お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

怒濤の年末

やっと31日になってひたすら仕事という缶詰め状態から脱出できました。

ホテルにさえ帰ることができない毎日で、お風呂にもずっと入れないというかなり悲惨な状態だったのでした。

これで明日からは休みだったら嬉しいのですけど、残念ながら明日も明後日もまだまだずっと仕事は続くのです(涙)

まぁ、年末年始に仕事をしていてもどうってことはないのですけど、ここまで大変な年末になってしまうことはさすがに予想していませんでした。

たぶん、少なくとも3月末までは悲惨な状態が継続すると思われます。

その先も恐ろしいような状態が見え隠れしているのであまり考えないようにはしていますけど、どうやっても現実に見えてしまうので気分が悪くなりそうです。

そんな年末、そして大晦日を年越しそばもなくホテルで過ごしているので、来年こそは年越しそばを食べるぞと今から思っていたりするんですよ(笑)

いやいや、その前にオービスデータの更新をしろって話しですよね(苦笑)

きっとね、皆さんはそこを待たれているのだと思うのですけど、どのくらいアクセスされているのかも確認していないので、ずっと見ないままで知らんぷりしておきたい気分です。

とりあえず、年越し風呂にでも入ってきます(笑)


博

2012年12月25日 (火)

メリクリ

昨日は、いつもお世話になっている職場のみなさんへと朝早くからケーキをどっさり買い込んで行きましたとさ(笑)

クリスマスイブだからというのはもちろんあったわけですけど、普段でも思いついたようにお菓子を買い込んで行くこともあるので、そんなに特別なことではないのです。

お誕生日だったらケーキくらいはさりげなく準備しておきたいですし、ちょっとしたプレゼントだって考えるのです。もちろん相手に合ったモノをセレクトするのは当然です。

なんというのかな、私にとってはわざわざ考えてやっていることではなくて、ほとんど思いつきのようにやっているだけなんですね。

「こじゃれたことするねぇ」

みなさんがそんな言葉を口に出しながら喜んでくれている顔って見ていて幸せになります。

きっとそんな笑顔を見たいんだな。


博

2012年12月22日 (土)

電池切れ

体力的にとっくに電池切れ状態で、ホテルに帰り着いたらほとんどぐったりという感じで眠りについています。さすがに寝つきも抜群に良いですよ(笑)

仕事が終わって帰ろうとしたら、車のドアが開かない(汗)

リモコンキーを何度か操作をしても開きそうな気配なし。

それもそうですよね、キーに付いている小さなLEDが操作をしても点灯しないのです。

ということで電池切れなんだなと判明。

交換用の電池ってどれだったっけ?

とりあえずネットで検索してみると親切に電池だけでなく交換方法まできっちり書いてくれているサイトがいくつもありました。感謝。

電池はCR2032ということもわかったし、帰り道コンビニで買えるタイプなのですぐに入手も完了。そして交換してみると何事もなかったようにドアはちゃんと開きましたとさ。

リモコンに慣れていると、ドアのキーシリンダにキーを差し込むということをすっかり忘れているものですね。

ホテルに帰り着くまでキーを差し込んで開け閉めしていたのですけど、なんだかすっごく昔の人になったような気がしたものです。

最近はインテリジェントキーになっており、それこそキーの操作さえもしなくていいわけなので、電池切れになったらかなり焦りそうな気がします。

実は私、自動というのがあまり好きじゃありません。

窓もハンドルくるくる回すのが好きだったりします(笑)

ただ、電動だと思ったように操作できないだけなんですけどね(汗)


博

2012年12月21日 (金)

意識を変えることの難しさ

日付が変わる前に帰ることができるとちょっぴり嬉しく感じる今日この頃です。

というか、まともに帰っていないのですけどね(苦笑)

そんな状況は置いといて、ここ最近つくづく難しいなと感じているのがタイトルに書いたように「意識を変えること」です。

もちろん自分の意識ならすぐにでも変えることだってできますし、常に変化に対応できるように柔軟な考えをしているのですけど、同じような考えを持っている人なんてほとんどいないのだと思い知らせれるわけです。

でも、それをなんとか変えさせる必要があるわけで、どうやれば少しでも変えてもらえるのか苦労するのでした。

びっくりするような反応を示す人もいれば、こちらのヒントに気がついて自ら変えることができる人もいるのですけど、考えようとしない人はどうこちらが頑張っても変わるとは思えないままです。

それでも変えなきゃいけないので、爆弾でも落とすくらいの勢いが必要なのかもしれません。

さすがに今日は、もう少しで爆発しそうでしたけどね(笑)

頭痛い(涙)


博

2012年12月19日 (水)

「電池がどれでもライト」

タイトルはドラえもん風に読んでください(笑)

パナソニックが2013年1月25日より発売する日常だけでなく非常時にも役立つライトは、なんと単1から単4までの4種類の電池が使えるモノになっています。

従来、単1から単3までの3種類が使えるモノはあったのですけど、豆電球からLEDに変更することで単4まで対応できるようになったわけですね。

ライトに限らず、乾電池を使う製品で困るのは電池がどれに該当するかなのです。リモコンでよくあるのが単3かなと思ってたら単4だったり。もちろんその逆もあるわけです。

でも、どちらでも使えるとなると便利ですよね。

電池に取り付けるアダプタも売っていたりしますけど、最初からどのタイプでも使えるとなると非常時にはとても助かります。

ほんのちょっとしたひらめきから考えられた製品だと思いますけど、こういった製品は大歓迎ですね。


パナソニック、単四から単一まで使える「電池がどれでもライト」 - 家電Watch
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/news/20121218_579212.html


博

2012年12月17日 (月)

嬉しい言葉

一緒に仕事をしている女性スタッフから、「同じ職場にいてもらってどんなに気持ちが落ち着いていたかよくわかりました」と言われました。

私にとっては客先になる職場であるので、ただ当たり前に仕事をこなすだけなのですけど、そんなことを思われていたなんてこれっぽっちも気がついていませんでした。

これまで、私が担当しているときは「博さんで良かった」ということをよく耳にしてはいたのですけど、私にとっては真面目にかつ相手のことをしっかりと考えて仕事をしていただけで、なにか特別なことをしていたわけではありません。

安心して仕事をしていただけているということがこのような言葉になったのだと思うのですけど、少しでもそんなに思っていただけるなんて嬉しいですね。

いろいろと大変で苦労も多いのですけど、このような言葉を聞くと報われます。

感謝。


博

2012年12月15日 (土)

無理はいけませんね(汗)

休むわけにいかないのでなんとか無理やり仕事を続けているのですけど、さすがに身体のあちこちから悲鳴が聞こえてきます。

普段、痛くならないような部分まで痛くなったりしていて、このままでは入院生活に逆戻りしてもおかしくないんじゃないかと思うくらいです。

でも、そんなことをいっている余裕はなくて、とにかく山盛りというか次から次に押し寄せてくる仕事をやっつけていくしかないわけです。

いつになったらゆっくり休めるのでしょうか?

とりあえずホテルには帰っているのですけど、このブログを書いたらまた研修用の資料作成に逆戻りです。まぁ、ひとつは完成しているので少しはマシなんですけどね(苦笑)

考えたくないけど研修以外の資料作成だっていくつもあるし、試験の添削だってしなきゃいけないし、もちろん研修もしなきゃいけないし、発生したトラブルの原因追求と検証もしなきゃいけないやらで、本当にパーマンのコピーロボットが欲しいくらいです。

うーん、コピーロボットが何体くらい必要なのでしょうか?(笑)


博

2012年12月13日 (木)

疲労困ぱい

温泉宿で温泉に入ったくらいでは疲れもとれず、ついに限界となり死んだようになっていました。

とりあえず復活していますけどこれから先もいろいろと忙しい日々が待っているわけで、考えると目前の仕事がどれだけ多いのかゾッとするくらいです。

本来の仕事ができないばかりでなく、次から次に対応に追われてしまっている現状に、根本的な問題を解決しないかぎりこのままでは無理だろうなと思うのです。

事件は現場で起きている。

そんなドラマの言葉があったように、現場をわかっていないと話しにならないなとつくづく感じていますし、わかりやすく説明してもわかろうとしないようではどうしようもないわけです。

喉元まで出かかった言葉をのみ込むことがまたストレスとなったわけですけど、その言葉を発したら全てが終わってしまうので大人の対応をするしかなかったのでした。


博

2012年12月10日 (月)

『Skyfall』

あえてタイトルを原題で書かせていただいた。

ずいぶん久しぶりに映画館で映画を観てきたわけだけど、実は007シリーズを映画館で観たのは初めてだったりする。

ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドも初めてなわけで、どういった内容なのか全く知らないどころか予告編さえも観ることなく、ちょうど空いた時間を利用して映画館に飛び込んで観たのだった。

007というと最新鋭の秘密兵器を駆使している印象が強く、事実そういったシーンも出てくるしコンピュータもガンガン出てくるのだけど、この作品はとてもアナログな戦いであるなと感じたのでした。

王道のスパイ映画であり、王道の007。

それが『Skyfall』という50周年を記念する作品に仕上がったわけですね。

007が活躍するのは世界中の各地で、冒頭はトルコのイスタンブルだったりするわけで、ときにはあれっ?ということもよくあるのは過去の作品で知っているのですけど、この作品では「おっ!」というちょっとした驚きがありました。

こういった驚きにしても予告編などなにも観ていないから感じられたのでしょうから、今後もできるだけ予備知識なしに映画を楽しみたいですね。


博

2012年12月 8日 (土)

温泉宿

出張の際はホテルに泊まることになるのですけど、今回はあえて温泉宿を選択してみました。

とはいってもビジネスホテルに温泉が付いているといった程度の宿なので、本格的な温泉旅館とは大きく違います。

そんな温泉宿でもやはり温泉が付いていると嬉しいもので、昨日までの疲れた身体をやっと休めることができています。

正直なところいろんな出来事で心身ともにヘロヘロな状態が続いていたわけで、このままでは本当にまずいなとも感じていながらも自らテンションを上げてやっていたのです。

もうね、ありえないことばかり起きるとどうしてなのかなと不思議に思ってしまいます。

当たり前のことが当たり前にできていない現実にどうして陥っているのかなど、いろいろと考えてしまってますます眠れなくなったりするのです。

中央道笹子トンネルの崩落事故にしても打音検査が検査項目に入っていなかったなんてありえないわけで、あの構造物で打音検査ナシというのはリスク管理がまったくなされていないとしか思えません。

笹子トンネルのような換気方式は新鮮な空気と排気を分けているため、最も安定した換気が可能になる方法なのですけど、吊り天井という構造物のため老朽化により今回のような事故が起きてしまう可能性もあるわけです。

今後、飛行機のエンジンみたいな見た目のジェットファンが取り付けられることになると思いますけど、あれも吊り下げ構造のためにいつ落ちても不思議ではありません。実は、いつもあのジェットファンが落ちてこないかドキドキしながら走っているのでした。

もっとも、トンネルそのものが崩落することだってありえるわけで、そこまで考えているととてもトンネルなんか通れませんし、事故の発生を考えていると車を走らせることそのものもできなくなってしまいます。

じゃあ、どうやってリスクを低減するのかという話になってしまうのですけど、そんなことを考えて車を走らせている人なんてどれだけいるのだろうと思うのですね。

たぶん、なにも考えずに走っている人がほとんどでしょうね。

昨日、リスク管理の講師をしていたせいか、温泉宿でゆっくり温泉に入りながらもそんなことを考えていたのでした(苦笑)


博

2012年12月 7日 (金)

予想されていたとはいえ……

三陸沖で発生した地震は東日本大震災の余震として予想されていたとはいえ、再び大きな地震が発生すると怖いですね。

このタイミングで発生したことは、日本の政治に対しての戒めであるような気さえしますけど、もちろん関係性はありません。

実は今日、リスク管理についての講習会の講師をしていました。そんな講習会がまだ終了していない時間に地震発生の速報が入り、どよめきから状況確認へと慌ただしくなったのでした。

正直なところ、日本の政治はデタラメだと感じます。

その影響がいろんなところに見え隠れするだけに、遅々として進まない震災後の対応にいらだちさえおぼえるのです。

もっと優先してやるべきことがたくさんあるのに、政治家はいったいなにをやっているのでしょうか?

リスクだらけのまま意味不明の争いをやるのでしょうかね。

悲しすぎる現実です。


博

2012年12月 6日 (木)

もうやめてもいいんじゃないのかな

今年もルミナリエが始まりました。

正直なところ、もうやめてもいいんじゃないのかなと感じるのです。

震災当時の忌まわしい記憶を少しずつ忘れようとしている知人の話によると、ルミナリエが始まるたびにフラッシュバックするというのです。

このままずるずるといつまでも続くのでしょうか?


博

2012年12月 5日 (水)

ラムちゃんの電撃?

ラムちゃん募集(笑)という記事を書いたからか、思いっきり電撃だけくらいました(苦笑)

あたるもこんな感じに電撃をくらっていたのかと想像してみたのですけど、さすがに電撃は愛情表現であっても避けたいなと思うわけです。

ちょっぴり天然なラムちゃんなら本当に欲しいけど、鬼族用の料理はどうやっても食べられそうにないので、薄味だけどしっかり出汁のきいた美味しい料理を作ってくれるラムちゃんがいいですね。

そういえば、明石家さんまさんは理想の女性がラムちゃんと言っていたような記憶が……。

うーん、さんまさんとラムちゃんの争奪戦ですか。

電撃だけのラムちゃんはさんまさんに譲ります(笑)

電撃にはちょっとばかり息が止まったのでした。

ちょっぴり天然でエロいラムちゃん希望(笑)

ラムちゃん(山本梓)


博

2012年12月 4日 (火)

ふと欲しくなったモノ

疲れ過ぎて少しどこか変なところへ行っているような感じです。

それなのに、なぜか突然のようにカラフルなポータブルナビが欲しいと思ってしまったのでした(笑)

車用のゴリラであれば外観は黒一色でかまわないのですけど、旅ナビのように持ち運びを重視した機種であればちょっとオシャレでカラフルなのも欲しいですよね。

わかりやすく言うと iPod touch や iPod nano のように好きなカラーを選べるか、せめてカラフルなシェルで着せ替えができるようになって欲しいのです。

思い切って発売してくれませんか?(笑)


博

2012年12月 3日 (月)

ハードワークの影響?

大変忙しい日々となっているためか、体力的にかなりつらいことになっています。

ちょっぴり全身の節々が痛いなと感じていたら、どういうわけか突然のように口がちゃんと開けられないようになりました。これって額関節症という部類になってしまうのだろうか?

痛みは軽減してきたし、少しは開くようになったので食事などにはあまり影響がないのですけど、やはりスムーズに動かせないのは不便です。

原因がハッキリわかれば対処もできますけど、痛みも含めて原因不明というかハッキリしていないので、病院でもとりあえず薬を出しておきますというパターンで終わってしまいました。

うーん、なんとかゆっくり休めるようになりたいですねぇ。


博

2012年12月 1日 (土)

欲求不満?

仮眠していたら夢を見ていました。

ラムちゃんみたいな彼女が甘えてくるんですよ。

そのラムちゃんみたいな彼女、どこかで見たことがあるというレベルではなく、確実に過去の記憶そのものなんですね。

当時の記憶そのままに彼女が甘えてくるので、優しくぎゅっと抱きしめています。

どんなことがあっても優しく受け止めることしかできなかった記憶そのままに、ただびたすらぎゅっと抱きしめているだけです。

男と女ですからくっついていれば自然となるようになりますよね。

そんなリアルな夢を見てしまうのは、やはり彼女のことがどうしても忘れられないからなのでしょうか。

何度も忘れようとした彼女のことですけど、忘れようとすればするほど忘れられないことがわかったので、今は彼女とのとても幸せだった記憶をそっと受け止めています。

彼女と出会えて本当に幸せだった。

いろいろとあったけど、幸せだったことは変わることないし、これからだって変わることはない。

幸せに暮らしてくれているといいなぁ。


博

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »