お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

新しいゴルフを見てきました

会議まで少し時間があり、ディーラーに用事があったこともあって新しいゴルフを見てきました。

目的は新しいゴルフを見ることではなかったのですけど、2台展示してあったので少しばかり眺めていたのでした。

デザインはよりシャープになっているし変なプレスラインも入っていないので問題なしです。

ただ、ナビが後付け感たっぷりの状態になってしまうので、何を今更ということで購入は見送りです。それ以外の部分でケチをつける部分は見あたりません。

新しいゴルフを買うなら来年にしておくのがオススメかな。

私のゴルフは10月末が車検なので、それまでにどうするのかハッキリ決めないといけません。

たぶん、新しい車を買ってしまうのかなぁ……。

それはやはりメンテナンス代金の問題が大きい。

膝軟骨に相当するゴムブッシュの交換は必要だし、他にも気にしながら走らせている部分もあるだけでなく、一度はエアコンがやる気ゼロになっていたくらいなのでまたなにが起きるかわからないのです。

もちろん好きな車なのでもっと長く乗っていたいなと思うこともありますけど、そのためにはやはりそれなりのお金をかけてリフレッシュしないと無理なのです。

となるとやはり新しい車に乗り換える方向になってしまうのだろうな。


博

2013年6月24日 (月)

早く帰ったものの

やった、今日は早いぞ。

そう思ったのが22時でした。

久しぶりに日付が変わる前に職場を脱出できるとあって喜んでいたら、「いやいや、早くないから」と関係者にバッサリ。

うーん、確かに早くない(苦笑)

10年くらい前だったら18時には家に帰り着くことも可能だったし、仕事が終わってから高速をひたすら600kmくらい走って彼女に逢いに行ったことだってある。

もし、今でもそのときの彼女に逢えるのだったらこの時間からだって逢いに行くことになんらためらいはない。

それくらいの気力はまだ充分にあるのだけど、お互いに物理的な距離が遠くなってしまっただけでなく、いろんなものが遠くなってしまったように感じる。

正直なところ、自分でもあまり嬉しくないのだけど彼女がどんな生活をしているのか目に浮かぶ。

健康な身体で元気に生活してくれているのならなにも心配はしない。

でも、この時期になると体調を崩しているのが容易に想像つくし、入院ということにもなっているんじゃないかと感じるのだった。

思い返すと一緒に過ごした時間はかなり無理をさせてしまっていた。

体調がよくないのに遠くから逢いに来てくれたのも一度や二度ではない。

でも、あの頃は逢えることがとても嬉しかったし、一緒に過ごせることがとても幸せだった。

もっともっと大切にしてあげなきゃいけなかったのに、なにやってたんだろう?


博

2013年6月22日 (土)

こんな時間に

やっと帰り着いていたりします(汗)

いやー、もうこんな生活にも慣れてしまい当たり前という感覚になっているのが恐ろしい。

朝7時には職場にいたということは忘れて、きっと夜7時だったということにしておきましょう(笑)

こんな生活もあとひと月もすれば終わるはず。

というか絶対に終わらないと死んじゃう(苦笑)

誰か、優しく添い寝してくれませんかね?

2時間だけでいいので。

あっ、もう寝てられる時間は2時間もないよ(汗)


博

2013年6月11日 (火)

あっぷるよどこへ行く?

恒例のWWDCがあった。

目玉はなんといっても「iOS 7」に決まっているのだけど、噂されていたような内容でこれといった特別な感想はない。

問題は今まで以上に使いやすくなったかどうかであって、フラットになったアイコンを採用したことで表示速度が確実に上がっているなら歓迎しよう。

秋に出るという次期iPhoneには当然「iOS 7」が採用されるわけだけど、ハードウェアとしての基本スペックに変化がなければ買う気にはなれない。

だって、おサイフケータイが使えないじゃん。

それに、防水になってないじゃん。

この両方に対応して、そしてドコモから発売されたらすぐに買います。

でも、そんな期待なんか聞いてくれるわけもないでしょう。

ということで、携帯はこれまでのようにシャープの製品を使い続けようかなと考えています。ハードはシャープ製で、ソフトがアップル製だったらいいかも(笑)

どうしてこんなことを書くかというと、最近のアップルはユーザがなにを望んでいるのか見えていないなと感じるからです。

もちろんアップルなりの考えがあって開発しているのでしょうけど、その方向がだんだんとズレてきていると感じるわけで、このままだと魅力のない製品やサービスばかりになってしまうなと思うのです。

正直なところ、アップル製品じゃないとできないことなんてありません。

でも、使いやすさという点を考えると他社にはまだまだ追いつかれていないと感じます。

ただね、機能的に完全に遅れてしまった部分も多い。

アップルがこれからどうするのか知りませんけど、これからも世の中の流れを作っていくメーカーであって欲しいし、ワクワクドキドキを提供しつづけて欲しいものです。

まずは、おサイフケータイと防水には対応しましょうね(苦笑)


博

2013年6月10日 (月)

利用者を大切にしなきゃ

最近いろんなところで感じることは、利用者が本当に望むことを無視したとしか思えないことが多くなってしまったということ。

たとえば先日の記事に書いた車の燃費。

どうしてここまで実際と乖離した数値を争うのだろうかとどんどん不信感がつのるばかりだったのに、ついにそれをごまかそうとする冊子まで作ってしまう始末。

もちろん乗車人員や走行パターン、エアコンの使用などで大きく変化するのはわかっているけど、TV-CMやカタログに記載されている数値は誤差とはとても呼べないほど実際とは違っている。

モノづくりが好きな私だから、自分の力で少しでも好成績が出せると嬉しい。他の人たちが数倍の値を出すのがやっとだったとき、私は数十倍の値を出していたしとてもキレイな状態だったためみんなは驚いていた。

でもそれは偶然。

もちろん設計するからには真剣に計算をしているし、どの値がベストなのかきちんと考えた上でのことだったけど、あくまでも私の中では偶然でしかなかった。

それはなぜか?

たまたま設計上の理論値に近かっただけであり、けして継続して出せるとは思えなかったし、出す意味もないと考えていたからだ。

だから実際に利用するとなると数倍の値が公称値になるだろうし、ピーク値としては数十倍であったとしてもそれはあくまでもピーク値であり参考程度にしかならない。

もちろん最初から数倍の値しか出せなかったとしたら使い物にならないわけで、数十倍というピーク値から十分にマージンを取った値が実際の数値になるのだった。

車の燃費と同じように大きく違和感を感じるのが携帯電話会社の通信速度だ。

最近、ソフトバンクが「つながりやすさ」をやたらとアピールしているけど、身近なソフトバンクユーザでつながりやすくなったという声はまったく聞かない。

もちろんつながりやすくなっている場所もあるけど、やっぱりどうやってもつながらない場所も多い。それに、なかなかのスピードが出ることもあるけど、それは瞬間的としか感じないことの方が多い。

ソフトバンクのことを書くと大嫌いだからだろうと思われるのであえて書くと、ドコモだって似たような状況だと思っている。ただ、地方になるとちょっとばかりドコモやauが有利かなと感じるくらいであって、どこに行ってもつながらなければ速度もへったくれもないわけだ。

ベストエフォートの通信速度やつながりやすさと車の燃費を同じ土俵で話はできないけど、どちらも利用者から見れば大きく乖離しているのだけは一緒ではないだろうか。

車の燃費を数値化するとして、乗車定員の重量物を積みエアコンはオン、走行速度も低速中心の街中パターンと高速中心(最高速度は130kmくらいを設定)の郊外パターンのふたつを出してもいいんじゃないかな。もちろん走行時の速度に合わせた風圧も考慮したうえでね。

これってとんでもなく難しいことでしょうか?

もしとんでもなく難しいことなら現在の数値でも仕方ないですけど、せめて現実的な数値として3割は引いておくとかして欲しいものです。

ちなみに、車のカタログを見るとわかりますけど、よくある健康食品類のように小さく注意書きが書かれています。効果効能には個人差がありますってのと同じようなことがね(笑)

なぜこんなことをぐだぐだと書くのかというと、ドコモのツートップ戦略のように利用者を無視したとしか思えないことが本当に多くなっているからだったりする。

ぶっちゃけ、長年のドコモ利用者としてかなりガッカリしているのだ。いや、怒っているといっても過言ではないほどかな。

実はそれだけではない。

とても身近なところでも「それでいいの?」と思うほど利用者を無視したやり方をしていることがあるからだ。

一時的には良い数値を出せたとしても、それはあくまでも一時的。

長期的に見るとどれだけ真面目に利用者のために頑張っているのかが大切だと思う。

ドコモさんよ、利用者のほとんどが望んでいないサービスなんかさっさとやめて、思いっきり土管屋になってみるといいよ。

会社存続のためには利益が必要なのは当然。そのためには、利用者が喜んで使いたくなるモノやサービスを提供しないとね。


博

2013年6月 8日 (土)

梅雨

梅雨入りしたと聞いたあと、ずっと天気がよくて心配になったほどです。

だって、雨不足で大変な思いをした過去がありますから、ずっと雨が少ないままだったらどうなるのだろうかと考えてしまったのです。

でも、やっと雨が降ってくれるようでホッとしました。

ずっと雨ばかりの梅雨は気が滅入ってしまいがちですけど、紫陽花がキレイに咲いているのを見たりすると嬉しくなってしまいます。

最近、そんな紫陽花を発見したのです。

でも、車を止めて写真を撮れるような場所ではないのでちらっと遠目に見るくらいで終わってしまうのですけど、それはそれでいいのかななんて思っています。

紫陽花は色の変化や花だと思っているのが萼だったりと、なんとも不思議な花です。


博

2013年6月 5日 (水)

女性が乗りたくない車

とあるカー用品メーカーが「あなたが乗りたくない車は?」というアンケート調査をしたそうな。

ネット上での調査であり、事前に用意された選択肢の中から回答するという方法のためもあって、どれだけ世間一般の意見が反映されているのかは疑問だけど、まぁこんなものかなと思うような内容だった。

ダントツなのが車内が臭い。

これは私も苦手な点で、芳香剤の臭いがプンプンしているようだと吐き気さえするくらいだ。まだ自分のおならの方がマシってものです(苦笑)

次に運転が下手。

これも確かにそうで、下手な運転の助手席に乗るとかなり疲れます。下手さに我慢できないと運転を交代します(苦笑)

その次に車内が散らかっている。

基本的にスッキリしていないと嫌なので、散らかっているだけでなくモノがゴテゴテあると落ち着きませんので、他人の車でも本当に必要なモノ以外は捨てたくなってしまいます(苦笑)

他には痛車やマフラーがうるさい、音楽がうるさい、LEDやブラックライトでの装飾、土足厳禁などあるようですけど、そんな車を見かけるとこちらが恥ずかしくなってしまいます(汗)

洗車していない車というのもあるのですけど、これはどうでもいいかな。日本人は車を洗いすぎだと思いますし、そんなにしょっちゅう洗う暇があっていいですねって思うくらいです。

私だって、ここぞというときは洗車しますよ(笑)

誰か、洗車されているか確かめて助手席に乗ってください。


博

2013年6月 3日 (月)

こんなのありですか?

車好きとしては車関連の情報はなにかと気になるものです。

でも、良い情報ばかりとは思わないことも多いわけで、それがエコカー減税といった摩訶不思議な制度であったりするわけです。ぶっちゃけ、制度の基準が間違っているエコカー減税なんかエコでもなんでもありません。

最近、いつまでも改善されない日本車の燃費表記について日本自動車工業会から「気になる乗用車の燃費~カタログとあなたのクルマの燃費の違いは?~」という冊子が発行されました。

これ読んで思うことは、じゃあ、なぜ実燃費をカタログに記載しないのということです。

これまで乗ってきた輸入車たちは、カタログに記載されている燃費と実燃費がほぼ同じか実燃費の方が上回ることがほとんどでした。ちなみに今のゴルフワゴンに限定すると実燃費の方がかなり良くなっています。

でも、日本車の話になるとカタログに記載されている燃費の3割は下回るのが現実というのがよく言われることで、下手するともっと遥かに下回ることもよく聞きます。

そんなカタログ値と実際の燃費の違いをこんな冊子でごまかそうとしているとしか感じなかったのですけど、そう感じるのは私だけでしょうか?

冊子に書かれているように実際の燃費が2割や3割も低くなるのがわかっているのなら、最初からその数値を書いておくのがよくありませんか?

もしね、3割低い数値がカタログの記載されていたとして、その車を買って実際の燃費がカタログの数値より上回ったとしたらなんだかトクした気分になれませんかね?

少なくともゴルフワゴンはカタログの数値を下回ることがないし、ディーラーの皆さんもびっくりされるくらいの数値を叩き出しているのが常ですから、それはもうかなりトクした気分です。

しっかり走り、曲がり、止まり、長距離を一気に走っても疲れ知らずの車で燃費がカタログの数値より遥かに良かったとしたら、たぶん多くの人がトクした気分になれると思います。

でも日本車の多くは、しっかり走らないし、きちんと曲がらないし、止まるのかと不安になることもあるし、シートは貧弱ですぐにお尻や腰が痛くなるので長距離はつらいしで、もう、それは車の基本が話にならないのではないかと思うこともたびたびなのです。

ただ、カタログの数値だけが良い(苦笑)


正直な気持ちを言うと、こんなどうしようもない冊子を作っているくらい暇ならば、さっさと実燃費をカタログに記載しなさいということです。

それさえすればこんな冊子も不要ですし、買ったはいいが燃費が悪いじゃないかと文句を言われることもないでしょう。

日本人はおとなしいから文句も言わない人がほとんどでしょうけど、海外では訴訟問題になっているような話なんですよ。


博

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »