お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

笑える応急処置

先日「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」が動作していないのが判明した所をふたたび通ったので再確認の意味でチェックしてみました。

すでに高速道路会社にはメールで動作していないことは伝えてあったのでどうなったのかなと確認の意味でチェックを前提に通ったわけです。もちろん仕事に行くために通るわけであって、わざわざチェックだけのために通ったりはしていませんよ(汗)

ということでETCカードを抜いた状態でアンテナに接近して行きました。今回はスピードもおさえてゆっくり確認できる状態です。とはいってもあっという間に通り過ぎてしまうわけですけどね。

接近しているときにすでに結果はわかりました。

なんと支柱の下寄りに付いているコントロールボックス?に大きく赤文字で「故障中」と貼り紙がしてあったのです(笑)

もちろんなんら反応はなく通過してしまったのですけど、「故障中」の貼り紙に意味があるのか笑ってしまったのです。

だって、そんな貼り紙していても気がつく人なんて私くらいしかいないでしょう。

とりあえず故障中ということはわかりました(笑)

もし、故障中だと気がついてもETCカードがきちんと入っているか確認する人なんてまずいないでしょう。

まぁ、利用者からの連絡があったので対応しないとということで貼り紙をしたのでしょうけど、どうせなら通行する誰からも見えるように「ETCカードは挿入していますか?」くらいの看板はほしいところです。

そもそも、「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」の存在をきちんと知っている人がどれだけいるのか疑問なんですけどね(苦笑)


博

2013年1月30日 (水)

びっくりイタリアン

「ソース沢山海老トマクリームパスタ」というのをたまたま寄ったセブンイレブンで買ってみました。

そういえば今までセブンイレブンでパスタを買ったことはなかったのですけど、ふとパスタを食べたくなったのですね。そこで見た目がとても良かった「ソース沢山海老トマクリームパスタ」を選んだというわけです。

まずは一緒に買っておいたサラダを食べて少し落ち着いたところでパスタを温め、レンジから取り出したときにまずびっくり。なんだかとっても濃厚そうな香りが食欲をそそるのです。

ただ見た目が良かったから買っただけで味なんて期待していません。だって所詮コンビニの商品じゃないですか。温まったパスタを食べようと蓋を取ってみると、さらに美味しそうな香りが食欲を刺激してくれます。

それでもあまり期待せずにソースをよくからめて一口食べてみると、びっくりするほど美味しいではないですか。濃厚なソースをしっかりとからめて食べながら、コンビニのパスタってこんなに美味しかったんだとふたたびびっくりです。

これ、ちゃんとしたイタリアンのお店でさりげなく出されてもコンビニの商品だと気がつかないかもしれません。それくらい美味しいと感じたセブンイレブンのパスタ初体験でした。

ニンニクもしっかりきいているので、あまったソースはフランスパンにつけて食べると美味しいことでしょうね。残念ながらフランスパンがなかったからソースをできるだけ残さないように食べたけどね(笑)


博

2013年1月29日 (火)

過ち

人間は過ちを犯すものだという認識を持って生きている人はどれほどいらっしゃるのでしょうか?

ほんのちょっとした愛嬌のある失敗から、それこそ人の生死にかかわる大きな失敗まで、限りなく広い範囲で過ちが繰り返されていると思います。

だからこそ同じ失敗を繰り返さないように学んでいるはずなのに、どういうわけか同じような失敗を繰り返すことがあります。

最近、体罰が大きな問題になっていますよね。

知人から相談を受けたので話しをしっかり聞いていると、どうやら部活でコーチから体罰を受けている子どもたちがいるとのこと。

実際にその場を見たわけではないので本当に体罰があったのかどうかはわかりませんけど、話しの内容からいくと明らかに変だと思える指導の仕方なのです。

指導する立場の人間が大きな過ちを犯してしまうということは、それがどれだけ子どもたちの心に大きな傷をつけてしまうのか理解できていないからでしょうね。

先生と生徒の関係だけでなく、上司と部下の関係でも同じようなことは起きています。

どうしようもないほどあきれてしまう上司には、部下の心の痛みなどわからないのでしょうね。

少なくとも、私は同じような過ちを犯さないようにしないとね。


博

2013年1月28日 (月)

ETCカード未挿入お知らせアンテナ

最近は料金所の少し手前に「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」が設置されていて、ETCカードを挿入していないと「カードが挿入されていません」といったお知らせをしてくれます。

これはETCカードの挿入忘れでETCゲートに進入しゲートが開かないというトラブルを防止するためですけど、肝心の「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」が動作していないこともあるので注意が必要です。

というのも、いつもETCカードの挿入を確認して走り出すので普段はなんら問題ないのですけど、ふと、ETCカードを入れないでチェックしようと思ったのですね。

よく通る場所なのでどこにアンテナが設置されているのかも知っているだけに、最悪のパターンも考えた上で未挿入のまま走行してみると、なんとなんら反応ナシという状態。

すかさずETCカードを挿入してなんら問題なくゲートを通行したのだけど、本当に挿入忘れだったらゲートは開かないままで、思いっきり迷惑をかけてしまうことになりますよね。

いやはや、なんとなく気になってチェックしたつもりが本当に動作していないのにはビックリ。他の場所ではきちんと動作していたので、そのアンテナだけが動作していないのは間違いありません。

以前はきちんと動作していただけに、故障かなにかでしょうか?

こんなこともあるので、「ETCカード未挿入お知らせアンテナ」の下を通過してなにも警告がなくても安心してはいけませんね。

明日にでも連絡してきちんと動作させてもらわないとね。


博

2013年1月27日 (日)

ゴルフ7

最近、ゴルフ7の試乗記を目にする機会が増えた。

そろそろゴルフ4ワゴンから買い替えを真剣に検討する時期に入ってきただけに、ゴルフ7の試乗記はどうしても気になってしまう。

それがなぜなのかというと、あまりにもゴルフ7の出来が良いからだったりする。

こんな車を作られてしまうとフランス車がとってもチープに見えてしまうし、品質もまだまだ遠いところにいるなと感じてしまう。

これに対抗できる車となると、同クラスでは思いつく車がない。

同じプラットフォーム採用しているアウディA3は除外するとしても、メートル原器のようなゴルフを作られてしまっては太刀打ちできるわけがないのだ。

プジョーやシトロエンが頑張っても、そして日本の各メーカーが頑張っても、ゴルフに追いつくことはできないのだろう。

実用性を重視して原器となるゴルフを選ぶのか、それとも遊び心を優先するのか、ますます悩むことになるのだけどその基準があまりにも高い。


博

2013年1月26日 (土)

夢の中の彼女

どうしてこんな夢なのかなと不思議な気持ちで目が覚めた。

何年前だろうか?

最後に逢ったあの日とは明らかに違う状況なのに、なぜか同じように一緒にいるのが不思議です。

私を試しているのでしょうか?

眠ろうとしている私にふんわりと優しくキスをしてくるなんて意地悪です。

私としてはあの日と同じように冷静に話しを聞くつもりで逢ったのに、やはりあの日と同じように……。

でもね、あの日もそうだったけどやはりとてもつらかった。

大好きな彼女だからこそ大切にしたいわけで、一緒にベッドに入っていても抱きたいとは思わないのだ。

いや、本当はいっぱい抱きしめて離したくなかった。

でもそうすることで彼女を苦しめるような気がしたし、同時に私自身も苦しくなってしまうような気がしていたのだ。

逢う前から帰りの新幹線の時間も調べ、ホテルで帰りの時間をさりげなく伝えていたのも現実にしたことと同じ。

あれからもうずっと逢っていないのだけど、今だったら本当にゆっくり話しを聞いてあげられることだろう。

でも、もうそんな必要もないのだろうね。


博

2013年1月24日 (木)

ドコモ2013年春モデル

ちらっと見てみると本当に発売しちゃうんだと感じた機種もある。

それを実際に買うかと問われると「買わない」という結論に達してしまうのだけど、いろいろと頑張っているのだなというのは伝わってくる。

でもドコモの場合、サービスも含めて本当にユーザが求めていることなの?と疑問に思うことが多い。

もし長年のドコモユーザでなかったとしたらとっくに別のキャリアに変更しているだろうなと思うくらいだし、ドコモのいろいろなサービスを積極的に使いたいとは思ったことは一度もない。

なんというのかな、ひとりよがりという感じしかしないことが多く、いろいろな機能が付いていたとしても使うことはほとんどないわけで、せっかくの製品も力を持て余しているとしか思わない。

あれもこれもできますではなく、アップルのように機能を限定してとにかくシンプルでブレない使いやすさを追求してくれないかなと思うのです。アップルがブレているからこそね。

現在のスマートフォンは、どう転んでも使いやすいとは言えない。

本当の使いやすさとはなんなのか、そしてどうあるべきか、きちんと考えてくれたらいいのに……。


新製品一覧 | 2013 SPRING COLLECTION | 製品 | NTTドコモ
http://www.nttdocomo.co.jp/product/2013_spring_feature/lineup/


博

2013年1月23日 (水)

HR-V

先日の記事に書いたホンダの HR-V の画像を探してみました。

まんまこの色の HR-V が欲しくなっていたので、なんだかとっても懐かしい感じです。

HONDA HR-V
(画像クリックで拡大)

HONDA HR-V
(画像クリックで拡大)

こうやって見ると実にスッキリとシンプルなスタイルですね。それでも他車には見られない独特の雰囲気を持っていますよね。

改めて見てみるとまた欲しくなってしまいました(笑)

このままでいいので、また発売してくれませんかねぇ。

間違いなくなにも考えずに買ってしまいますよ(笑)


HR-V(FACT BOOK)
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/HR-V/19980921/index.html


博

2013年1月22日 (火)

『Ted』

テッド』(原題:Ted

1月18日に公開されたこ映画、私が映画好きだということもありお誘いがあったので観に行ってきました。

お誘いをいただいたのは可愛いのが好きな女性。「テディベアが人間みたいに動くし喋るのが可愛いくてどうしても観たいので一緒に行ってください」とおっしゃるし、それを断る理由も思いつかなかったので行ったしだいです。

ふたりとも字幕で観たいという意見が一致していたので迷うことなく字幕版を選択したのですけど、ぶっちゃけ、字幕翻訳があまりにもひどくて英語で笑いながらも字幕で冷めてしまうような、なんとも微妙な感じに終わってしまいました。

いっそ、字幕がまったくなかったらよかった。

たぶん、日本語吹き替えの翻訳も似たようなものだと思うので、字幕を読んで映画を楽しんでいる人や、吹き替えで観た人はあまり意味が通じずになかなか笑えなかったのではないでしょうか。

ラブコメが大好きで可愛いクマを楽しみにしていた可愛らしい連れの女性には申し訳ないほどオバカ映画まっしぐらだし、下品なシーンもたくさん出てくるのでオバカ映画が好きな私としてもかなり微妙な空気の中での観賞となり、字幕のこともあって笑うに笑えなかったのです。

ほぼ満席といった状態の場内もほとんど笑いが起きないほどで、笑いが起きたとしてもほとんど失笑といった感じの笑い。一度だけ全員が笑ったのではないかなというシーンもありましたけど、日本人には笑えないシーンばかりです。

それでも、私にとってはいろんな映画のパロディーやアメリカの人種や宗教問題、ブラックジョークがしっかりわかっていたので心の中ではかなり笑っていたのですけど、そのまま笑っていられる空気ではなかったわけです。

もし私だけ笑っていたら、周囲の人たちから「なんだこいつ?」なんて思われてしまったでしょうね。つい、吹き出しそうになったシーンでもぐっと我慢していたのでなんとか変なヤツの扱いはされなかったようですけど。

映画を観る前に食事を済ませていたので、映画のあとに気まずい空気のまま食事をすることにならなくて助かりました。もし逆の選択をしていたら気まずい空気の中で食事がまずくなってしまうか、それとも食事なしでそのまま帰ってしまうことになったでしょうね。

それでも、映画のあとはコーヒーを飲みながら「オバカ全開だったね」や「あまり意味がわからなかった」といった会話はしてきました。あちこちのシーンを思い出しては解説という役回りをお願いされたので意味のわかる日本語訳をしてあげたら「そうだったんだ」なんてことになって苦笑。

耳が聴こえなくて仕方なく字幕で映画を楽しんでいらっしゃる人も多いのだから、きちんと意味のわかる日本語訳をして欲しいものです。

この映画、自宅で楽しむのが正解かもしれません。


博

2013年1月18日 (金)

悲しい自販機

夜、どうしても喉が渇いたので近くの自販機へ。

スカッとした気分になりたかったのでコーラを買ったまではよかったのだけど、お釣りがどんどん出てくる音がする。

やけに枚数が多いんじゃない?

そう思ってお釣りを取り出すと五十円硬貨ばかり。

すべて五十円硬貨で出てきたことなんてこれまで経験がないだけに、どうしたものかとしばらく考えてしまった。

結局、その五十円硬貨は小銭入れに入れるしかなく、なんだかなぁ、と思いながら膨らんだ小銭入れを見つめるのだった。

ひたすら十円硬貨で出てこなかっただけマシだということにしておこう。


博

2013年1月17日 (木)

iPad mini を使ってみた

仕事関係の人が iPad mini を購入されていた。

iPad や iPod touch を使っている者としては目新しさはなにもないのだけど、持ってみて軽いというのが一番のポイントのように感じた。

ぶっちゃけ、iPad が iPad mini くらいの軽さになって欲しい。

せめて、500g 程度にはなって欲しいところだ。

そんなことを考えていると新しい iPad を買う気にもならず、そして iPad mini もまだ入手せずにいるのが当然のように思えてきた。

iPhone 5 にも魅力を感じない。

ということは、このままアップル製品と疎遠になっていくのだろうか?

いやいや、アップルにはもっと頑張って欲しいのだけどな。


博

2013年1月16日 (水)

ホンダの車

私が初めて自分の車を持ったのはホンダ車だった。

技術的に優れていると感じたし、なるほどと思わせる広告も良かったように記憶している。

最近、N BOX や N-ONE で頑張っているようだけど、全体で見るとちょっと寂しいなと感じる。

そんなホンダ車でこれまで欲しいと思ったのはダントツで HR-V だった。

もちろん3ドアモデル。

なんというのかな、すごーくシャープな SUV であり、割り切りにセンスの良さも感じていたくらいなのだけど、5ドアモデルも含めて日本ではあまりパッとしなかったように思う。

デザイン的に5ドアモデルはバランスが悪く残念で欲しいとも思わなかったのだけど、3ドアモデルはずっと気になったままモデル廃止されるまでちらちら見ていたのを覚えている。

もし、今この時代に発売されたとしたら CX-5 を横目で見ながら買ってしまうだろうなと思う。

でも、最近はこのような割り切りのある車を見ることがない。

使い勝手が少しくらい悪かろうが、デザインだけでも十分に好きになれる数少ない車だったのではなかろうか。


博

2013年1月15日 (火)

欲しくなる車とならない車

ずっと輸入車ばかり乗り継いでいるので、次も輸入車を買うだろうと思うのですけど、唯一欲しくなっている日本車があります。

それは新型クラウン。

いやいや、こっちは欲しくない方だった(汗)

新型クラウンはアスリートとロイヤルのどちらにしてもグリルのデザインが醜いといった評価が多いようですけど、私はそんなに悪くないと思うのですよね。

ただね、何年もずっと遅れてきたヨーロッパ車みたいなグリルを付けてしまっただけでなく、全体のバランスがとにかく悪くて、しょぼーい!!!!!!と思ってしまったのですね。

なんだかね、威風堂々としたクラウンらしさが微塵も感じられないのです。

きっと、売れ行きが低下するばかりのクラウンのイメージをなんとか良い方向に復活させたいんだと思う。

そのためには、小手先の勝負に出てもダメなんだよ。

クラウンを乗り継いできた人たち、そして欲しいと思う人たちは、やはりクラウンの威風堂々とした風格がいいなと思うわけで、しょぼーいクラウンなんて欲しいとは思わないのです。

変にカッコつけようとして失敗しちゃった。

そんな感じにしか思えないので、今後は、ロイヤルだけでなくアスリートやマジェスタと増えてしまった意味のわからない派生車種を廃止して、これがトヨタのクラウンなんだよと胸を張って言える、そして買えるのを出しましょうね。

私がクラウンを欲しい、そう言ってしまうくらい魅力あるクラウンを出してくれないかな。

話しは最初に戻って欲しくなっている車とは

CX-5

デザインが好きかと言われるとそうでもない(苦笑)

どちらかというと好みからはちょっと外れてるくらい。

でもね、チーターが獲物を狙って力を溜めて飛び掛る一瞬などと表現されているデザインはきちんとまとまりがあって悪くはないと思う。

たまに CX-5 のすぐ後ろを走ることがあるのだけど、後ろ姿が好きになれない日本車が多い中で CX-5 は見ていて飽きない。

なんというのかな、安心感があるというか、信頼感があるというか、真面目に作ったなと感じるのですね。

だからなのか、CX-5 だったらずっと乗り続けてもいいかなと思う。

もちろん、走る、曲がる、止まるの車として一番大切な要素がしっかりしているからなのだけど、そうではない日本車ばかりなこともあって、やっと日本車であってもこんなきちんとした車を作ってくれたんだと嬉しくなっていることもあるのでしょうね。

それでも残念なところはあるんですよ。

それは、真面目に作り過ぎたこと。

もし、前後やステアリングのマークをフォルクスワーゲンのマークに付け替えてしまったとしたら、そのままフォルクスワーゲン車として通用してしまいそうなくらい真面目だということ。

どこか、ついニヤッとしてしまうところが欲しかったかな。


博

2013年1月14日 (月)

ソウル

以前、韓国に行こうと考えたことがあった。

あのときは二人で日本を脱出してみたかったのかもしれない。

でも、実現することなく終わってしまったことは残念だった。

最近、ソウルに行こうかなと考えているときがある。

実際にはソウルを中心としてかなり遠くにも行ってみたいのだけど、そのためには時間も必要だし、それなりの費用も必要になってしまう。

問題は時間。

費用はどうにでもなるのだけど、時間だけはどうにもならず、思い切って旅立つ気にもならない。

ちょうど、じゃらんの限定プランがあったのでそれを利用すると時間も無理やり作ってなんとかなりそうな感じではある。

ただね、ひとりで行ってもつまらないよね(苦笑)

一緒に行ってくれる人でもいればいいんだけど……。

韓国語のちょっとした会話くらいならできるんだけどなぁ。


博

2013年1月12日 (土)

CamiApp と SHOT NOTE を使い分ける

CamiApp」に続いて「SHOT NOTE」も入手し使い比べています。

結論からいくと、ツインリングメモのA7サイズでの比較だと「SHOT NOTE」の方が使い勝手がよく、これからメインで使っていくことになります。

その理由は、操作が直感的にできるようになっていることと、撮影から表示までの時間が圧倒的に短いということです。「SHOT NOTE」は2秒くらいで表示されるのに対し、「CamiApp」は2秒くらいしてから処理中と表示され、そのあと10秒以上も経ってからやっと表示されるような状態です。

さすがにこの差は大きくて、ささっと終わらせたいメモなのにすごーく長い時間がかかっているように感じるのです。これではさすがに気持ち良く使うこともできず、アプリを改善して「SHOT NOTE」に劣らないようにして欲しいものです。

じゃあ、「CamiApp」がダメなのかというとそうではなく、黒バックに白い用紙を置きさえすれば専用紙ではなくてもきちんと表示できるので、A4用紙に印刷された文書などを読み込むのにはとてもいいなということで今後はこの用途に使ってみるつもりです。

ただ、せっかくの優れた機能であるアクションマーカーがなぜ下図左側のパターンなのか悩むのです。中央の赤枠内に作ったパターンの方がわかりやすくていいと思うのですよ。

アクションマーカー

それはなぜかって?

誰もが学んだことのある二進数を思い出してもらうとわかりますよね。もし、左側のようにメーカーが設定した場合であっても、1と2をプラスしたら3になることくらいは考えて欲しかったな。そうするだけでアクションマーカーはずっと使いやすくなっただろうにね。

両者を使い比べて感じたのは、「SHOT NOTE」はメモ向きということであり、「CamiApp」はどちらかというとノート向きじゃないかなということ。もちろんこれに根拠はなく、あくまでも私がちょっとばかり使ってみて感じたことなので、実際に使う人によって違った感想になることは避けられません。

こんなところですけど、使っていくうちにまた違った感想になるかもしれませんね。


博

2013年1月10日 (木)

