お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月17日 (木)

資格

仕事とは直接関係なくても、ちゃんとした資格を持っていると便利なことがあります。

私の場合、仕事に関係ある資格に限定せず、興味を持った資格にチャレンジするようにしています。といってもここ数年は仕事がとても忙しくてチャレンジしている暇がないんですけどね。

今回は新しい住まいに資格が役立っています。まぁ、資格がなくてもきちんと理屈がわかっていれば誰にでもできるレベルのことなので、自慢するようなことではありません。

ただ、やはりきちんと資格を持っているのは強いですよね。

たとえそれが誰にでも取得できるレベルの資格であったとしても、持っていなければどうしようもないことだってありますからね。

なんでも自分でコツコツやってみないとなかなか理解できないタイプの人間なので、たどり着くまでの道のりは長いし効率も悪いと思うのですけど、自分のものになったときはやっぱり嬉しいですよね。

さてさて、次はどんな資格にチャレンジすることになるのでしょうか?


博

2013年10月14日 (月)

路チュウ

タイトルを路上駐車のことだと思った人、残念です

ぶっちゃけ、路上でチュウ真っただ中の10代のカップルがいたというそれだけの話なんですけど、歩いてくる人が見えないくらい夢チュウだったのでしょうね(笑)

まぁ、こんなこと書いている私も新幹線ホームに降り立った彼女を抱き寄せてチュウしたり、見送る際もドアがまもなく閉まるというのにチュウしてたりという経験もあるので、若い子たちが幸せそうにしているのを見ると嬉しくなってきます。

日本ではまだまだ人前でのチュウは常識外れみたいな文化に変わりはないと思いますけど、これがイタリアなんかに行くと人前でのチュウは常識、というかチュウしていても誰も見ていないし気にもしていません。だっていつもの光景なんだもの。

まだまだという日本でも、駅のホームで別れを惜しむカップルのチュウなんか自然でいいと思うんですよ。遠距離恋愛のカップルだと逢いたくてもなかなか逢えなくて、やっと逢えたと思ってもまたすぐに遠く離れ離れになってしまうじゃないですか。

そんなカップルが愛情を確認しあっている光景なんて、どんどん応援したくなりますもん。キッパリ!!

そんな自然なチュウなら、きっと多くの日本人が受け入れてくれますよね?

もしかしたら、今日のカップルも別れを惜しんでいたのかな? 駅の近くだったし(笑)

どうでもいいけど、恋人つなぎで歩くのが私の基本スタイル(苦笑)


博

2013年10月12日 (土)

真夏日?

10月も中旬に入っているのに真夏日だって。

たしかに暑くてやってられないと思ってたけど、真夏日だと聞いて余計に暑くなってしまったのはなんとも……。

聞かなきゃ良かったと思うことはいろいろとあるけど、真夏日という言葉を聞いて嬉しくなることはまずないだけに、いっそ真夏日という言葉を抹消してしまいたい気分になってしまう。

ほどよい暖かさの時期が一番なんだけど、夏の暑さや冬の寒さがあってこその四季でもあるわけなので、この時期の暑さは少しくらい我慢しなさいということなのでしょう。

仕事で汗だくになっているだけに、ちと真夏日について考えてしまったのでした(苦笑)


博

2013年10月11日 (金)

高速道路での事故

10月5日、移動の途中で休憩したのは伊佐パーキングだった。

それから約5時間後、伊佐パーキングエリアを2キロほど過ぎたところで大きなニュースになった事故が起こってしまった。

伊佐パーキングエリアで休憩したとき、高速道路の本線上に停止した車両から降りた人が亡くなる事故が後を絶たないというポスターに目が留まり、気をつけなきゃと私自身に言い聞かせたものだった。

九州方面に走るには、神戸から山陽自動車道か中国自動車道のどちらかを走ることになるのだけど、一般的には山陽自動車道を選択することになると思う。というのは、中国自動車道は山肌を縫うように建設されているため、カーブやアップダウンがとても多く、大半が80km/hという制限速度であるため疲れやすいのだ。

長いトンネルの多い山陽自動車道を走っていると山口JCTから中国自動車道に入ることになる。

制限速度が80km/hに低下するし、カーブやアップダウンが多いこともあって疲れた身体にボディブローのように効いてくる地点が伊佐パーキング付近だったりする。

何度も走っている所だけに疲れやすく眠くなりやすいことはわかっているので伊佐パーキングエリアで休憩したのだけど、ここで休憩しなければ王司パーキングエリアか関門橋手前の壇之浦パーキングエリアまで一気に走ることになると思う。

これまでの経験からいくと、伊佐パーキングエリアで休憩しなかった場合の疲れはとても大きいと感じている。その手前の美東サービスエリア休憩すればいいようなものだけど、伊佐パーキングエリアで休憩するかしないかで壇之浦パーキングエリアまでの疲れ方が不思議なくらい違う。

実は、この辺りを走るときサービスエリアやパーキングエリアのほとんどで休憩するようにしている。

佐波川サービスエリアで休憩したあと、美東サービスエリアまで約23km。美東サービスエリアから伊佐パーキングエリアまで約18km。伊佐パーキングエリアから王司パーキングエリアまで約23km。王司パーキングエリアから壇之浦パーキングエリアまで約13kmといった距離になる。

こうやって距離だけみるとやけに細切れになってしまうのだけど、疲れが溜まってくる夕方になるとこれくらい休憩しないと眠くなってくることもあってつらかったりするからだ。

経験からいつもそれくらい休憩しているのだけど、それぐらいこまめに休憩している人はどれくらいいるのだろうか?

この区間に限らず、疲れが溜まってきたらこれくらいこまめな休憩を取りながら走って欲しいと思う。

そして、今回のような痛ましい事故が起きることを回避して欲しい。


博

2013年10月 9日 (水)

プラズマテレビは消えてしまう?

パナソニックがプラズマテレビから撤退するというニュースがあった。

これまで以上に広い部屋を借りることになったので、さすがにテレビでも置かないと殺風景。

映画が好きなこともあって、プラズマテレビを購入しようかなと思っていたのだけど、最後の砦のパナソニックが撤退するとなると、もう選択の余地はなくなってしまうのだ。

最後のプラズマテレビを買ってしまうのか、それとも無難に液晶テレビにするのか、ちょっと悩むところだけどやはり気持ちとしてはプラズマテレビにしたい。

有機ELテレビまでのつなぎと思えばいいのかもしれない。

そうそう、先日ちょっとばかり家電量販店で50型くらいのテレビを見てみた。

薄型になった影響なのだろうけど、とにかく音が出ていない。

音をしっかり出したいとなると、外付けのホームシアターセットも一緒に買いなさいということなのだろうね。

テレビだけの金額では買えないということだけがわかったのはいいことなのかな?


博

2013年10月 3日 (木)

転勤三日目にして

早くも改革に取り組んでいます(笑)

これまであちこちで仕組みを作り、流れを変えてきただけに、誰にも負けないだけの経験はあります。

だからこそ今回の異動もあるわけなのですけど、ダメなものはダメといいつつリスク回避やメリットとデメリットの比較、そしてコストなど目先のことだけでは計算できないものまで考えてやっていると、ふとあの事故が思いだされます。

安全なわけがない福島第一原子力発電所の現状。

リスクコントロールがいかに大切なことなのか、それがあまりにもよくわかる事実だったりします。


博

2013年10月 2日 (水)

変化を楽しめるかどうか?

何事もシンプルにすることをひとつの考えとしている私は、これまで多くの改善をやってきました。

それはなぜか?

ぶっちゃけ、失敗して嫌な思いをしたくないし、させたくないからです。

それでもどこかで失敗はするし、その失敗をバネに成長していくことも多いわけですけど、たったひとつの小さな失敗で大きなダメージを受けてしまいなかなか再起できなくなる人も多いのが現実です。

だから、まずは誰がやってもきちんとできるべきところはまったく初めてやる人でも一通りのことができるような作り込みが必要だと思いますし、その作り込みが甘かったとしたらすぐに改善していく必要だってあると思います。

でも、多くのところでは放置されている。

本来はシンプルな考えで済むはずのところをわざわざ難しくしてしまっていたり、やたら細々と意味不明な仕事を作っていたりするんですね。

そして、そういった流れの中にどっぷり浸かってしまった人たちの意識を変え、シンプルで誰にでもわかりやすく効率の良い内容に大きく変化させるには、それまで以上の労力が必要だし、どこかで強引だと思えるくらいの力を出さなくてはいけません。

たとえば組織のトップとしてひっぱっていける立場ならいいのですけど、まったくそうでない立場で力を発揮していくとなると、本当にどうしたらいいのかわからなくなるくらい大変なことだったりします。

実際に強引なやり方をすると反感をくらうだけなので、誰もが変化を楽しめるような細工をして、「なるほど、そうするといいね!」といった感じにしていくことが必要なのかもしれません。というかそうしないと誰もついてこないのじゃないかな。

そのためには、その原動力となる人が変化を楽しめるかどうかが大切なわけですけど、楽しめる状況になるには遠過ぎてまったく先が見えないし、このまま泥舟が沈んでしまうのではないかと思っていたりします。

それでも、変化を楽しめるように気持ちを切り替えて、また明日も頑張るわけですよ(苦笑)

沈むなら、さっさと沈んでくれーーー(笑)


博

2013年10月 1日 (火)

新しい環境での生活

住む家はなんら問題ないというか、かなり便利なところを選んだのでこれまでよりもかなり生活しやすくなったと思うのですけど、肝心の仕事がもうどうしてこんなかなというくらいひどい状況。

午前中に仕事を辞めたくなったほどひどい状況に、沈没寸前の泥舟じゃないかと思ったほどで、これから先どうやって立て直していこうかと頭が痛くていけません。

日本の未来。

そんな先の見えない暗黒の時代に陥ってしまったような感覚をどうやって払拭し、そして立派な客船に仕立て直すかが腕の見せ所なのですけど、沈没寸前の泥船を客船に仕立て直すなんてまともな考えではできませんよね。

さてさて、どこから手をつければよいものやら?


博

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »