お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

最近ちょっと困ったこと

このブログがどれだけの人たちに読まれているのか把握していませんけど、ゴリラ用オービスデータを公開していることもあり、それなりの数はあるのだと思います。

そして、嬉しくないことにスパムコメントがやたら付くようになってしまったのです。

そんな不要なコメントはすぐに削除していますし、それ以前にコメントは承認制としているので皆さまの目にふれることはないわけで、スパムコメントとしてもまったく意味をなしていないのです。

だから、無意味なスパムコメントをやめてくれると助かりますけど、ここに書いてもやめることはないでしょうね。

スパムコメントは英文だということもあって読むこともなく削除しているので、どこの国のどんな人が何を目的でコメントしているのかまったく知りません。

きっとどこかの怪しい通販サイトへの誘導なんだと思うのですけど、石橋を叩いても渡らないくらいの私が幼稚な手にひっかかることはないのです。

残念ですけど、スパムコメントはまったく意味をなさないからね。

ちなみに、スパム対策はしているので実際に手動で消す作業が発生することはほとんどなく、勝手にスパムと分類されているのでわざわざ確認しないと気がつかないままだったりします(笑)


博

2013年2月27日 (水)

報道の違和感

エジプトで発生した熱気球の事故、日本のニュースでは「日本人4人死亡」となっていることが多い。

だけど、あくまでも「日本人4人を含む19人死亡」であって、日本人4人だけが亡くなったわけではないのだ。

報道番組のはずが、なぜか娯楽番組のようになってしまったものは多い。

そんな番組の中であっても「日本人4人死亡」という報道はやはり違和感を持ってしまうわけで、判明している正しい情報をそのまま伝えてくれるだけでいいのにと思ってしまう。

タレントやわけのわからないコメンテーターと呼ばれる人たちのどうしようもないコメントなんかいらない。

日本のテレビ番組がおもしろくなくなったと言われてもう随分と時間が経ってしまったのだけど、それはやはり質の低下があまりにもひどいからだと思う。

タレントを使った報道番組なんて見たいと思わない。

安易に視聴率を稼ぐのではなく、しっかりした内容の番組を作ったら視聴率が良かったというようにならないとダメ。

池上彰さんがわかりやすく解説される番組のように、きちんとした裏付けがあってこそ視聴者に正しく届くのであって、昨日と今日は別のことを平気で言うようなタレントは害でしかない。

私の仕事でも同じ。やはりきちんとした裏付けをとらないことには解説もできないわけで、安易に表面上だけ繕ってしまう人にはかなりの違和感があるのだ。

本質を見抜けない組織の体質もどうかと思うけどね(苦笑)


博

2013年2月25日 (月)

油断大敵

今年は目にきた花粉症が、ついに鼻にもきてしまいました(涙)

もしかすると今年は鼻は大丈夫なのかもと少し期待をしていたのですけど、そんなに甘い考えが通用するわけもありませんね。

もしかすると中国のPM2.5の影響かもしれません。

中国からの黄砂だけでなくPM2.5までもとなれば、日本は大丈夫なのでしょうか?

なんとか中国の環境を改善してほしいものですね。


博

2013年2月24日 (日)

誕生日おめでとう

出会ってからもうずいぶんと過ぎてしまったね。

温泉宿で誕生日のお祝いをしてからもう5年が経っているのに、昨日のことのように覚えているのが不思議。

「もし」というのがあったとしたら、一緒にどこに旅をするか考えたあとにさりげなくサプライズも準備しておき、当日の嬉しそうな顔を見てまた喜んでしまうのだろうな。

美味しいものを食べて、ゆっくり温泉に入ってというのはやっぱり幸せだよね。


博

2013年2月23日 (土)

ゴキブリみたいな車

とっくに絶滅したと思っていたゴキブリみたいな車が元気に走っていた(笑)

たぶん、車が好きな人であればゴキブリみたいな車だと聞いただけであれかってわかるのかも。

コンパクトな車体にガルウイングを採用していたことから、触覚さえ付ければゴキブリそのまんまだと思ったことは一度や二度ではありません。

どうしてこんな車を作ったのかな?

技術的に努力はしているのだろうけど、デザインは冴えないし、やっぱりゴキブリみたいで乗りたいとはちっとも思わないんだよね。

もし、あえてゴキブリを意識して作っていたとしたら、私はその作戦にまんまとハマったとも言えますね(苦笑)


博

2013年2月22日 (金)

今度は花粉症?

めちゃくちゃ目が痒くなるし涙ボロボロでいけません。

鼻水タラタラがないだけマシなんですけど、集中力がまったくなくなるのはどちらも同じようなものです。

スッキリした体調になれる日がくるのでしょうか?


博

2013年2月21日 (木)

気持ち悪い(涙)

どうしようもない吐き気に襲われています。

深呼吸をすると左胸が激しく痛むしで、まともじゃないのは病院に行かなくてもわかります。

痛みはなんとか我慢できるのですけど、吐き気だけはいけません。

あー、明日は病院行きだな。


博

2013年2月20日 (水)

Mercedes W121 190

たぶん1960年頃の車だと思います。

実走しているのを見るのが初めてなのはもちろん、展示車でも見たことがなかったのでいろいろと驚きの連続でした。

かなり年配の男性がスーツを着て運転されていたので、購入されてから今までずっと大切にしてこられたのだろうなと思える雰囲気で、車のことがよくわからないだろうという人たちまで見ていました。

時代を感じさせるデザインであるのに、ちっとも古さを感じない美しさに見とれてしまったので、もし仕事でなかったらしばらく後をついて走ってみたかった。

そして、少し話しを聞いてみたかったな。


博

2013年2月19日 (火)

太陽光発電する紙

大阪大学産業科学研究所の研究グループは、セルロースナノファイバーと銀ナノワイヤを使った太陽光で発電する紙を世界で初めて開発したそうな。

光電変換効率3%と数値だけを聞くと低いようだけど、実はこれ凄いことだったりするんですね。

製造の過程などが理解できる人であればどんなに凄いことかわかると思いますけど、実用化される数年後にはとんでもなく凄い製品ができちゃうかもしれません。

いや、それを期待してしまいます。


太陽光発電する紙
http://www.spsj.or.jp/koho/61T/61T_5..pdf


博

2013年2月18日 (月)

「我慢できない」

女性からそう言われた男性は、もはや為す術もなく子犬のようにおとなしく従うしかなかったりする。

ドライブ中にどうしようもなく眠くなって車の中で仮眠をしていたら、寝返りをするたびに彼女を抱き寄せようとしていたらしく、知らぬうちに彼女に火をつけていたということがあった。

半分寝ぼけたままの状態で「我慢できない」と言われても状況がよくわかっておらず、そのまま襲われてしまったのだけどもうどうにも阻止できる状態ではなかった。

どうやら私はそんな状況ではなくても火をつけてしまうタイプらしいのだ。

「くっついてゆっくり眠ってみたい」

そう仕事関係先の女性に言われたので

「本当にくっついてたらきっと眠れないよ」

と返事をしたら

「だめだめ、手をつないでくっついて寝るだけですよ」

と言ってきたので

「だって、僕のいびきで眠れないから……」

と最初から思っていたことを正直に話したら

「意地悪なんだから」

だって。

すっかり勘違いというか、エッチな方向に想像を膨らましていたらしく、妄想ではすっかり僕の股間も膨らんでいたそうな(笑)

なんだかなぁ(苦笑)


博

2013年2月16日 (土)

ちょっと怒っていいですか?

高速道路の追い越し車線をいつまでも走り続けているあなた、いい加減にしなさい!!

今日は急遽400kmほど走ることになってしまったのですけど、ダラダラと追い越し車線を走り続けている車のなんと多いこと。

追い越しをしているのならなにも問題ありません。たとえそれが制限速度を大きく下回っていたとしても我慢して追走します。

前方の走行車線や追い越し車線にまったく車がいないのにいつまでも追い越し車線を走るのは、どうしようもなく迷惑なんです。

私の後ろの車たちはさっさと走行車線側から追い越して行きましたけど、私はしぶとく追走してみました。

以前にも書きましたけど、こういった運転をする人たちってなにを考えてそうしているのでしょうか?