SHOT NOTE を使ってみる

昨日、「CamiApp」について書いたばかりですけど、今日は「SHOT NOTE」が入手できたので書いてみます。

ぶっちゃけ、「CamiApp」は期待外れだったので、やはり最初から欲しいと思っていた「SHOT NOTE」にしておくべきだったと思っています。

昨日のうちに両者のアプリをダウンロードしていたのでさっそく両者の比較をできるのですけど、比較するまでもなく「CamiApp」と頭の中にあるイメージが合わず、これでは使い物にならないなといった状況だったのです。

たまたまイオンに寄ったところ「SHOT NOTE」ツインリングメモのA7サイズを入手できたので、比較条件としては同じようなものです。

細かく比較するとそれぞれのメリットが見えてくるのですけど、「SHOT NOTE」の大きなメリットは撮影から表示までの時間の短さでしょうか。

手軽に撮って保存という目的には「SHOT NOTE」が向いているようで、読み取り方式の違いと使い勝手は「SHOT NOTE」の方が好感触です。

いろいろと使い込んでみるとそれぞれのメリットやデメリットがハッキリしてくるでしょうから、しばらく使い比べてみたいと思います。


博

2013年1月 9日 (水)

CamiApp を使ってみる

バリバリのデジタル人間だとよく思われているのですけど、実はかなりのアナログ人間だったりするんですよ。

たぶん、デジタル人間だと思われるのはコンピュータに詳しいし、プログラムだって書くこともあるし、もちろんいろいろと使いこなしているからなのでしょうけど、それだけでなくいろいろと設計していることなんかもあるのでしょうね。

そう考えるとデジタル人間だという気が自分でもするのですけど、感覚的には完全にアナログ人間であり、コンピュータを使うにもアナログ的な使い勝手が良くないとダメだったりするんですね。なんというのかな、自分の頭の中にあるふわっとした曖昧なイメージとどれだけ合致するのかが大切だったりします。

そのイメージに見事なくらい合致しないのが Microsoft の Windows や Office だったりするわけで、仕事で嫌でも使うとはいってもプライベートでは絶対に使いたくないなと思うのです。それでも使わないわけにはいかないから Boot CampVMware Fusion を利用して使っていますけどね(苦笑)

そんな感覚の持ち主である私のメモはこれまでずっと紙に手書きというものでしたし、今後も変えるつもりは全くありません。

でもね、紙のメモって持っていないと意味がないわけで、仕事が終わって帰り着いたあと、「あのメモに書いてた詳細はどうだったっけ?」と自問自答することもあったわけです。

まぁ、そんなに急ぐこともなければ絶対になければ困るという内容でもないのでこれまで不自由していなかったのですけど、携帯もスマートフォンにしていることなので、アナログなメモをもっと活用できるようにしようと考えたわけです。

急な思いつきなので入手したのは近くのホームセンターに売っていたコクヨの「CamiApp」の中でもツインリングメモのA7サイズのモノ。売っていたのはこれしかなかったのですけど、これまで使っているメモもこのくらいのサイズだったのでちょうど良かったりします。

まだメモを買って、アプリをダウンロードしたばかりなので、使い勝手などどうなのかなと疑問に思うことばかりだったりしますけど、もし使い勝手が悪くても紙に書いたメモを撮影してデータ化するというのは続けてみようと考えています。

正直なところ、キングジムの「SHOT NOTE」が欲しかったのですけど、こちらは売っていなかったのでとりあえずコクヨの「CamiApp」を買ったというわけだったりします(汗)

そのうち、キングジムの「SHOT NOTE」も買って使い勝手を比べたりするんでしょうね(笑)


博

2013年1月 8日 (火)

心の病

対人関係のトラブルから精神的に病んでしまっている人と接している。

仕事の関係者でありサポートする立場にあるのでこれまでの経験からとにかく無理しないでおくように伝えているのだけど、病んでしまった原因が簡単に取り除けない状況だけにサポートするにしてもかなり難しい。

不器用だけど真面目な人なのでずっと頑張って仕事をされていたのだけど、一方的な圧力にだんだんと恐怖を覚えるようになり、ついにはどうしようもないところまできてしまっていたようだ。

私もあるとき、どうしようもないところまで落ちてしまったことがある。

だから少しはどんな精神状態なのかわかるし接し方もわかるのだけど、私が優しくサポートすればよいというわけでもなく、優しくされることが重荷になってしまうことだってある。

過去に、大きな失敗をしたことがある。

今考えると、あのときは冷静なつもりでも必死になっていたように思う。

大好きでどうしようもない相手だったので、上手に距離を保てなかったのだろう。

そんな反省を少しでも生かし、さりげなくサポートできたらいいのかもしれない。

そして、心の病からいつか脱出してくれることを信じてみよう。


博

2013年1月 7日 (月)

七草がゆを食してみた

大晦日に年越しそばを食べられなかったので、昨夜は年明けそばということにしてそばを食べたのは記事にしたとおり。

そして今日は、五節句のひとつ「人日」である1月7日なので夜にはなってしまったけど「七草がゆ」を食してみました。

仕事が終わったのが22時を過ぎていたので、それから食べるにしても七草がゆは適切なのかなと思ったわけです。

本当だったらきちんと朝から自分で作ればよいのでしょうけど、さすがにそんな時間も材料をそろえることも無理だとわかっているので、仕事帰りにたぶん置いてあるだろうと予想したセブンイレブンに寄って買ったわけです。

ちょうど1年前、七草がゆの記事を書いていたのですけど、あえて「食文化」を大切にする意味でも書いているのです。

新しい料理がどんどん入り込んでくる世の中で、昔ながらの食文化を守ることもやはり大切なことではないかと思うのですね。

普段、ろくなものを食べていないからこそ習慣や伝統を少しでも意識して、もちろん身体に優しい食も意識して、あえて七草がゆを選んだのでした。

最近はB級グルメが全国的なイベントとなり賑わっていますけど、私はB級グルメという呼び方もイベントのあり方も好きではありません。

私が思うには、食にランクなんかありません。

食べる人が美味しいと感じ、満足できるかどうかだけです。

高級料理であっても美味しいと感じないことだってありますし、ほうれん草のおひたしがとっても美味しく大満足だって感じることもあります。

だから、B級グルメといった呼び方はやめて、そして競うようなこともせず、素直に美味しいものを美味しく食べられるものにして欲しいなと思うのです。

食文化としていつまでも残る形に変化できるといいですね。

セブンイレブンの七草がゆ、しっかり満足させていただきました。

おごちそうさまでした。


博

2013年1月 6日 (日)

年明けそば(笑)

大晦日の晩に年越しそばを食べていなかったなと思い、今頃になって年明けそばとして食べています。

最近は「年明けうどん」と称して正月における新たな経済効果を狙った展開がされていますけど、もっちりしたうどんが好きな私にとっては讃岐うどん業界を中心としたこの商業的なイベントにはどうしてものっかる気分になれないのです。

それより、雑煮やぜんざいを食べる方が好きだし、年明けであってもうどんよりそばだなということもあって今夜はそばとなったわけです。

時代の移り変わりとともに文化も変化していくのだとは思いますけど、古き良き文化は大切にしたいなといつも思うのです。

だからあえてそば。

うどん業界ももう少し文化を大切にしたらいいんじゃないのかな。


博

2013年1月 5日 (土)

優しくできないのかなぁ?

なんでも優しくすればよいというわけではありません。

でも、優しくしていると相手も優しくなってお互いに思いやりの気持ちが生まれたりして、良い方向への相乗効果が発揮されるように思うのです。

日本人として生まれてよかったと思うのはふとした優しさに触れたときで、その優しさを忘れず私自身も同じように優しくできるように努力しようと思うことなんですね。

でもね、だんだんと日本人の優しさも失われてきているのかなと感じることが多くなっているのが残念なところです。

お店でやたらと大きな声を出してというか怒って店員さんに殴りかかろうかとしている人を見かけることが何度もありました。

聞こえてくるやり取りから判断すると一方的で理不尽なクレームでしかなかったりするのです。

昔はこんな人を見かけることはなかったのにと思うのだけど、最近は見かける機会がとても多くなってしまっているのですね。

凄くギスギスした世の中になってしまったのだな……。

どうしてこんなことになってしまったのだろうか?

書いているといくらでも長くなってしまいそうなのであえてこの辺りでやめておくけど、その原因は人間が不完全な存在であることを認めなかったり、一切の妥協を許さないようなことになっているからではないかと思っている。

心に余裕を持てないまま形だけ理想論を述べても、それは絵に描いた餅でしかない。

ただ焼くだけでもいい。

美味しいと感じられる餅を提供できるのか、それが大切なことではないだろうか。

黙って美味しい餅を提供できますか?


博

2013年1月 4日 (金)

先祖をたどる

ふとしたキッカケで先祖をたどることになったのですけど、どんどんたどっていくとなんと奈良時代にまで到達していました。

以前から武家の系統だということは聞いて知っていたのですけど、やっぱりそこかというところにたどり着いたわけです。

たぶん、私の名字を書いてしまうと誰もがすぐにわかるくらいメジャーな人物が出てくることになるので、ここで書くのはさすがにまずいかなと思うほどです。

こうやって先祖をたどることができるのは少なくとも嬉しくあるわけですけど、武人としての活躍とその裏側にあるものを考えると複雑な心境になってしまうのです。

いつか、先祖をたどる旅をしたいと考えていたので、ハッキリしたなにかがあるというのはとても助かります。


博

2013年1月 3日 (木)

ドコモと決別の年になるのかな?

ドコモって会社は、ユーザが何を欲しているのかわかっていないようですね。

これでは流出が止まらないのも当然で、そろそろ私も他に移行しようかなと少しは考えるようになってきました。もちろんソフトバンクへの移行は絶対にありえないわけですけどね(笑)

長年のドコモユーザとして思うことは、ぶっちゃけドコモのサービスなんて必要ないです。

ドコモとしては垂直統合型のサービスを展開したいのでしょうけど、ドコモユーザが欲しているのはそんなサービスではなくて、ドコモとしての回線品質であり、圧倒的なエリアの広さだと思うのですね。

少なくともドコモに韓国製品や韓国製OSは求めていません。

それに、ドコモにAmazonや楽天のようなサービスも求めていません。

私としてはおサイフケータイ対応のiPhoneをドコモから発売してくれればいいわけで、あとのサービスは自分で使いやすいモノを選びたいのです。

あくまでもドコモユーザの一人としての意見ですけど、同じように考えている人はかなり多いのですよ。

せめてね、日本のメーカーを大切にしてくれたらまだいいんだけどね。

頑張ってSHを使い続けているのだからiPhoneを凌駕する端末を出してくれると嬉しいかも。

いや、機能的にはiPhoneを追い越しているのだけど、iPhoneの使い勝手に負けている部分がどうしても使いづらくていけません。それはAndroidに問題があるのだけどね。

そうそう、いい加減に縛りなんてのもやめてくれないかねぇ。

それと、長期ユーザをちっとも大切にしないなんてどういうつもりなんだろう?

えっと、結論としてはドコモはガラケー(フィーチャーフォン)に戻して、別にiPhoneを入手しようかな。

というか、最初からこう考えていたとおりにすればよかったかも(苦笑)


博

2013年1月 1日 (火)

続きは web で……

元日からなぜかホテルに帰り着いたのが23時を過ぎています(涙)

予定では夕方には終わってゆったりした時間を過ごすつもりでしたけど、どういうわけかこんな調子なんですよね。

それに、明日も早くから仕事しなきゃいけないのでブログをゆっくり書いているわけにもいかないのです。

うーん、いったいどうなっちゃっているのでしょうか?

ぶっちゃけ、リセットしたい気分です。

年末年始くらいゆっくりと過ごせる世の中になってほしいものです。

そうそう、おとといの夜にマックスバリュに買い出しに行ってみたら一人か二人用くらいのおせちが売っていてビックリしました。

これじゃわざわざおせちを作るまでもないし、私のようにホテルでさみしく新年を迎えている人であってもおせちが食べられるなんて凄いです。

いやいや、本当にこんなことでいいのか?

なんだか違うよなぁ……。


博

あけましておめでとうございます

さっそくこれから仕事なので、ゆっくり書いている時間はありません(汗)

今年こそは思っていることをきちんと実行できる時間を作りたいものです。

いろいろと書きたいことはありますけど、

続きは web で……

いやいや、今夜にでも(笑)


博

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »