お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木)

見え過ぎ

2月に眼鏡について書いたようにド近眼です。もちろん眼鏡がなくては日常生活もままなりません。

でも、眼鏡がなくても見え過ぎるくらい見えることもあるんですよ。

本質を見抜く目とでも言うのでしょうか。

それが必要な分だけ見えていればいいのですけど、どういうわけか見えなくていいような部分まで見えてしまうので、ハッキリ言う性格と相まってときにはそこまでしなくてもということもあったりします(苦笑)

仕事では自分に厳しく、他人にはもっと厳しく(笑)

いや、本当はとても優しくしているのですけど、優しくして済むことばかりならいいなと思うこともよくあるし、それでも厳しくすることも必要なので葛藤の日々だったりします。

以前に書いたことがあると思うのですけど、学生の頃から先生に代わって授業をしていたこともあるくらいなので、教えることはたぶん得意な部分なのかなと思います。

わかりやすく教えることをモットーにしているので、厳しくする必要があるときもただ厳しくするのではなく、相手が前向きに動けるようになることを重視して工夫しています。

もし、最初に見え過ぎることがなければ本来の仕事以外のこのような部分は一気になくなるわけで、ずいぶんとトータルでの仕事が楽になるのだろうと容易に想像がつくのですけど、やはり見え過ぎてしまうのはどうしようもなく、結果として仕事を増やしてしまうのでした。

うーん、もっと楽に生きられないでしょうかね。


博

2013年3月27日 (水)

イスタンブール?

オリンピック招致のニュースを聞いていると「イスタンブール」と繰り返し言っているんです。

これが物凄く違和感があって、どうして「イスタンブール」になるかなぁ、なんて思ってしまうのでした。

私の中では「イスタンブル」であるし、知人のトルコ人も「イスタンブル」としか言いません。それなのに、なぜか日本では「イスタンブール」が一般的だということを知りましたとさ(苦笑)

そういえば『007 Skyfall』にもイスタンブルが出てきましたね。そのシーンだけでもドキドキワクワクしていたものです。


博

2013年3月26日 (火)

四字熟語

四字熟語のネタとしてよく出てくるのが「焼肉定食」だったりしますよね。

試験で本当に「焼肉定食」と書いてしまった同級生も笑わせるのですけど、それに○をつけてくれた先生もおちゃめだなと思ったことがありました。

でもね、四字熟語そのものを間違ったことは私と私の周りではありません。

たまたま見た、再放送の「踊る!さんま御殿!!」に私の好きな木下優樹菜さんが出演していたのですけど、天然炸裂と思うトークの中で素で「四字熟女」と言ってしまったのにめちゃウケ(笑)

つい、「どんな熟女なん?」とツッコミを入れてしまったのは言うまでもありません。

好きな四字熟語は「喧嘩上等」なんて言うしで、元ヤン丸出しのトークがまたおかしかったりするので、それはそれでいいのかななんて思っています。

うーん、なにかおもしろい四字熟語を思いつかないかなぁ(苦笑)

「安全運転」

 ……。


博

2013年3月25日 (月)

結論は最初に

こういったブログであればあえてオチをねらって結論を最後に持ってくることも多いわけですけど、仕事であれば最初に持ってくるべきですよね。

ダメ出しすることが多いのはビジネス文書。

やたらダラダラと長い文章を書いてあると、まったく読みもせずに突き返します。もちろん「なにをどうしたいのか最初に書きなさい」と説明はしますけど、内容についてはあえてなにも言いません。

もし、そんなダラダラ文書をお客さまに提出したとしても、読まれもせずに放置されるだけなのは目に見えています。だからこそ書き直しを命じるわけですけど、きちんとその理由を説明しても次のときはまた同じようにダラダラ文書を書いてくるのです。

こんな人は、きっと自分の気持ちを思いつくまま書いているのでしょうね。というか、ちらっと見ただけでそれくらいのことはわかります。そして、「どうしたいの?」という質問になってしまうのです。

今日は、私にとってはお客さまになる人たちがこれに似たような状態だったので、総合的にサポートする立場として「最初になにをして欲しいのか伝えてください」とハッキリ言ってしまいました(苦笑)

状況説明ばかりで先に進まない話しに、我慢強い私もさすがにしびれをきらしてしまったわけです。

普段、かなりやわらかく説明をしているので、ハッキリした物言いをするとかなり驚かれてしまいます。でも、もともとハッキリ言う性格だし、言わなきゃ気が済まないので、ダメなものはダメって言うのはいつものことなのです。

実は、プライベートでもハッキリ言ってしまい、その後のフォローに困ったことがありました。

大好きな相手にハッキリ言ってしまうとろくなことはありません。下手するとそれっきりということだってあるし、少なくともフォローで四苦八苦します。

でもね、やはりダメなものはダメって伝えなきゃいけない。

それで嫌われてしまったとしたらそれまでの関係だったということ。もちろん嫌われたくはないのですけど、嫌われたくないからといって曖昧にしてしまうのは余計に悪い。

きっと、心を鬼にしてハッキリ言ったことはいつの日かわかってくれることでしょう。

そう信じて、これからも生きていくことにしよう(笑)


博

2013年3月23日 (土)

驚きのタイヤ痕

どうしたらこんなところにってことありませんか?

車を走らせていると「あっ、事故があったんだな」と確信するタイヤ痕をよく見るのですけど、どうしたらこんなタイヤ痕になるのかなと不思議に思うことがあります。

昨日、事故があったことをニュースで知っている道を走っていると、やっぱりハッキリとタイヤ痕が残っていました。事故は軽微なものだったのに、自動車専用道路ということもあって影響は大きかったらしく、タイヤ痕を見てなるほどと思ったものです。

それでもタイヤ痕は路面についているだけで、よくある事故の痕跡という状態なのに、なぜか一部だけどうしたらこんなところにって痕があったのです。

頭の中で事故をシミュレーションしてみたのですけど、どうしても一部のタイヤ痕だけが納得いかない。とはいっても実際についているのですから、可能性をあれこれ考えてみました。でも、やはりイメージがわかないのですよ。

仕事でもよく頭の中でシミュレーションをするのですけど、さすがに事故は専門でもなんでもないのでうまくシミュレーションできません。そもそも頭の中でシミュレーションしようというのが無理かもね(笑)

これまで一番驚いたタイヤ痕は、なんと高速道路の法面にクッキリとついていたもの。それもかなりの高さまで走ったと思われる痕なのでかなりのスピードで走行車線を逸脱したものだろう。その先に法面は続いているにもかかわらずタイヤ痕はプッツリと消えている。

このときばかりはシミュレーションしたくなかった。それでもついシミュレーションしたのだけど、冷静にシミュレーションすればするほどその結果が恐ろしくなったのは言うまでもない。


博

2013年3月22日 (金)

静かに花見できないものかな

東京でも桜の満開宣言がありましたね。

満開となれば花見ということで静かに花見弁当を食べられているのはどうってことないのですけど、酒を飲んで周囲に迷惑をかけているのはいただけません。

それ以前に、早くからレジャーシートで場所を確保している行為もどうかと思うのですよ。

紅葉の時期もそうなんだけど、どうしてこんなかなと思うことが多いのですね。

もっとね、静かにゆったりと楽しんでほしいかな。


博

2013年3月21日 (木)

あのー、おっぱい出てるんですけど……。

コンビニに車を止めると、目の前におっぱいを出したお姉さんが……。

もちろん本物のお姉さんではなく雑誌の表紙のお姉さんなのですけど、それはもう先っぽが見えていないというだけであとはほぼ見えているような状態。

普段、雑誌を買うこともないからどんな雑誌があるのかまったく知らないですし、それでもおっぱいを出したお姉さんが表紙というのはちょっとどうかなと思ったものです。

目の前だったこともあり、なんというお姉さんだろうかと思って確認したら「壇蜜」と書いてある。

「壇蜜」???

なんと読めばいいのかな?

ホテルに帰ってちょっと調べてみると「だんみつ」だとか。

ふーん、変わった名前だし、エロさ全開だなと……。

ちなみに私、エロい女性は嫌いではなく、どちらかというと好きな方だと思うのですけど、エロ全開より色っぽい女性が好きなんですね。

おっぱいを出してしまうより、見えないおっぱいを想像させてくれる方がいいな。

ところで、「壇蜜」って何者?


博

2013年3月20日 (水)

たまには朝から書いてみる

疲れ過ぎて思考力低下中です(苦笑)

毎度のことながら帰り着くのがかなり遅い時間なので、ブログを書く余裕もなくなっているのです。でも、4月からは夜遅くまでという状態は確実に減りそうなので、きっとずいぶんと楽になると思うのですね。本当かなぁ(笑)

そんなことはおいといて、とある職場に行く途中にある大きな桜が突然のように満開になっていました。咲き始めたのは知っていたのですけど、気がついたら満開という状態まで一気に咲いてしまったのですね。

でも、おとといの春の嵐でなんだかしょぼーんとした感じになって、あとは散るだけといった状態なのでさみしいです。

長く咲く花もあれば、ほとんど見ることもできないくらい瞬間的にしか咲かない花もあるわけで、長く楽しみたいと思う気持ちの反面、瞬間的にしか咲かない花が好きだったりします。

ちなみに、女性はずっと長く咲いていてほしい(笑)

それは意識としての問題であって、「もうおばさんだから」なんて言うのはちょっと悲しくなるんですね。

何歳になってもイケてる女性でいてほしいものです。

という私もイケてる男でないとね(笑)


博

2013年3月18日 (月)

しみじみと足をながめてみた

自分の足をながめることってありますか?

たぶん爪を切るときくらいだと思うのですけど、それでも足をながめているわけではなく、爪に意識は集中しているはずですよね。

足の形には指の長さのバランスで見ると大きく分けて、ギリシャ型、エジプト型、スクエア型の三種類があるそうです。

はい、私はなんとスクエア型。

スクエア型という響きは悪くないけど、これが下駄足となったらどうだろうか?

そう、早い話が私は下駄足らしいのです(苦笑)

日本人の場合、エジプト型が70~80%、ギリシャ型が10~25%程度、残りがスクエア型と考えられているらしいのですけど、その極少数派に属するわけですよ。

もって生まれた下駄足なので、これをどうしたいとかそんなことは一度も思ったことはありません。

ただ、「下駄みたいな足」と言われて初めて下駄足なんだと実感したわけで、下駄足についてちょっとばかり調べてみたら極少数派だということにびっくり。

下駄や草履を履いていた日本人には多いタイプかと思ったらそうではないのですね。

もしかすると私は古風な日本人?(笑)


博

2013年3月15日 (金)

さすがにバテました

仕事が終わってホテルに帰り着くのが日付が変わってからだという日が続くとさすがにバテます。

それも1時間ほど仮眠をしたらホテルでも書類を作ったりしていたわけで、よくそんなことやっているよなと呆れてしまいます。

とりあえず大きな山をひとつ越えたからいいのですけど、山を下る暇もなく次の山に登っているわけで、たまには海にでも行ってみたい気分なんですね(苦笑)

ところで、Google Reader が7月1日に終了するとか……。

最近、ゆっくりニュースを読むこともできず Google Reader は未読の山となっていましたので、これを機会に別のもっとスマートな方法を考えろということなのかもしれませんね。

というわけで Google Reader を利用されてきた皆さんはどうされるのか興味があったりします。

今のところどうするのかはなにも考えていません。

本当に必要とするニュースだけをフィルタリングして読めるようになると便利なのですけど、それを考える気力もない状態なので、誰か良い方法を教えてくれませんかね(笑)

うーん、いっそ昔のアプリをひっぱり出してくるかな(笑)


博

2013年3月11日 (月)

除染は終わるのだろうか?

東日本大震災から2年。

早くも2年、だけど2年という月日がとんでもなく長く感じる。

それはやはり福島第一原子力発電所の事故の影響があまりにも大きいからだ。

いとこ夫婦や親戚が福島(浪江町)に帰ることもできず、生活の基盤が大きく崩れたまま2年という時間だけが過ぎただけでしかない。

除染作業が終わり、故郷に戻れる可能性はあるのか?


博

2013年3月 9日 (土)

オービス撮影37回だけど

オービスが前方からの撮影になるのは皆さんご存知のことだと思います。

その弱点につけ込んでバイクで37回も撮影されていた人が逮捕されたそうな。

前方からの撮影のためナンバーが特定できず、でも、昨年3月から37回もされていたため、ついに1月から捜査員の張り込みによって容疑者を特定したわけです。

約10人の捜査員による3度目の張り込みでやっと確保。

逮捕された21歳の男もアホかいなと思うけど、警察も同じようにアホやなと思う。

もちろん悪質な違反はきちんと取り締まるべきなんだけど、もっともっとそれ以前にやるべきことがあることをわかってほしいのです。

たぶん、言ってもムダなんだろうけどね(苦笑)


博

2013年3月 8日 (金)

人間はミスをするもの

この世の中にミスをしない人間なんかいない。

どんなに正しくやっているつもりでもなにかちょっとした弾みでミスをしてしまうことがある。

スリップやミステイク、違反といった言葉などで説明されることが多いのですけど、そんな言葉を使うまでもなく人間なんてその程度のものだという認識が欠落しているのではないかと思うのです。

たとえば2年前の東日本大震災。

地震そのものは人間がいかに無力なのか思い知らされたわけだし、どうすることもできない問題なのですけど、福島第一原子力発電所の事故や津波の被害については人間のとんでもなく大きなミスの集まりだと思うのです。

私が人間のミスをハッキリと意識するようになったのは高校生のとき。おぼろげな記憶をたどると小学生のときには意識していたことを覚えています。

同級生がなにかのミスをするのが予想できるので、それをどうやって防ぐか考え事前に対処していたのですね。

どうして小学生くらいでそんなことができたのか?

よく考えてみると、それは観察力だったように思うのですね。

今でもそうなのですけど、とにかく観察力は鋭いというか、よくそんなところまで見ているなと言われてしまうくらいだし、小学校の成績表には必ず観察力についてなにかが書かれていたほどです。

バイクの免許をとって間もない頃、ちょっとしたミスから警察署で説教をくらったことがある。厳密にいうと違反になるのだけど、環境を含めた条件を考慮して「今後は注意するように」ということで話しは済んだ。

それからは、さすがに同じミスを起こさないように注意して今に至っている。

もしあのときにただ違反として事務的に処理されたらどうだったのだろうかとよく考えてしまう。

あのときの警察官たちはなにが危ないのか、そしてどうすべきなのか教えてくれたことを今でも覚えている。だからこそ今でもその時の体験が生かされているし、こうやって考えることもできる。

人間はミスをするもの。

その現実を正面からしっかりと受け止め、どうすべきか常に意識しておきたい。

ミスが命に直結することであればなおさら。

もし、ミスをしないと考えているのだったらその時点で終わっているな。


博

2013年3月 7日 (木)

やっと日本語コンテンツを取り扱い

ずっと、iBooks で日本語コンテンツの取り扱いが始まるのを待っていた。

いつになったら始まるのかわからないままただ時間だけが過ぎ、もうこのままないものかなとあきらめてさえいたくらいだった。

でも、本当に取り扱いが開始されたのだ。

いやぁー、なんだか昔の彼女と再会したような気分になってしまっている(苦笑)

元気にしてたん?

そんな言葉が最初に出てきたくらいなのだ。

さっ、これからはいろいろと買ってみよっと。


博

2013年3月 6日 (水)

ドライブレコーダーを選ぶなら?

最近、ドライブレコーダーを買おうかなと考えています。

今のところ必要性を感じているわけではなく、もしもの保険みたいなものだという考えと、他にも流用できないかなと思っているのです。

ちょっと調べてみると「ドライブマン」という製品の評判が良さそうなのですけど、これまで一度もドライブレコーダーを使ったことがないので、どういう基準で選べば良いのかあまりわからなかったりします。

ふと思ったのはドライブレコーダーを買うのではなく、アクションカムをドライブレコーダーとして使うのもありかなと考えたのですけど、それが実用になるのかどうかもわかっていないので購入までには至らないのです。

とりあえずドライブレコーダーは「ドライブマン」、アクションカムは「GoPro」かなと思っているのですけど、それで本当にいいのかどうかわかっていないだけに悩むところまでいっていません。

ドライブレコーダーを利用されている人、またはアクションカムをドライブレコーダーとして利用されている人がいらっしゃいましたら教えてくださいな。


博

2013年3月 4日 (月)

スカイラインGTを買う夢

なぜか箱型スカイラインGTを新車で買う夢を見てしまいました(笑)

調べてみると3代目スカイラインに良く似ているのですけど、もう少し現代的なデザインとなっているし、オープントップモデルだったりするのです。

3代目のスカイラインをちゃんと見たことといえば展示されているのか、かなり車好きな後輩がボロボロになりながらもなんとか維持して乗っているのくらいで、実走しているところなんかほとんど見たことはありません。

ただ、箱型スカイラインのイメージは強く印象に残っており、カッコいいと思うかどうかは別にしても記憶に残る車であったことは間違いありません。

箱型スカイラインGTが納車されるという日は天候にも恵まれ小さなディーラーに出向くことにしました。すぐ近所なので散歩がてら歩いて行ったわけですね。

ディーラーに到着すると見慣れないオレンジ色の車があります。

なんと、このオレンジ色のスカイラインGTを注文していたらしいのですけど、どんなに考えても注文した記憶がないのです。ただあるのはとにかく車を注文したということ。どうやら実車を見ることもなく、それもただGTという指定だけで色も含めなにもかもお任せしちゃったようです。

箱型スカイラインGTのオープントップモデル、それもオレンジ色なんて誰が注文するでしょうか?

いくらなんでも目立ち過ぎです(苦笑)

でも、買ってしまったのですから乗って帰るしかありません。ということでさっそく乗ってみると中も少し現代的なデザインになっていて操作がちとわからない。

なんら説明も受けずに走ろうとしたら思いっきりバックしてどこまでも走ってしまいます。それもディーラーの裏から通じる農道みたいな狭い道をひたすらバック走行です(汗)

なんとかどこにもぶつかることなく停車できたのは数百メートルも走ってから。

落ち着いて前に走り出してディーラーまで戻り、一言挨拶してディーラーを後にするのでした。

まずは彼女とデート(笑)

大人気のスイーツ店に行っているという彼女のところへめちゃくちゃ目立つ状態で行くことになるわけで、これじゃお忍びデートは無理だなと頭を抱えます。

とりあえず目立たないところに車を停めてスイーツ店に入ってみると彼女が食べたいというチーズケーキの焼き上がり待ちだとか。

めちゃくちゃ目立つ車のことが気になりながらそわそわしていると、大人気のスイーツ店だけあって女の子たちがたくさん。なぜか店員さんと間違われているのかあれこれとお願いされてしまうので、嫌な顔ひとつせず対応するのでした。

チーズケーキも焼き上がって彼女と一緒に車のところへ。

「どうしたん?」

目の前の車を見た彼女の第一声。

シックな装いが好きな彼女にドン引きされているのは間違いなく、しどろもどろでなにも返事できません。

「とにかく乗って」

そう言うのが精一杯で、その後は彼女の冷たい視線を感じながらなんとかドライブデート。でも、どこをどう走ったのかよく覚えていません。

彼女とはそれっきり。

バカヤロー!!


博

2013年3月 2日 (土)

軽自動車がなくなる?

なにかと問題になっているTPPですけど、参加することになると日本の軽自動車がなくなるという話しも出ています。

ぶっちゃけ、私は軽自動車はなくなってもいいと思っています。

もちろん残してもいいわけですけど、現在の軽自動車の安全性や走行性能を考えると規格はしっかり見直してほしいかなということなのです。

以前にも書いたことがありましたけど、排気量を800ccくらいにするとかいっそ1000cc未満にするとか、サイズももう少し大きいモノまで可能とするとか、いろんなことが考えられると思うのですね。

税制の問題点もしっかり見直して、現在の似非エコカーとなってしまっている減税はすぐにでも改善してほしいものです。

昔の360ccの軽自動車が今の時代にあってもいいし、欲しいと思う軽自動車もあるくらいなので、思いっきり規格を見直してくれると嬉しいかな。

「てんとうむし」や「Nコロ」と呼ばれていたような軽自動車たち、走っているのを見たことはありませんけど欲しいし走らせてみたいものです。


博

2013年3月 1日 (金)

めざせ20万km

今朝、ゴルフワゴンの走行距離が17万kmに達しました。

先日は約200kmの距離を走ったかと思ったら、到着して10分もしないうちにとんぼ返りという苦行をこなしました(苦笑)

まぁ、たまたまそうするしかなかったわけで普段はそんな走り方はしませんけど、高速道路をノンストップで600kmくらい走ることもあるし、それこそ24時間で2000kmくらい走ることだってあります。

だから走行距離がどんどん延びるのもなんら不思議なことではなくそれが当然といった状況なのですけど、そろそろ買い替えをと思いつつまったく車が決めるところにいかないので、こうなったら20万km、そして30万kmをめざしてみようかと考えてしまうのでした。

そう言いながら、あっさり買い替えていたら笑えますよね。


博

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »