにをやるにしてもしっかり納得できるレベルでないと気持ち悪く、自分にダメ出しすることも多いです。

だからこそどうすればよいのか、よくなるのか、いろいろと工夫をするんですね。

きっと考えることが好きなんでしょうね。

後輩たちには「いつもなにか考えていますよね」と言われているくらいどうやったらいいのか考えているようです。それも無意識にやっているようで、「今度はなんですか?」と質問されてしまいます(汗)

車を走らせるにしても漠然と走っていることはなく、どう安全を確保するのか常に考えていますし、この先をどう走ったほうがスムーズなのかなど考えていることにキリがありません。

そんなだから「疲れません?」と聞かれても「ぜーんぜん(笑)」という返事になってしまうのです。

きっと生まれたときから、もしかすると生まれる前からの職人気質なのかもしれませんね。


博

2012年10月 1日 (月)

今月のプレゼント(笑)

プレゼント応募期間は終了いたしました。ご応募ありがとうございました。

先日の予告のとおりプレゼント内容と応募方法の発表です。

ちなみにタイトルは語呂合わせでつけたものなので、来月もプレゼントがあるわけではありません(汗)

【プレゼント商品】
 ◎パーキング解除プラグ(AN-PKP1)

【プレゼント商品数】
 ・7個(おひとり様1個)

【応募方法】
 ・この記事にプレゼント希望とコメントなどを自由にを書き込んでください。
 ・コメント時はハンドル名とメールアドレスの記入をお願いします。
 ・コメントは公開しますので実名や住所など個人情報の書き込みは避けてください。

【応募締切】
 ・2012年10月15日(月)

【当選発表】
 ・2012年10月16日(火)
 ・この記事にコメントという形で発表します。

【当選者の申請】
 ・当選者は当選発表のコメントを確認後、再度コメントの記入をお願いします。
 ・その際、当選者確認のためハンドル名とメールアドレスの記入もお願いします。

【当選者への連絡と発送】
 ・当選者の申請コメントを受信したら送付先を問い合わせるメールをお送りします。
 ・メールが届きましたら折り返し送付先をお知らせください。
 ・確認がとれ、準備できた分から発送します。


当選はおひとり様に1個となり、応募者が商品数を越えた場合は当方でランダムな抽選により当選者を決定させていただきます。

なぜこんなプレゼント企画?を考えたのか不思議に思われているかなという気がしたので、私なりの考えを書いてみますね。

まずプレゼント商品について、このブログでは解除用に割りピンを無料配布していますけど、これは実用性は十分ですけど見た目という点では完璧ではありません。そこで、より見た目を重視した製品をたまたま見かけたこともあり、プレゼントしてみようと思ったわけです。

でもこの商品、リンク先をご覧になっていただけるとわかるように680円もします(苦笑)

割りピンを無料配布している立場としては680円もするんだと思うだけでなく、この商品なら百円ショップのレベルじゃないかと思うので、ものすごーく高くて買う気にはならないわけです。CN-GP720VDは5万円で即買いしたんですけどね(笑)

でも、こうやってプレゼントをしているのは皆さまへの還元を考えたからなのです。

というのも、リンクをご覧になってわかる方もいらっしゃると思いますけど、実はこのブログはAmazonのアソシエイト(アフィリエイト)を利用しています。この記事の商品リンクもそうです。

そのアソシエイトでほんの僅かずつながら紹介料が溜まりギフト券として反映されています。その金額がプレゼントできるくらいになったこともありタイミングとしてここで使ってみることにしたのです。

こんなところでいいかな?(笑)

そうそう、プレゼントする商品はAmazonから当方に届いた状態のままでは発送しません。

それはなぜか、モノにこだわる私としてはこの商品の仕上げ品質のままではとても納得できないからで、仕上げ品質を向上させたモノを発送させていただきます。手作業でちまちまと仕上げしています(笑)

ですので、このプレゼント企画で当選された分とAmazonで直接購入された分とは仕上げ品質が異なることはご理解していただく必要があるかと思います。後日、Amazonで購入されて仕上げ品質にガッカリされても困りますから。


博

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »