お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

「DWR-PG」から「L-05A」に逆戻り

先日、残念なことに「DWR-PG」が壊れたことは書いたとおりです。

ちょっぴり復活したかなという気配もあったのですけど、それはほんの一時的なものであり、根本的な問題はなにも解消されていませんでした。

残念ですが、「DWR-PG」を修理や買い替えする気持ちはもう残っていません。

無償で修理していただけるということなら修理に出してもいいなとは思いますけど、仮にそんな申し出があったとしてもどうしても修理したいという気持ちにはならないのです。

「DWR-PG」はとてもよく考えられた製品で、壊れることさえなければまだまだずっと使い続けていただろうなと思います。FOMAなので速度はそれなりですけど、総合的な使い勝手という点では充分に満足していました。だからとても残念ではあるのです。

テンションがぐっと下がった状態であっても「DWR-PG」の代わりになる製品は必要なわけですから、そこはもしものときにと保管していた「L-05A」の出番となりました。

ずいぶん久しぶりに「L-05A」を使うことになったので、どのような設定をしていたのかすっかり忘れています(苦笑)

そんなときこそインターネットで検索してみますと、必要なことがきちんと出てきてあっさりと設定も完了し接続できているわけです。実際にこの記事も「L-05A」の接続試験を兼ねて書いているくらいです。

使用頻度もぐっと下がっていた「DWR-PG」ですし、複数端末からの利用もしない状況でしたから「L-05A」に逆戻りしても不自由を感じることはありませんし、小さく軽い「L-05A」だけで済むメリットを考えればこれでいいのかもしれません。

またしばらくすると違う方向になっているかもしれませんけどね。


博

2014年6月18日 (水)

また壊れた?

2年くらい前に壊れて買い替えた「DWR-PG」がどうやら壊れたようだ。

2年足らずで壊れた初代に続き、2年ほどでまた壊れてしまう製品ってどうなのでしょう?

現在、再起動を繰り返しているようなので、初代と同じような状況であることは間違いない。

もう使うことをやめようかなと考えていたところなので、二代目が壊れ使えなくなってもあまり困らないのだけど、いざというときに使えないのはちょっと不便だなと思うこともある。

このまま本当に使えなかったとしてもいいんだけど、2年ほどで壊れてしまう製品に対する不信感はぬぐいきれない。

さて、どうなってしまうのでしょうか?


博

2014年6月17日 (火)

なにが本当なんだか?

小学生のときから実験大好きだったので、今でもいろいろと実験や検証をしています。それが仕事の一部でもあったりするのですけどね(苦笑)

その実験で大切にしているのは再現性であって、確実に再現できる条件を見つけ出すのは容易なことではなかったりします。でも、確実に再現できる条件が見つかったときはついドヤ顔になってしまうものなんです(笑)

もちろん、仮定として考えているときには間違っていることも多いし、再現できると思っていても根本的な条件を間違えていることだってあって、だんだんとなにが本当なのかわからなくなってくることもあります。

そして、どうしようもない迷路に突入ということになったかと思えば、休みの日に買い物をしているとふと正解を思いついてあっさり迷路脱出ということだってあるんですね。まぁ、迷路から脱出できないまま何年も放置ということもあるけど……(苦笑)

たとえ迷路から脱出できなくてもあきらめてしまうことはないですね。何年経っても記憶の片隅には置いているし、だからこそ解決できる日がくることもあるからなんです。

STAP細胞のニュースを見るたびに、なにが本当なのかどんどんわからなくなってきました。

どこかで大きな勘違いをしているのかもしれないけど、もしかすると歴史的に凄い事実があったりするかもしれない。できることなら後者であって欲しいという願望があるのですけど、現状では前者の可能性が限りなく高いですよね。

今後どうするのか?

ぐだぐだな状況を解決するのは作成できたという本人の手による公開実験しかないと思うのです。そこで本当に再現できれば生命科学の常識を覆す発見として評価されるだろうし、再現できなければどこかで大きな勘違いや間違いをしていたということになる。

さっさとそれだけをやってくれないかなぁ?

やってみせる。

それだけでいいんだけどな。


博

2014年6月15日 (日)

カッコいい日本車が欲しい!!

輸入車ばかり乗り継いでいる理由に、日本車のデザインが情けないほど悪いからというのがあります。

もちろんそれだけではありませんけど、第一印象というのは人間でも車でも大切なものて、瞬間的に「カッコいい!!」と感じることが購入にもつながっていると思います。

「カッコいい!!」という感じ方もひとそれぞれなので、輸入車ならカッコよくて、日本車は不細工と言い切るつもりはありませんけど、やはり輸入車の方がカッコいいと思うことがかなり多い。

それ以前に、最近のマツダ車を除くと、日本車はどこのメーカーのなのかパッと見てわからないことも多くなったような気がするのだけど気のせいだろうか?

ドイツ車を例にあげると、メルセデスベンツ、BMW、アウディ、フォルクスワーゲンが一緒に走っていても、それにマークが付いていなくても、すぐにどのメーカーの車かわかるくらいの違いがある。

最近のマツダ車はこれらのドイツ車と同じようにすぐにわかる統一されたデザインとなっていて、好き嫌いはあるとしてもどこのメーカーなのかすぐにわかっていいんじゃないだろうか。

もし、今ここで日本車を買わなければいけないことになったとしたら、間違いなくマツダ車を買う。7月に発売されるという新型デミオ(4代目)はもしかすると本当に買ってしまうかもしれないくらいだったりする(笑)

ぶっちゃけ、以前のマツダ車はまったく買う気にならなかった。それはあまりにも垢抜けしないデザインだったからなのだ。

やはり、「カッコいい!!」という車が欲しい。

できることなら、高品質で「カッコいい!!」という日本車が欲しい。

日本車でよくあるカッコいいというのは、どういうわけかヤンキー御用達ではないかと思うようなデザインになってしまうような感じがする。もちろんそういったニーズがあって売れるのならいいんだろうけど、そんな車に乗る勇気はこれっぽっちも持ち合わせていない。

お願いだから、燃費という数値ばかり追求しないで、第一印象である「カッコいい!!」も追求してくれないだろうか。

カッコよく、走りもしっかり、そして燃費もいい、そんな日本車がどんどん出てくれないかなぁ。


博

2014年6月14日 (土)

これ欲しいです!!

「up!」という車のプロトタイプが公開されたとき、EVが視野に入れられていることも知った。そして、すぐに欲しいなと思ったものだった。

「up!」が日本で発売になったとき、たまたま前車のゴルフワゴンの点検かなにかでディーラーに行ったら「up!」の試乗車が置いてあり、少しばかり時間もあったので営業担当者のすすめもあり試乗したことが懐かしい。

発売されたばかりなのでちょっとどうかなという部分はあったものの、街乗りには向いている車であり楽しいなと感じる部分もあったので、将来的には買うことになるかなという漠然とした気持ちはいつも持っていた。

「e-up!」というEVになって何が違うのかというと、「up!」ではシングルクラッチのためにちょっとばかりギクシャクした変速になりがちなんだけど、「e-up!」だとそれがないだけでなくモーターならではの加速の良さもあるということだ。

片道数十キロといった範囲内での行動なら電池の持ちも問題ないし、それ以上の距離ならさっさとティグアンやゴルフで出かけてしまうのは間違いない。

問題があるとしたら本体価格。

それでも欲しくなってしまう「e-up!」というのはやっぱり最初の印象がとても良かったからだろうか?


【インプレッション】フォルクスワーゲン「e-up!」(本国仕様) / - Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/20140613_652976.html

この記事で紹介されている「e-up!」はちと派手なステッカーで装飾されているけど、このくらい目立つので走り回りたいなぁ(笑)


博

2014年6月12日 (木)

困ってしまうこと…

昨日、「なんでも許しちゃう?」という記事を書いたばかりです。

さすがに許すにしてもその相手を好きじゃないとダメでしょうから、大きな前提条件があることになります。

じゃ、好きな相手であれば本当になんでも許せてしまうのかというと、実は許せてしまうけど困ったことだってあるのでした。

それは「逢いたい」と言われること。

もちろんなんとか逢う時間は作るのですけど、相手が満足できる時間の確保ができないと思うのですね。

うーん、こんなところに問題があるとなると、その後がどうにもならなかったりするのですね。

もちろん、逢えた時間の中では最大限の努力はしますけどね。


博

2014年6月11日 (水)

なんでも許しちゃう?

他人からどう見えてしまうのか、それは見る人によっても違うことだし、あまり気にすることではないのだけど、どうやら私はなんでも許してしまうように見えるらしいのですね。

第一印象として問題があるようでは困りますけど、さすがにそこは無事にクリアしていると思います。と思っているのが一番の問題だったりして……。

なんでも許しちゃう?

たぶん、許してしまうと感じたその人によって許してしまうのがどういったものか違っているのでしょうけど、私が想像できる範囲を遥かに超えたことを考えている人だっていたりするものです。

もちろん、許せることと許せないことがあります。

包容力として許せる範囲のことであればいいのですけど、そこまで求められても困るんだけどということもあったりするわけですね。

そこで、どこまで許せちゃうか考えてみます。思いつくことはあとから追加しましょう(笑)

・一緒にドライブは問題ない
・一緒に食事も問題ない
・それらにかかる費用負担も問題ない
・ドライブ用の車を買って欲しいと言われても問題ない
・ドライブに疲れてお泊まりするのも問題ない

うーん、どこまで許せちゃうのだろうか?


博

2014年6月10日 (火)

観察力

子どもの頃から観察力に優れていると言われていた。

そうは言われても私自身はとくに意識していたわけではなく、きっと自分が好きなことだから知らず知らずに観察していたのだと思う。

そういった子どもの頃からの経験は現在でもいろんな場面に生かされているわけで、観察力に推理力、そして現象の再現力などいろんな知識や経験があってこそ実用になるわけだ。

ベテランの経験というヤツだろうか。

引き出しの多さがどれほどなのか試されるようなことも多々あるのだけど、これまでの経験であっさり解決してしまったりすると、とんでもない人間のように言われてしまったりする(苦笑)

私にとっては当たり前のことであり、これまでの経験の積み重ねの延長線上でしかないのだけど、どうやら周囲から見える私はなんでもできるスーパーマンみたいらしい。

そんな私は、「梅干し食べてスッパマン」なんてどうしようもなくくだらないことを言うような人間だったりするのだ(笑)

実は、それに対する周囲の反応をしっかり観察していたりするのだけどね。あはは。


博

2014年6月 9日 (月)

久しぶりに眺めてみたのだけど

たまたま寄ったショッピングモールで車関連のイベントがあっていた。

どんな内容なのかはまったくわかっていないのだけど、日本車だけでなく輸入車もいろいろと展示されていた。

車を見るのが目的ではないので歩きながら眺める程度だったのだけど、日本車はどれもデザインが変。というかありえないデザインばかり。

輸入車も含めやはり燃費や環境負荷の低減が目についてしまうのは時代の流れとして当然だとしても、輸入車はどれもいいなと思うデザインをしているのに対し、日本車はどれも似たような貧相な雰囲気ばかりだったのが残念。

同行していた知人はずっと日本車に乗っているのだけど、「欲しいと思う日本車はないね」という言葉が印象的であり、そろそろ車検の時期という彼の車はどうするのだろうかと気になってしまった。

輸入車を買うような性格の彼ではないので、まだまだしぶとく車検を受けて乗り続けていくのだろうか?

もしかすると突然のように輸入車を買ってしまう、ということはやはり考えられないかな……。

せめて、彼が欲しいと思う日本車があったらいいのにねぇ。


博

2014年6月 8日 (日)

最近になって気がついたこと

知念里奈さん、秋元才加さん、このふたりが好みのタイプだってことに気がつきました。

それだけのことなんですけど、なんとなくこのお二人は似た感じがしませんか?

ちなみに、以前から好きなのは、加藤あいさんです。

年齢のことは無視してくださいね(苦笑)


博

2014年6月 5日 (木)

病院送り(苦笑)

珍しく朝から記事を書くということは、それなりの理由があるというものです。

これがただ休みでのんびりできるのなら良いのですけど、今日は残念ながら病院に行くからなんてすね。

病院に行ったからといって即時入院というのは考えられないと思いますけど、ひょっとすると近いうちに入院ということになっても仕方ないのかなとある程度の覚悟はしています。

もし入院ということになったとしても、その後の状態が良くてきちんと生活できるならなにも問題はありません。ただね、微妙なところだけにその後のことがやっぱり心配になってしまうのでした。

とにかく病院送りという状態なので、おとなしく行ってくることにしましょう(苦笑)


博

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »