お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月28日 (金)

ゴルフ7でテレビを見る(TVキャンセラー)

たまにはゴルフ7の話でもということで、最近になってやっと買ってみた Discover Pro 用の TVキャンセラーのことでも書いてみます。

Discover Pro は走行中にはテレビを見ることができないようになっています。

それは運転者としてまったく構わないのですけど、同乗者の退屈しのぎにはやっぱり見られるようになっていた方が便利です。

走行中にナビの操作ができない、テレビが見られないというのは業界の自主規制であって、法的に決まりかあるわけではありません。もちろん、ドライバーがナビやテレビの画面に注視するのは危険なのでやってはいけません。

ただ自主規制で制限をかけてしまうやり方には疑問というか不満がありまして、つい反発してしまうわけですよ(苦笑)

反発してしまう理由は自主規制が中途半端なこともひとつの要因です。

だって、簡単に解除できてしまうような自主規制ですし、そんなことをするくらいならもっと別の方向性を持って安全に対する意識を高めてくれたらいいのにと思うからです。

ティグアンをダブルナビにしたのも、同乗者にはゆっくりテレビでも見てもらい、ドライバーである私はしっかりナビを使おうという分離の考えもあったわけです。ちなみにティグアンの純正ナビは簡単に走行中でもテレビが映るようになります。Gorilla と同じようなレベルだということです。

それらに比べ、ゴルフ7の Discover Pro はちょっと違っていて、ある一定速度以上になると映像が消えてしまいます。たぶん、時速15km/hくらいでしょうか。

購入したTVキャンセラーはこの設定を実質的に無効にするもので、時速15km/hの設定を時速200km/hといった高い設定値に変更するもののようです。実際の速度は確認していません。確認していたら凄いけど(笑)

実際に200km/hといった速度で走ることはありませんので、ずっとキャンセルされた状態だと思っていいでしょう。仮にサーキットなどで200km/h以上で走ることがあったとしても、そんな速度でテレビを見る人はいないでしょう(笑)

購入先はフォルクスワーゲン車のユーザーならよくご存知だろうというマニアックス株式会社さんのサイトです。

PLUG TV! TV Canceler for Discover Pro
http://vwmaniacs.com/fs/maniacs/gr521/gd14833

この製品にしたのは他社の製品に比べて安かったからですし、ドングルとして見栄えも良かったからです。

一度使ってしまえば机の引き出しで眠ってしまうような製品ですけど、見た目が不細工な製品はやはり遠慮したいですし、過って断線ということでもなったらいやですからね。

消費税込で23,760円というのはお安くないですけど、とりあえず問題なく解除できていて他にも影響はないのでいいのかな……。


ついでに、デミオのテレビも解除しておきたいなと思っているのですけど、これはちょっと簡単にはいきそうにないですね。


本当に無意味な自主規制はやめてほしいものです。


博

2014年11月25日 (火)

新型デミオにETCを取り付ける(予告編)

新型デミオ(4代目DJ系)にマツダ純正オプションのETCボックス(型番:C901 V6 381B、税別価格:5,000円)を使ってETCを取り付けてみます。

取り付けるETCはデミオの前車となる車から取り外した三菱電機の製品で、ナビゲーション連動には対応していません(たぶん)。もし対応していたとしても対応させるつもりはありません。キッパリ!!

マツダではサンバイザーの後ろに隠れるようにETC車載器を収納するビルトインタイプのことを「スマートインETCシステム」と呼んでおり、今回はその方式で取り付けてみます。

すでにETCボックスはディーラーから入手済みで、あとは自分で取り付けるだけとなっています。

分解や取り付けのポイントなどができるだけわかるように写真も撮りながらの作業とし、ポイント解説もしっかりやっていく予定です。

正直なところ、ディーラーにお任せすることをおすすめする作業ですけど、私のようにこれまでも自分でETCの取り付け経験が何度もあって、車の内装取り外しなどが理解できている人であれば自分でできないわけでもない作業です。

さてさて、どうなりますことやら?

もちろん、ちゃんと取り付け完了しますよ(笑)

取り付け完了時のイメージは下記のリンクをご覧ください。

【MAZDA】DSRC/ETC |アクセサリー
http://www.mazda.co.jp/accessories/etc/


博

2014年11月15日 (土)

ダブルナビ

「ダブルあや」といってすぐにわかるのは『月曜から夜ふかし』の視聴者ですね(笑)

そういえば最近はこの番組を見ていないのですけど、毎週録画に設定していたはずだからきっとそのまま保存されているはず。あーい!

で、「ダブルあや」ではなくて「ダブルナビ」の話なのですけど、ちょっぴり出稼ぎに行っていた CN-GP720VD が帰ってきたので、この機会にティグアンをダブルナビにしてみました。

【ティグアン純正とGorillaのダブルナビ】
ティグアン純正とGorillaのダブルナビ
(画像クリックで拡大)

ダブルナビにした理由とメリットはなにかと言うと、ナビ本来の機能が CN-GP720VD の方がずっと使い勝手がいいからですし、ストレスも少なくて済むからなんですね。

初めてナビを買おうかなと思ったとき、当然のように各社のナビを実際に操作してみました。もちろん展示されている製品なので実際に走行テストはできませんが、操作感はしっかりと確認できるわけです。

何事にもこだわりが強いので操作感はかなりチェックしましたし、どこでストレスを感じるのかもしっかり確認して、ダメだという製品をボツにしていったものでした。

そして残ったのが当時は三洋電機から発売されていた Gorilla だったわけです。

電器店やカー用品店の展示機でチェックするわけですから、取扱説明書が置いてあったとしてもいちいち見ている時間はありません。とにかくいろいろと触ってみてすんなりと操作できるか、頭の中で思いついた機能をすぐに見つけ出すことができるかなどありとあらゆることをやってみると、どうしてこうも操作性が悪いのかなと疑問に思う製品ばかりでした。

かろうじて残った Gorilla はわりと直感的に操作できるようになっていて、これだったら買ってもいいかなと思ったし、今でも使っているわけなのです。ただし、三洋電機からパナソニックになってちょっとばかり使い勝手が落ちたなと思うこともあります。

ティグアン純正のナビはクラリオン製です。これはそこそこよく出来ているなと思う部分もあるのですけど、ナビ本来の操作感があまりよくないなと感じているのですね。

実際に1年間ほどこのナビばかり使ってきましたけど、操作感はやはりしっくりきませんし、ストレスを感じてしまうことも多々あります。

このままナビとして使うのはちょっとしんどいかなと思っていた頃、無事に CN-GP720VD も帰ってきましたからダブルナビにしない手はありませんよね。

ティグアンはダッシュボード上部中央に大きなトレイ状の凹みがあります。ここに純正の吸盤ベースをちょっと加工して貼り付けたうえで載せています。

どうしても純正ナビより遠い設置位置になるので気軽に操作というわけにはいきませんけど、ナビとしての機能に絞って使っているので、出発地での設定か、どこか休憩したときくらいにしか操作しないので問題にはなりません。

実際にダブルナビにして何日か使ってみたところ、2台のルートが違っているために参考になることがわかってきました。どちらか一方をうのみにするのではなく、2台のルートを参考にしつつ、おいしいところをセレクトしながら走っていけるわけです。

もちろん、自分の判断が間違ってしまえばダメですけど、うまくセレクトするとすっごく便利だしいい感じに走れますね。

あくまでもメインは CN-GP720VD であって、サブに純正ナビといったところでしょうか。

本末転倒のような気もしますけど、現実にはこの状態がいいのかもしれません。

純正ナビは音楽やテレビとしての利用になっちゃうかもね(笑)


博

2014年11月 5日 (水)

ついに iPhone ユーザの仲間入り

iPhone を買おうと思いつつ、どれだけの月日が経ったのだろうか?

最大の理由はドコモから発売されていなかったためなのだが、それも昨年から発売になり、今年は iPhone 6 と iPhone 6 Plus が発売され、ついに iPhone ユーザの仲間入りすることになった。うるうる(涙)

コテコテのマックユーザ(アップルユーザ)であるので、アップル製品はそこら中にゴロゴロしている。正直、いくつあるのか数えるのが面倒なくらい沢山あるのだけど、残念なことに iPhone だけはなかったのだ。iPod touch や iPad もあるのにね(苦笑)

そんな前置きはいいとして、注文してから長らく待って届いたのは iPhone 6 Plus である。

これまでかなり小さめのスマホ(SH-07D)を使ってきた身としては、iPhone 6 Plus がムダに大きく感じてしまうのだけど、これに決めたのは画面サイズとカメラの性能の2点からだった。他のスペックなどほとんど無視していたくらいなにも知らないのだ(笑)

色はスペースグレイにした。

これは画面周りが黒くないと落ち着かないので、選択肢としてスペースグレイしか選べないのがつらい。できるなら、完全に黒という方がよかったのだけど……。

まぁ、色はケースを取り付けてしまえばいいわけで、iPhone 6 Plus が届くより先に SPIGEN のネオ・ハイブリッドが届いていたのだ。色はダンテ・レッドで、黒のケースに赤のバンパーが付くといったモノだ。

これにしたのは色の組み合わせが好きだから(笑)

もちろんケースとしての性能も大切だけど、やはり見た目の良さというのは大切で、黒と赤の組み合わせは絶対に外せなかったので最終的にこの製品を選んだのだった。取り付けてみるとなかなかいい感じである。車と一緒でやはりこだわってしまうのだった。

さてさて、使い勝手はどうかというと、まずは LINE をインストールしてみたのだけど、スタンプのデカさに思わず笑ってしまった。たぶん、今までのがとても小さかったので、実際の比率以上に大きく感じているのだと思うけど、iPhone 6 ユーザに見せても大きいって笑われた。

その他は、電話をかけるときに持ちづらい(苦笑)

ケースを付けたので余計に持ちづらくなっているのだけど、電話をするならやはりある程度の大きさにおさまっているタイプがいいと思う。iPhone 5S くらいの大きさまでが現実的かな。

この問題点を解消するには、Bluetooth のヘッドセットを買うしかないだろうな。

ということで、どのメーカーのどのヘッドセットを買おうか悩むのだけど、以前、この手の製品をいろいろと試してみたところ、満足できる製品がひとつもなかったのだった。

あれから時間も経っていることだし、問題なく使える製品が見つかることを期待しよう。

LINE と通話、そしてカメラだけ使っている iPhone 6 Plus だけど、電子ブックを読むにはいいかもしれないサイズだと思っている。

それに、アプリもなんとなくだけど画面が大きいメリットがありそうな気がする。あくまても気がするというレベルでしかないんだけどね。

さぁ、これからどのように使っていこうかな。


博

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »