お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« iPhone 6 と iPhone 6 Plus | トップページ | 新型デミオ(4代目DJ系)契約(笑) »

2014年9月21日 (日)

『舞妓はレディ』

ずいぶん久しぶりに邦画を観に行ってきました。

周防正行監督最新作 映画『舞妓はレディ』公式サイト


【舞妓はレディ】
舞妓はレディ
(画像クリックで拡大)


京都の上七軒ならぬ下八軒(笑)という花街には30歳になろうという舞妓がひとりだけ。もうこれだけでも異常な事態なのだけど、ここに鹿児島弁と津軽弁という訛りの強い言葉しか話せない少女が舞妓になりたいと現れた(笑)

たまたま居合わせた言語学の教授がこの少女を舞妓にするため、まずは「おおきに」「すんまへん」「おたのもうします」の発音から教えていくというところから始まる人情味あふれるミュージカルコメディです。

下八軒とされている所は、明らかに祇園白川の辰巳大明神前をモデルとしていて、京都の雰囲気をよく表して素晴らしい出来栄え。

周防正行監督が20年もあたため続けていたらしく、脚本と演出は素晴らしく細かいところまでうまく表現されていました。

出演者のみなさんもそれぞれがとても良い味を出されていて、笑ってしまうこともたくさんでしたけど、素晴らしいと思うこともたくさんで、誰か一人でも欠けるとうまく成り立たないなと思える配役でした。

やはりポイントは京言葉の実に微妙なニュアンスであり、また鹿児島弁や津軽弁という方言であったりすると思います。

京言葉がちゃんとわかっているとより一層楽しめると思いますけど、そうでなくても十分に楽しめるようにはなっていましたので心配は不要です。

京都生まれで京都育ちという人にはとっても楽しめる映画だと思います。

たまたま私は京言葉がわかるし、鹿児島弁もほぼわかるし、津軽弁もあるていどわかるので、そういった言葉の違いだけでも楽しめたかな。

細かい演出をすべては拾いきれていないと思うので、もういちど観に行ってみようかな(笑)

いや、何回も観たいかも(笑)

楽しかった(笑)

「ま〜いこはレディ~」

「ま~いこはレディ~」

ずっと頭から離れません(笑)


『マイ・フェア・レディ』

というミュージカル映画へのオマージュ作品なのでしょうね。


博

« iPhone 6 と iPhone 6 Plus | トップページ | 新型デミオ(4代目DJ系)契約(笑) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『舞妓はレディ』:

« iPhone 6 と iPhone 6 Plus | トップページ | 新型デミオ(4代目DJ系)契約(笑) »