追い越したらさっと走行車線に戻ってくれたら全体の流れが良くなって走りやすいのに、まったくそうしようとしないわけですから困ったものです。

分岐点の何キロも手前から分岐のことを考えて走っている人もいるようですけど、これもかなり迷惑だったりするんですよね。

車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。

こう道路交通法に書かれているのですけど、これを知らないのかもしれませんね。

本当に免許を持っているとしたら、これはきちんと習ったことなんですけどね。

もしこれを知らないとしたら、免許は剥奪してくださいな。

追い越し車線を走っていて後続車が迫ってきたら、できるだけ早くかつスムーズに進路を譲りましょうね。

お願いしますよ(涙)


博

2013年2月15日 (金)

不気味な運転の車

有料道路の長い下り坂を走っていると、前方にブレーキランプを点灯させたまま走っている車が見えた。

制限速度ちょうどくらいの速度なので問題なさそうだけど、ブレーキランプはずっと点灯したまま。

それが平坦なところになってもやっぱりブレーキランプは点灯したままで、いつまで経っても消える気配はなし。

制限速度をきっちり守っているだけに多めに距離を保って追走するしかなく、ブレーキランプで動きを読むこともできないためなんだか不気味な感じがブレーキランプと同じように消えない。

スピードが落ちているわけではないので少なくともアクセルは踏んでいるわけだし、ふらついた運転というわけでもないのだからますます不気味。

ある所できちんとウインカーを出して左折していったので、意識もしっかりしているのには間違いない。

ただ、あのブレーキランプは故障なのか、それとも本当にブレーキを踏んだままなのか?

うーん、やっぱり不気味。


博

2013年2月14日 (木)

バレンタインチョコ

2月14日はバレンタインデー。

日本でバレンタインデーにチョコを贈るようになったのは神戸のモロゾフの広告がきっかけという説があるようですけど、実際に定着してきたのはオイルショック以降の小売業による積極的なマーケティングがあったからだというのは有名な話。

今では菓子業界だけでなくいろんな業界を巻き込んでの売り上げ向上に必死なのはちょっとあきれるくらいですけど、そこまでしないといけないのかなといつも思ってしまうのですね。

そんな前置きはいいとして、義理でもチョコをもらえるとやっぱり嬉しいものですね(笑)

お返しのことを考えるとちょっと大変だったりしますけど、美味しいチョコをもらって嬉しくないわけがありませんよね。甘いものが苦手だったら別だけど。

今回はベルギーのゴディバや小さな手作りショップのチョコ(これが美味しいんだな)、国内ではドルチッシマのスイーツ、それにビックリマンチョコなどさまざまです(笑)

義理チョコでもみなさん本格的なところのばかりなので、それに義理チョコにしては高価なチョコばかりなので、食べるのにもちょっと勇気が必要だったりします(汗)

義理ならビックリマンチョコがいいのかもね(笑)

もしかすると一ヶ月くらいチョコを食べ続けていることになるかもしれません(苦笑)


博

2013年2月13日 (水)

カパ♪カピ♪カプ♪カペ♪カポナータ

ガストの南イタリアフェアを体験してきました。

南イタリアフェアCMで「カパ♪カピ♪カプ♪カペ♪カポナータ あなたと食べたい、カポナータ!」と流れていますけど、実はガストに行ってみるまで「カポ♪カポ♪カポ♪カポ♪カポナータ あなたと食べたい、カポナータ!」だと思い込んでいました(苦笑)

いやぁー、いかにCMなんてちゃんと見ていないかわかりますよね。というか、パピプペポという破裂音だとすぐに気がつくだろうと思うのに、まったく気がつかないくらいボーッと聞き流していたわけですね。

そんなことはどうでもいいとして、食べてみたのは「カポナータ ハンバーグ&温玉バジルソーセージ」というもの。

普段、ファミレスでハンバーグを食べることはないのですけど、野菜がのっかっていることと、好きなバジルソーセージがついていたので思いきって注文してみました。

トマトやナスも好きだし、イタリアンはわりとよく食べるのですんなり決まったのですけど、よくあるファミレスのハンバーグより少しはましだなという程度で、やはりハンバーグはやめておけばよかったのかもしれません。

ハンバーグを食べるならやはり専門店だな。

そう再確認しながら食べていたんだけど、私がファミレスのハンバーグを好きじゃないというだけで、これが美味しくないというわけじゃないんですよ。ちなみに完食しましたから(笑)

コーンポタージュスープとライスのBセットも注文したのが失敗だったかな。スープはほしかったけどライスはいらなかった。


博

2013年2月12日 (火)

脱線事故

山陽電鉄の脱線事故のニュースを聞いて、よく利用していた所だけにゾッとした。

停車していたトラックを避けることが電車にできるわけもなく、非常ブレーキをかけても間に合わずに衝突したものだと思うのだけど、相手がトラックだけに力のかかりかたによっては簡単に脱線してしまうというわけだ。

以前、踏切で停車していたときに数台前の車がなんらかの理由で過って踏切内に入ってしまい、通過しようとした列車と衝突して凄い火花とともにあっという間に目の前から消えてしまったことがあった。

車を運転していたのは20歳くらいの女性。どうやら携帯で通話をしていたらしいのだけど、あまりにも悲惨な状況を目の前にして背筋が凍りそうだったことを今でも覚えている。

残念ながらその女性は亡くなっていた。

踏切がカーブの真ん中にある場所だったことと、車が列車の通過する直前に踏切内に入ってしまったこともあり、列車はブレーキをかける間もなく衝突したのだった。列車が停止したのは400mくらい先だった。

列車側に非がなくても大きな事故になってしまう可能性が高いことを考えると、車で踏切内に入るときはより慎重な運転でいたいものですね。


博

2013年2月11日 (月)

実はペリカンだった?

ニッポニア・ニッポンの学名でもわかるように日本を代表する鳥であるトキがペリカン目に分類されるようになった。

これまではコウノトリ目に分類されていたのだけど、最新の研究でペリカンに近いDNAを持っているということでペリカン目に分類されることになったわけだ。

なんだかちょっと衝撃的。

女性だと思っていた美人が実はオカマだったようなそんな気分だ。

それはさすがにトキに失礼だから、好きになった女性が結婚しているという事実を知らされたくらいのショックとしておこう(苦笑)

すごく複雑な気分。

まぁ、トキ自身はDNA鑑定でペリカン目に分類されたなんて知るわけもなく今までとなんら変わらず生活していくわけだけど、少なくとも完全に絶滅することだけは避けてほしいと願っている。

トキに限らず、人間の手によって絶滅していく動物は多い。

そんな動物たちのことを考えると、いっそ人間が絶滅したらどうだろうかと思うことも一度や二度ではなかったりする。


博

2013年2月10日 (日)

ETCゲートが開かない

最近、ETCゲートが開かない状況によく遭遇します(汗)

利用率が80パーセントを超えるだけにETCレーン渋滞が起きるのも珍しくなくなっているのですけど、そんなときに限ってETCレーンに間違って入ってしまう車や、カードのセット忘れ、またはなんらかの機器の不具合でゲートが開かなかったりしてますます渋滞してしまうのです。

過去に一度だけ、入口料金所では正常にゲートが開いたのに、出口料金所で開かず停車したことがあります。調べてもらうと入口料金所での通信記録はきちんとあったので、出口料金所でなんらかの通信上の不具合が発生したものでした。もちろんカードはきちんとセットしていました。

このときは後続の大型トラックが追突しないか心配だったのですけど、なんとかギリギリで停車してくれたのでセーフ。バックミラー越しに迫ってくる大型トラックはゾッとしたものです。

最近よく遭遇しているのは前走車の通行時にゲートが開かないというもの。後続の私としては余裕で停まれる距離を保ってETCレーンに入っていくので、前走車が停止しても私はまだETCレーンの手前にいる状態です。

たった一度でもゲートが開かなかった経験があるのでそれだけの余裕を持っているのですけど、びっくりするくらい前走車にぴったりくっついて、それもかなりのスピードで走っている車をよく見かけるので、もしゲートが開かなかったら事故が起きてもおかしくないだろうなと思うのです。

つい先日、ゲートが開かないで停止した車に後続車があやうく追突しそうになっていたし、昨日もレーンの中に3台の車が停止してしまうという状況になっていたりで、そのさらに後ろで余裕を持っていた私は危ないなぁ、なんて思ったものです。

大きなインターチェンジであればETCレーンも複数あるのでひとつが閉鎖されたとしてもたいした問題ではありませんけど、もしひとつしかない所で事故でも起きたとしたら、いやでも一般レーンを通行してなんらかの手間をかけなければいけなくなってしまいます。

そうならないように注意しておきたいし、ETCレーンはもっと増やして欲しいですよね。ETCレーン渋滞が起きているのって本末転倒ですし(苦笑)


博

2013年2月 8日 (金)

やっぱり走ってなんぼ

最近、つくづく車は走ってなんぼだと思うようになってきました。

車の効率という点を考えるとこんなもの環境に良いわけがなく、どう考えても乗らないのが一番。

そうはいっても走らないで仕事には行けないし、年間に相当な距離を走っているのは事実なのですけど、以前は月に1度くらいしか乗らないこともありましたし、それこそ車を手放して持たなかった時期さえありました。

公共交通機関の発達した地域で生活できるのであれば車を持つつもりはありませんし、将来、仕事をリタイヤする年齢に達したら車の運転をやめようとかなり以前から考えています。

それは環境負荷や費用対効果を考えてのことで、エコカーと呼ばれる車がどんなに頑張ったとしても効率はとても悪いものだとしか思わないからだったりします。

現在はこれでもかというくらい乗っているわけで、車のない生活は考えられません。だから、少しでも運転で負の部分をカバーしようと努力しているわけで、燃費だけでいけばカタログ値11.6km/lのところを平均して14km/lは走らせています。

でも、ひたすら我慢の運転をしているわけではありません。

ダラダラと燃費かせぎの走りなんかしていませんし、そもそもそんな走りをする気もありません。ただ、車の特性をしっかり理解して効率の良いポイントをできるだけ使うようにしているだけで、流れにのるのは当然として、適度にメリハリのある走りをしているのが現実です。

たとえば、ダラダラと加速していると燃費は思ったより悪く、ある程度さっと加速して早く定速走行に移行した方が燃費が良かったりします。そういった違いをきちんと把握しているかどうかなんだと思うのですね。

購入時に何百万円も支払って、税金もたくさん支払って、さらに燃料費もたくさん支払って乗る車がエコという形ばかりの名目のために我慢を強いられるのはナンセンス。

走るからには楽しくないとダメだし、走っていて眠くなるようだったり、すぐに疲れるようではいけないと思うのです。

マツダのCMではないけど、走って楽しくないと車ではないと言ってもいいくらいじゃないのかな。


博

2013年2月 7日 (木)

「書き出し/追加」で進入角度が変化する

現在、オービスデータを更新しようと少しずつ編集をしており、これまで公開してきた地点データ(*.poiファイル)だけでなく、「書き出し/追加」の機能を使ってエクスポートデータ(*.exdファイル)も合わせて公開しようと考えています。

エクスポートデータを使うメリットは対応機種に限られてしまうのですけど、一般道路の案内距離が300mに設定できることです。これまでの地点データ(*.poiファイル)では一般道路は100m設定になり、300mに設定をしたい場合はひとつひとつナビ本体での変更が必要になります。

実際に「書き出し/追加」を使ってエクスポートデータ(*.exdファイル)を使ってみると進入角度が変化してしまうという不具合が発生したため、本日、メーカーに問い合わせしてみました。

ちなみに「全書き出し/全書き替え」を使ったバックアップデータ(*.bkdファイル)でも同じ不具合が発生します。

おさらいになってしまいますけど、これまでの地点データ(*.poiファイル)は下記のように反映されることは何度も確認済みです。

【CN-GP720VDの進入角度】
理論進入角度   設定値(設定可能範囲値)
  0.00 →   0(  0~ 11)
 11.25 →  12( 12~ 22)
 22.50 →  23( 23~ 33)
 33.75 →  34( 34~ 44)
 45.00 →  45( 45~ 56)
 56.25 →  57( 57~ 67)
 67.50 →  68( 68~ 78)
 78.75 →  79( 79~ 89)
 90.00 →  90( 90~101)
101.25 → 102(102~112)
112.50 → 113(113~123)
123.75 → 124(124~134)
135.00 → 135(135~146)
146.25 → 147(147~157)
157.50 → 158(158~168)
168.75 → 169(169~179)
180.00 → 180(180~191)
191.25 → 192(192~202)
202.50 → 203(203~213)
213.75 → 214(214~224)
225.00 → 225(225~236)
236.25 → 237(237~247)
247.50 → 248(248~258)
258.75 → 259(259~269)
270.00 → 270(270~281)
281.25 → 282(282~292)
292.50 → 293(293~303)
303.75 → 304(304~314)
315.00 → 315(315~326)
326.25 → 327(327~337)
337.50 → 338(338~348)
348.75 → 349(349~359)

では、エクスポートデータ(*.exdファイル)を使うとどうなるかというと、下記のように360度を16分割した角度に変化してしまい、設定していた角度と違った角度に再現されてしまってちょっとばかり困ってしまうことになります。

設定角度範囲     反映角度
355~ 16 →   0.0
 17~ 39 →  22.5
 40~ 61 →  45.0
 62~ 84 →  67.5
 85~106 →  90.0
107~129 → 112.5
130~151 → 135.0
152~174 → 157.5
175~196 → 180.0
197~219 → 202.5
220~241 → 225.0
242~264 → 247.5
265~286 → 270.0
287~309 → 292.5
310~331 → 315.0
332~354 → 337.5

少し解説しておくと、まずは地点データ(*.poiファイル)で1度刻みの360度のデータを作成しました(前回作成済み)。「SD地点取込」を使用して登録地点を取り込んだあと、「書き出し/追加」を使用してエクスポートデータ(*.exdファイル)をSDカードに保存しました。それから本体の地点データを全て削除し、「書き出し/追加」を使用してエクスポートデータ(*.exdファイル)をSDカードから本体に追加したあとで確認した角度が上記の反映角度となります。

エクスポートデータ(*.exdファイル)を解析していないのでエクスポートで変化しているのか、それともインポートで変化しているのかまでは確認していませんけど、どちらにしても設定した角度が変化してしまうのはいただけません。

メーカーから回答が届いた時点でどうするのか考えることにしますけど、このデータを見ているかぎり三洋電機時代とパナソニックになってからの仕様のすり合わせがうまくいっていないように感じます。

私としては、三洋電機時代の進入角度の仕様に統一して欲しいなと思っています。

三洋電機製とパナソニック製の進入角度の違いについては下記の記事をご覧ください。
「ゴリラの進入角度を再考する」
http://monomi.moe-nifty.com/blog/2012/11/post-e747.html


博

2013年2月 6日 (水)

頭痛と吐き気

ときどき、どうしようもない頭痛に襲われます。

今もそんな状態で吐き気がひどいのですけど、よくある片頭痛というやつです。

ロキソニンのような薬がうまく効くときもあれば、それこそまったく効かないときもあってひたすら我慢するしかなかったりします。

今日も我慢の一日でした(涙)

とりあえずブログになにか書いておこうとこうやって書いているわけですけど、こんな体調ではさすがになにかきちんと考えて書くことなんて無理ですね。

明日にはすっかり治っているといいんですけど。


博

2013年2月 5日 (火)

好きな温泉宿

「全日本温泉宿アワード2013」というテレビ番組があったようですけど、さすがに仕事中なので見ていません。たぶん、見てもそんなに良い番組なんて思わないことでしょう。

正直なところ温泉宿は嗜好品と同じようなものだと考えています。

それに、これまでの経験ですべてが良いと感じた温泉宿なんてありません。

ぶっちゃけ、温泉重視の宿か、それとも料理重視の宿か、大きく分けるとこのふたつになると思うのですね。この両方でしっかり満足できた温泉宿はありませんし、ある旅関係の会社の人は、このふたつは別々に考えないとダメで、両方で満足できる温泉宿なんてありませんとまで言っていたくらいです。

私としては料理でガッカリしたくないんです。

ふだんコンビニ生活みたいなものですから、温泉宿に泊まれるときはやはり美味しい料理を食べてゆっくりしたいのですね。もちろん温泉も大切なのですけど、とにかく料理でガッカリすることがあればどんなに高級で接客が素晴らしくても再訪はありません。

温泉宿で温泉より料理を重視するというのもなんだかちょっと変な感じですけど、美味しい料理だけなら街のレストランでもいいわけで、ゆっくりできる温泉宿で料理が美味しいというのがポイントなのです。

温泉宿としての理想はこじんまりとした宿で離れの部屋に温泉が付いておりいつでも入れること。料理は部屋出しではなく個室になった食事処でゆったりと、そしてタイミング良く美味しい料理が運ばれてくるのがいいですね。

小さい子どもたちは好きなのですけど、温泉宿でのんびりしたいときに小さい子どもたちが騒いでいるのはかなりガッカリします。だからできるだけそうならない宿を選ぶわけですけど、それでも大家族で訪れている人たちの騒がしさに遭遇してガッカリということだってあります。

ちなみに料理はボリュームより質を重視します。

食べたばかりなのにまた食べたい。

そう思うくらいの美味しさがあればまた行きたい宿となりますし、なかなか行けないのですけど再訪の予定にはしっかり入れておきます。

これまで一度だけ夕食はナシで朝食のみで泊まった温泉宿があります。

この宿は温泉付きの離れでゆったりできたのでそれだけでも満足だったのですけど、翌朝の食事がとても美味しくてすごーく満足だったのです。たぶん、これまで泊まった中では最高に美味しい朝食でした。

じゃあ、なぜ夕食を食べていないのか?

それは事前にとっても美味しい料理を食べてから宿に行ったからなのですね(笑)

それだけ美味しい料理を食べたあとなのに、翌朝の食事に感動するくらいというのは他に経験したことがありません。

だからその宿に次回は夕食付きで泊まってみたいなと思っているのですけど、これがいつ実現するのかはまったく未定です。でもいつか必ず泊まりますよ。

ということで、料理重視の温泉宿の皆さんコメントください(笑)


博

2013年2月 4日 (月)

この冬に克服できたこと

毎年、冬になると決まったように口角が切れていました。

この冬もまだ寒くなる前からさっさと切れてしまったのですけど、今は完全に治っているし切れる気配がまったくありません。

それがどうしてなのかというと、メンソレータム薬用リップを塗るようにしたからなんですね。

これまでリップなんて塗ったことがありません。

それなのに塗るようになったのがどうしてなのかというと、一番よく出入りしている職場がめちゃくちゃ乾燥していてどうしようもなくカサカサになってしまうからなんですね。

湿度計を見てみると20パーセントくらいを示しているのはいつものこと。

これじゃさすがにカサカサどころかパサパサでミイラになりそうな感じがするほどです。

実は、目の調子が悪くなったのもこの乾燥が原因ではないかと推測しています。

乾燥し過ぎて目は痛いし、唇は粘膜がペラッと剥がれるのではないかと思うくらいになっていたんですね。

これじゃさすがにマズイ。

そう思ってどこでも手に入りやすいメンソレータム薬用リップを買ったのでした。

薬用の効果がどれほどあるのかまではわかりませんけど、これを塗るようになってあっという間に口角が切れていたのは治りましたし、きちんと潤いがある状態になっているので切れそうになることもなくなったわけです。

どうして今まで気がつかなかったのかな?

チューするときも潤いのある唇のほうがいいのにね(笑)


博

2013年2月 3日 (日)

SEVEN CAFE(セブンカフェ)

さきほど仕事が終わってよく利用しているセブンイレブンに寄ってみたら、オーナーがいらっしゃってセブンカフェを飲んでいってくださいとのことでいただきました。
オーナーのおごりです(笑)

これ、いつからか店頭で宣伝されていて気になっていたのですけど、今日まで飲む機会はなくてもあちこちの店舗にドリッパーが導入されていっているのだけは知っていました。

レギュラーが100円ということなので缶コーヒーを買うより安くていいなとは思うのですけど、利用するとしたらたぶん高速道路に乗るときくらいで、普段はあまり利用しないかなという感じです。

その理由は、そんなに美味しくないから(苦笑)

コーヒーなんて嗜好品なので美味しくないというのは失礼かもしれないんだけど、ぶっちゃけ私にはいまいち合わないかなといったところ。

ちっとも美味しくないブラックの缶コーヒーを飲むよりはマシだけど、積極的に選択するにはちょっと遠いかな。もう少し豆を吟味した方がいいんじゃないのかなぁ。

うーん、私だったら全体で見直しだな(苦笑)


博

2013年2月 2日 (土)

乱れまくり

ここ1年くらい不規則でハードな生活をしているせいか、身体のあちこちがボロボロになっているのは嫌というほど実感しています。実際、昨年にはちょっと入院生活もしたことですし、これからだっていつ入院になるかもしれません。

そんな疲れが一番出ているのが目だったりします。

プロフィールの絵みたいにいつも眼鏡(さすがに普段はサングラスではなくほんの少しだけ色がついたもの)をかけているくらいで、眼鏡を外すとまったく生活ができない状態です。たぶん視力は0.04といったレベルです。

そんな低レベルの視力がさらに落ちたなと感じていたら、どうやら乱視が強くなっていたのですね。

ときどき、右目と左目を交互に隠して見え方を確認しているのですけど、最近は自分でもハッキリわかるくらい強く右目の乱視が出ているのがわかっていました。左目も少し乱視は出ていたのですけど、やはり利き目である右目がどうしようもない状態なのです。

これではとても不便なので、新しい眼鏡を作りに行ってきました。

眼鏡屋さんも、そしてフレームもどれにするかは以前から決めていたので、今回はとにかく乱視が強く出ていて見えづらいということを説明して計測してもらいます。

お店の人がちょっとびっくりするくらい右目の乱視が強く出ていて、これでは見えづらいでしょうねとあっさり。なんだか申し訳ないくらいです。

しっかり計測してもらったうえで予定していたフレームと少しばかり色も入れてもらうようにお願いしておきました。ちょっぴり特別なお願いをしたので仕上がりは一週間後になるらしので、それまでは今の眼鏡で我慢です。

まぁ、休みの日は今までの眼鏡でもかまわないのですけど、仕事となるとかなり不便なので今回お願いした眼鏡の他に少なくともあと1本は作る予定ですし、たぶん3本くらいは作ることになると思います。

今、20本くらいの眼鏡を持っているのですべてを入れ替えるとなると大変なので、今後は5本くらいを使い回すようにしようかなと考えているわけです。もちろん新しく作る分が5本くらいで、あまり見え方が気にならない状況だとわかっているときはこれまでの眼鏡も使います。

今回はとにかく軽くて掛け心地が良く、かつデザインもカッコいいのにしました。同じシリーズの眼鏡を持っているので、その中の新しくかつ特別な眼鏡にしたというとすぐにわかってしまう人がいるかもしれません。メイドインジャパンです。

眼鏡を掛けていて、こだわりがある人だとわかってしまうのかなぁ。

ちなみに今日の眼鏡はデザイン優先の製品です。この眼鏡を掛けていてもデザイン優先のちょっとおちゃめな眼鏡だとはなかなか気がついてくれませんけど、眼鏡好きさんだとさすがにすぐに気がついてくれますね。

どうでもいいんですけど、眼鏡フェチです(苦笑)

女性がカッコいい眼鏡を掛けているとかなりドキドキと乱れます(笑)

普段はコンタクト、そして突然のように眼鏡だとさらに乱れまくりです(笑)


博

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »