お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月23日 (土)

先人の知恵

最近、疲れ過ぎて、疲労による症状があちこちに出ています(涙)

こんなときはゆっくり休むに限るのでしょうけど、休みを予定していた日は台風の影響で休みどころの話ではなくなってしまいましたし……。

ところで、最近ことあるごとに思うのは「先人の知恵」が活かされていないなということだったりします。

幼少の頃、両親から「なぜそうなっているのか」ということをよく教えてもらっていたような記憶があるのですけど、それが「先人の知恵」だったのだということに気がついたのはいつの頃からでしょうか?

少なくとも両親からの教えがあったことで「なぜ?」ということをよく考えるようになっていたことは幸運であったと思いますし、今では危機管理という面でとても役に立っているわけです。

たとえば鉛筆をナイフで削るにしても、鉛筆とナイフの持ち方をきちんと教えたうえで、「なぜそう持つのか」を問われた記憶があります。もちろん幼い私に正解が言えるわけもなく悩んでいたら、母親が別の持ち方をして「こう持っていたらどうなる?」といったようなことを聞いてきたことも覚えています。

さすがにすぐ「ケガをする」と答えたことも覚えています。

小さな「なぜ?」をそのまま放置せず、先人の知恵を活かすというのが生活するのだなと気がついたのはすっかり大人になってからでしたけど、今では本当にいろんな場面で助かっています。

ただ、世間一般ではあまり活かされていないと感じることも多いわけです。

それはきっと活かすのが当たり前になっているからこそ感じるのでしょうけど、活かすといっても難しいことではなく、ごくごく小さなことをコツコツ積み上げていくというたったそれだけのことでいいだけに、活かされていないことが残念に思えるわけです。

便利な世の中だから考えなくても生活できてしまいますけど、あえて少し不便で遠回りな生活をしてみると、「先人の知恵」がいろいろと見えてきたりします。

バリバリのデジタル人間だと思われている私が、実はかなりアナログなことにこだわっているのは、きっと便利な世の中では得られないなにかを見つけようとしているのかもしれません。


博

2014年8月12日 (火)

ちゃんと見えていますか?

「明日はミラーの調整に続きます(笑)」と書いておきながら翌日に書けず何日も経過してしまいました(汗)

まぁ、これにはいろいろと事情がありまして、思ったようにならない現状はどうすることもできなかったりします(涙)

前回は知人の女性の運転姿勢を正しく矯正したということを書いていました。

実はその後、本人の車ではない別の車に乗る機会があり、自分で運転姿勢を調整してもらったのですけど、一度覚えてもらうとまったく別の車でもあっさり完璧な調整ができていました。

ちょっとしたコツだけでずいぶんと運転が楽になるわけですから、いかに正しい運転姿勢が大切なことかよくわかりますし、再確認させられました。

さて、正しい運転姿勢となったら次はミラーの調整ですね。

まずは簡単なルームミラーの調整ですけど、まずは水平にします。次に高さ調整ですけどもちろんリアウインドウが全部写り込むようにします。あとはジャマな自分の頭がギリギリ写り込まないくらいまで左側に向けていくだけです。

次にドアミラーですけど、左右連動する機能などあったりしますから右側から調整します。もちろん日本の道路で右ハンドル車の場合ですけどね。

右側は、まず左右方向から調整します。左右どちらかに動かして自車の側面が3分の1ほど写り込むようにします。上下方向は路面の遠い延長線上がちょうど半分の高さになるように調整するだけです。

【右側ドアミラー調整後】
右側ドアミラー調整後
(画像クリックで拡大)


左側も、やはり左右方向から調整しますけど、自車の側面が半分ほど写り込むようにします。上下方向は路面の遠い延長線上が3分の2ほどの高さになるように調整します。これは左に寄せたりバックするときのためであったりします。

【左側ドアミラー調整後】
左側ドアミラー調整後
(画像クリックで拡大)


ギアをバックに入れたときに左側のミラーが自動的に少し下向きになってくれる機能が付いている車もありますけど、それは別にしてもやはり左側は少し下向きに設定しておいた方が運転しやすいと思います。

調整のポイントは後ろのドアのドアノブやフェンダーの出っ張り部分が見えるようにというものです。まずは車の大きさを把握でき、どのくらいの位置にあるのかをしっかり確認するためですね。とくに幅寄せやバックでは重要なポイントとなります。

調整が終わったところで駐車場内を走ってもらいました。もちろんバックでの駐車もしてもらったのですけど、それまでの視界とまったく違って良く見えるし、苦手としていたバックも1回ですんなりと決まったくらい上達していました。

さすがにそこまでの違いは期待していなかったのですけど、正しい運転姿勢とミラーの調整だけで格段に運転が上手くなるのですから、運転があまり上手ではないと自覚していらっしゃる場合は見直してみるといいかもしれませんね。

実は、この話に出てくる知人の女性の運転する車に同乗したことが何度かありますけど、その度に怖いなって思っていたのでした。

それが、正しい運転姿勢に矯正して、ミラーもきちんと合わせてあげると不思議なくらい怖さがなくなっていたのです。

なぜ怖かったのか?

その理由は「ちゃんと見えていなかったから」だったのですね(汗)

正しい運転姿勢がとれず、ちゃんと見えていないまま運転していたという状況は、冷静に考えると本当に怖い(滝汗)

後日、ご本人の車と比べるとかなり大きな車を運転してもらったのですけど、なんとスイスイ走っていました。大きな車は怖くて絶対に無理だと言っていた彼女があっさりと大きな車を運転しているなんて、なんだか夢のようで笑えます。

どうでもいいのですけど、ミラーの絵をタッチパッドだけで描いてみました(苦笑)

なんとなく記憶にあるイメージだけで描いてみたので、この記事を書いている途中で「あれっ、なんだか少し変(苦笑)」なんて状態に陥っていますけど、こんな感じに調整すればいいよというのは十分にわかるイラストになっていると思います。
本当か?

もしわからないということがあれば、後日、写真と差し替えます(笑)


博

2014年8月 7日 (木)

お尻、入れてますか?

なんだかエッチなタイトルです(笑)

エッチなお姉さん相手だといろいろとあるのかもしれません(笑)

いやいや、そういう話ではなく真面目に車の話です。

というのも、運転が苦手という知人(女性)に「どうしたら運転がうまくなりますか?」と聞かれたからなのです。

その女性は私が運転する車に同乗したことがありますのでどんな運転なのかご存知なわけですし、うまいと感じられたから質問されたのだと思います。

さりげなく話を聞いてみるとどうやら正しい運転姿勢がとれていない様子でしたので、彼女が帰る前にちょっとばかり教えてあげようということになったのでした。

とりあえずいつものように運転席に座ってもらいます。

はい、あっさりと問題点が見つかってしまいました(苦笑)

まず、余計なクッションがあったので取り除いてもらいます。

クッションなしのシートに座ってもらうとまったく位置が合いませんから調整のやり直しになるのですけど、いつものように座ってもらうとお尻の後に隙間が空いています。

そこで、グイッグイッと左右にお尻を振ってシートバックに深く入れ込むような感じで深く座ってもらいました。一般的に深く腰掛けるというヤツですね。

この状態だと軽く背筋が伸びていますから、シートバックもその背筋に合わせて調整してもらいました。従来より2ノッチ前に倒れることになりました。ということは、今まで身体がのけ反った状態で運転していたわけですね。

そんな状態で顔だけ正面を向けようとするから、首や肩に変な力が入っていますし、疲れの原因にもなっていたようです。

あとはブレーキをしっかり踏んだ状態でシートを前後、上下に合わせてもらいます。

小柄な彼女は自分の車にシートリフターやハイトアジャスターと呼ばれるシートの高さを調整する機能が付いていることをご存知なかったのです。だからクッションが必要だったわけですね(苦笑)

まず、高さはめいっぱい上げてもらいました(笑)

次に前後の調整をしてもらったのですけど、膝裏と座面が強く当たって気になるということでしたので、ほんの少しだけシートを低くしてもらいました。

ハンドル上部を握ってもらい姿勢を見てみると、すごーく自然でどこにもムダな力が入っていない感じでとっても良い雰囲気です。

そこで彼女が一言。

「ぜんぜん見え方が違う!!」

そりゃそうでしょう(笑)

今までの姿勢と比べたら頭の位置がかなり上がっただけでなく少しばかり前に移動していますからね。

それに、頭が身体の上に自然とのった状態ですから、首や肩への負担もなく軽い感じになったそうです。

じゃあ、さっそく走ってみましょうか……。

さすがにこれで走り出すというわけにはいきませんね(苦笑)

ということで、明日はミラーの調整に続きます(笑)

今日のポイントは、

「お尻をしっかりと入れる」

でした(笑)


博

2014年8月 3日 (日)

デミオの見積もり

実は、すでにデミオの見積書を持っている(笑)

現時点ではあくまでも概算であるし、そもそも実際の発売価格さえきちんと決まっていないという状況なのであまり参考にはならないのだけど、最上位グレードの一通りなんでも付いた状態で260万円といったところだろうか。

コンパクトカーで260万円が高いか安いか、感想はひとそれぞれだと思うけど、日本のコンパクトカーとの比較であってもけして高くないと思うし、輸入車と比較すればやはり安いなと思ってしまう。

価格帯が同じであれば、間違いなくデザインや走りで選ぶことになる。

似非なエコで選んではいけない!!

車は走ってなんぼ。

ちゃんと、走る、曲がる、止まる、ができる日本車がどれだけあるのだろうか?

少なくとも最近のマツダ車はそれができている。

そして、今度のデミオはアクセラさえも超えていると感じる仕上げに、もう、コンパクトカーはデミオでいいなと思ってしまったのだ。

もちろん、買うことになるのかどうかはまったく未定だけどね(笑)


博

2014年8月 2日 (土)

どうしてヘッドライトを点灯させない?

昨日は、夕方近くから所用で出かけることに。

まずは街中を抜けなければいけないのだけど、雨降りの夕方とあって覚悟はしていたものの大渋滞。

このとき、ヘッドライトを点灯させている車がとっても少ないことにすぐ気がついてしまった。

もちろん、私の車のヘッドライトは点灯している。

私の場合、車のエンジンをかけた時点で灯火類のスイッチは「AUTO」に設定している。もちろんイレギュラーな状況があるのでそのときは「OFF」という選択もあるのだけど、基本はやはり「AUTO」という考えだ。

雨降りの夕方にヘッドライトを点灯させていない車ばかりのような状況でなにが起こっていたか?

たった1km程度の短い区間で事故が多発!!

状況を見るとそのほとんどが右左折時の事故であって、中には道路横のお店に入ろうとして縁石に乗り上げ亀になってしまった車も(苦笑)

さすがに目の前で亀になる瞬間を見るとは思わなかったのだけど、その車はやはりヘッドライトを点灯させていなかったためか、縁石がちゃんと見えていなかったのだろうね。

ただでさえ雨降りの夕方で渋滞しているのに、事故が多発すればそれはもう動くわけがない(涙)

覚悟を決めて全力で我が身を守ることに集中したのだけど、周囲の車がヘッドライトをいつまでも点灯させないままでいるのは恐ろしさを感じるほどだった。

もう、ドライバー個人の危機管理意識に任せていてはダメな世の中になってしまったとしか思えない。

少し前にも書いたことだけど、自動車メーカーとしてはもう「AUTO」を標準にすべきだと思うし、エンジンがかかっているかぎり「OFF」にはならない設定にして欲しい。

たったそれだけのことで昨日の事故は防げただろうと思う。

もちろんドライバーの意識の問題ではあるのだけど、車にあまり興味がなく、仕組みもほとんど知らないまま乗っている人が多い状況を考えると、メーカーとしての対応は必須だと言えるのではないだろうか。

お願いだから、ヘッドライトをどんどん点灯させましょう。


博

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »