お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

パソコン・インターネット

2014年9月20日 (土)

iPhone 6 と iPhone 6 Plus

まだなにも行動は起こしていませんけど、

iPhone 6

iPhone 6 Plus

の両方を買うことにしました(笑)


現在、4回線を持っていて、1回線がスマホ、1回線がデータ通信、あとの2台がガラケーという状態です。

これを、ガラケーは1台だけ残して iPhone 6 と iPhone 6 Plus にしようというわけです。

4回線であることには変わらないのですけど、実際の使い勝手など考えたら Plus の魅力は大きいので、こうなったら両方を買ってしまおうということです(笑)

もちろんすべてドコモの回線です。

のりかえて安くするという手もありますけど、そういった各社の歪んだやり方には強く疑問が残るし、まともなユーザーサービスをしていただくためにも、他社へののりかえをするつもりはありません。

2年契約のしばり、長期利用ユーザーの軽視、他にもいろいろとありますけど、少しでも早くまともな業界に立ち戻って欲しいものです。

実際に iPhone 6 や iPhone 6 Plus を入手する日がいつになるかわかりませんけど、やっと iPhone ユーザーになれそうです(笑)

私を知っている人たちは、まだ iPhone じゃないことに不思議がっているくらいなんですけどね(苦笑)


博

2014年9月11日 (木)

iPhone 6

やっと iPhone 6 が発表になりましたね。

iPhone 6 が 4.7型、iPhone 6 Plus が 5.5型ディスプレイというものでしたけど、すでにモックアップが巷に出回っていたこともありますし、Android では当たり前のサイズなのでこれといった新鮮さはありません。

サイズを比較してみると、

iPhone 5S
4.0型ディスプレイ
123.8×58.6×7.6mm
112g

iPhone 6
4.7型ディスプレイ
138.1×67.0×6.9mm
129g

iPhone 6 Plus
5.5型ディスプレイ
158.1×77.8×7.1mm
172g

1万円札(参考まで)
160×76mm

SH-07D(現在のスマホ)
3.4型ディスプレイ
107×54×11.9mm(最厚部:約12.2mm)
108g

となっていますね。

さすがに今度こそ iPhone に機種変更しようと思っているのですけど、やっぱり大きくなっちゃったのね、というのが正直な感想だったりします(苦笑)

どちらかというとコンパクトな製品が好みなのでどちらを選んでも大きいと感じることには違いなく、どうせポケットに入れることをあきらめるのだったらより大きい方に、という考えになってしまいそうな気がします。

とりあえず、財布に入っていた1万円札45枚で iPhone 6 Plus を持ったつもりになってみました(笑)

さすがに片手での操作というのは無理があるなと感じましたけど、現在の小さいスマホでも両手操作が基本なので、あまり問題にならないのかなというのが実際のところです。

ただし、172gという重さはどうなのかなぁ?

きっと大きさより重さが気になってしまうだろうなとわかっているので、ここをどう納得するかということになってしまうのでしょうね。

もし、大きさや重さがクリアできなければ、今更ですけど iPhone 5S というのもありかなと考えています。

ぶっちゃけ、iPhone 6 で採用された新機能はどれも必要としていません(笑)

もし iPhone 6 が防水になっていれば迷わないのでしょうけど、残念ながら防水になるわけもなく、今後もその可能性はとても低いだろうなと思うのでした。

ということで、安くなった? iPhone 5S という選択が一番なのかなといったところです。

まぁ、実際に手に持ってどう感じるかで決まってしまうのでしょうけど、「これだっ!」と感じない製品を買ってもなぁ、というのが正直な感想だったりするのです。

もちろん普段から iPod touch や iPad を使っているという慣れがあるので新鮮さを感じないわけでしょうけどね。

さてさて、発売日になったらどのような行動をとってしまうのでしょう?


博

2014年6月23日 (月)

「DWR-PG」から「L-05A」に逆戻り

先日、残念なことに「DWR-PG」が壊れたことは書いたとおりです。

ちょっぴり復活したかなという気配もあったのですけど、それはほんの一時的なものであり、根本的な問題はなにも解消されていませんでした。

残念ですが、「DWR-PG」を修理や買い替えする気持ちはもう残っていません。

無償で修理していただけるということなら修理に出してもいいなとは思いますけど、仮にそんな申し出があったとしてもどうしても修理したいという気持ちにはならないのです。

「DWR-PG」はとてもよく考えられた製品で、壊れることさえなければまだまだずっと使い続けていただろうなと思います。FOMAなので速度はそれなりですけど、総合的な使い勝手という点では充分に満足していました。だからとても残念ではあるのです。

テンションがぐっと下がった状態であっても「DWR-PG」の代わりになる製品は必要なわけですから、そこはもしものときにと保管していた「L-05A」の出番となりました。

ずいぶん久しぶりに「L-05A」を使うことになったので、どのような設定をしていたのかすっかり忘れています(苦笑)

そんなときこそインターネットで検索してみますと、必要なことがきちんと出てきてあっさりと設定も完了し接続できているわけです。実際にこの記事も「L-05A」の接続試験を兼ねて書いているくらいです。

使用頻度もぐっと下がっていた「DWR-PG」ですし、複数端末からの利用もしない状況でしたから「L-05A」に逆戻りしても不自由を感じることはありませんし、小さく軽い「L-05A」だけで済むメリットを考えればこれでいいのかもしれません。

またしばらくすると違う方向になっているかもしれませんけどね。


博

2014年6月18日 (水)

また壊れた?

2年くらい前に壊れて買い替えた「DWR-PG」がどうやら壊れたようだ。

2年足らずで壊れた初代に続き、2年ほどでまた壊れてしまう製品ってどうなのでしょう?

現在、再起動を繰り返しているようなので、初代と同じような状況であることは間違いない。

もう使うことをやめようかなと考えていたところなので、二代目が壊れ使えなくなってもあまり困らないのだけど、いざというときに使えないのはちょっと不便だなと思うこともある。

このまま本当に使えなかったとしてもいいんだけど、2年ほどで壊れてしまう製品に対する不信感はぬぐいきれない。

さて、どうなってしまうのでしょうか?


博

2014年5月30日 (金)

光回線に合わせて買ったモノ

先日、光回線が開通したことは書いたとおりです。

光になって大きく改善されたことは各種アップデートがちゃんとできるようになったということですね。それも短時間でって当然か(苦笑)

今回、光を勢いで申し込んで工事まで約2週間という期間があったので、インテリアコーディネートも考慮しつつ下記の製品たちを購入しました。


AirMac Time Capsule - 3TB
まずは AirMac Time Capsule - 3TB を選んだわけですけど、これは MacBook Pro × 1、MacBook Air × 2、iMac × 1、といった製品たちのバックアップとして活躍してもらうためでもあるので、容量は少しでも多い方がいいという判断で選んでいます。色はもちろん白のみとなりますけど、リビングに作り付けの棚が白なので好都合でした。
ちなみにAmazonの価格はなぜかアップルストアより高いので、買うならアップルストアにしましょうね(苦笑)

iBUFFALO LANケーブル 0.5m
これは ONU(Optical Network Unit)と呼ばれる光回線終端装置と AirMac Time Capsule - 3TB を接続するためのケーブルで、同じ棚の中に置くのでできるだけ短くてじゃまにならないようにしたくて 0.5m という短いのにしました。もちろん色も白に合わせています(笑)

BUFFALO 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C
これは今年になってから買った三菱電機のLCD-50LSR5というテレビを無線LANで接続するためのものてす。これまではBUFFALO DWR-PGというモバイルルータに接続していましたけど、光になったので変更というわけです。

BUFFALO USB延長ケーブル スタンド付 2.0m
これは無くてもよかったのですけど、上記の BUFFALO 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C をできるだけ条件の良いところに設置するためのものです。スタンド内部に重りが入っていて少しばかり安定感があります。

iBUFFALO LANケーブル 2m
上記のように設置場所を少し離れたところにしたので、無線LAN子機に付属していたケーブルとは別に買っておきました。これは不要だったかもしれないけど、できるだけスッキリさせたいので似たような感じになるケーブルを選んだというわけです。


光にして快適なスピードになったのは当然ですし、とにかく待ち時間や途中で失敗という状況から解放されたのが最大のメリットですね。精神的に救われたという感じでしょうか(苦笑)


博

2014年5月25日 (日)

光回線

これまで自宅でもモバイルルータを使っていましたけど、ついに光回線を導入しました。

というのも、モバイルルータは便利ではあるのですが、FOMAなので速度がどうしても遅くて話にならない状態に陥っていたのです。

LTEにすればいいでしょって話にもなるのですけど、使い勝手の良いモバイルルータがないのと料金プランの関係でLTEにしようという気持ちにはならなかったのでした。

リビングには前居住者が電話回線のパネルの横に光のモジュラーを取り付けてもらっていたようで、すぐに使える状態ではあったようなのてすけど見た目がよろしくないので、パネルも新しくしてもらいスッキリとした光コンセントになりました。

もちろん賃貸物件なので事前に管理会社には承諾を得ています。というか、かなり前に承諾を得たままで、諸事情から光の開通依頼をしていなかったのでした。

今回は光回線の開通に伴い他にも導入したものがあって、環境としては申し分ない状況になっています。

細かい設定がまだできていないので、時間があるときにいろいろと試してみましょうかね。

ダウンロードが快適になってよかった(苦笑)


博

2014年5月20日 (火)

LINEやってますか?

スマートフォンを使っているけどLINEをやっていないという人を探す方が難しいくらいLINEユーザが増えているらしいですね。

twitterやfacebookにはまったく参加していない私ですけど、LINEだけは参加しているのですね。

その理由は業務連絡に使っているから(苦笑)

トークと呼ばれるメッセージのやり取りは昔懐かしいチャットの拡大版といった感じなので違和感はまったくないし、写真や動画の添付もできるのでとても便利。スタンプで感情を表すのも面白い。

そのやり取りは一対一でもいいしグループだっていいわけだから、うまく使うとすっごく便利だけど一歩間違うと殺人事件にまで発展してしまう。昨年だったか、全国的なニュースになっていましたよね。

そういった問題点がどこにあるのかなと思って確認してみると、便利な機能として設定されている項目にチェックを入れるとどのようなことが起きるのかわかりづらいからだと思うのだった。

もちろん各項目には簡単な説明があるのだけど、チェックを入れることでどのように反映され、具体的に起きる現象をきちんと説明できているとは思わない。なんとなくもやもやした感じが残ってしまうような気がする。

実際にどうなるか試してみると、簡単で便利だと思う反面、ギョッとするデメリットも見えてしまう。

初期設定時の選択を安易にやってしまうと怖い。

メリットとデメリットの感じ方は使う人によって違うだろうけど、便利なものだからこそ慎重になる必要があるなと思うのだった。

どれくらいの人がデメリットも意識しながら使っているのだろうか?


博

2014年4月18日 (金)

ネット難民

ずいぶん久しぶりに記事を書いています(汗)

というのも、ほぼ軟禁かつネット難民状態にあったからでして、このひと月ほどは世の中でなにが起きていたのかほとんど知りません。

数年前のイタリアで起きた「今世紀のタイタニック事故」と呼ばれた豪華客船の事故が記憶に新しいのに、先日は韓国でとんでもない船舶事故が起きていたのですね。

以前、離島に赴任していたときはよくフェリーを利用していただけになにかあったらどうするのかいつも考えて乗っていましたけど、高校生の修学旅行となればそんな考えなんてないだろうなと想像がつくものです。

高校生当時のことを思い出してみると、フェリーではなくてもちょっと怖いなと思う場面はあったものの、楽しさの方がずっと上回っていたのでいつの間にか怖さはあっさり消えていたものです。楽しくて浮かれてしまうのも仕方ないですよね。

今回の船舶事故の原因がなにかわかりませんけど、多くの人の命を預かって運行していることだけは間違いないわけで、それがどのような体制で運行されていたのかどうしても疑問に思ってしまいます。

ふと思い出してしまうのがJR福知山線脱線事故。

今回の船舶事故と列車事故では状況はもちろん違いますけど、運行体制という点では共通点があるように思います。ついでに書くと原発事故も。

仕事柄、安全に対する意識が強いだけに、人の命を預かる状況になるとかなり神経を使って絶対に間違えがないようにしています。それでも完全にミスを防げているのかというと疑問に思うこともあるわけで、あとから「ああしておけばよかったな」と反省することもあります。

ミスでもなく、その手前のヒヤリ・ハットでもなく、もっと小さな気付きの段階でどう改善して安全を確保するかを考えるのが習慣になっているからか、いろいろな事故が起きてしまうことが残念でなりません。

今はとにかく、一人でも多くの人が救出されることを願うばかりです。


博

2014年3月23日 (日)

brother DCP-J4215N-W を買いました

以前から気になっていた brother DCP-J4215N-W というプリンタを買ってしまいました。

まだセッティングしてほんの少しばかり印刷しただけですけど、このプリンタはすっごく良くできているなって感じます。買って正解だったな。

これまで自宅では Canon PIXUS MP810 と PIXUS iX5000 というインクカートリッジが共通のプリンタを使ってきたのですけど、マゼンタとシアンのインクが無くなったので Amazon でまとめ買いして交換したら、ありえないことに MP810 があの世に召されてしまいました(涙)

最初はインクかすれだけだったのでクリーニングをしてみたのですけど、マゼンタだけがどうやっても改善されません。状況としてはマゼンタ用のヘッドの半分から吐出されないといったところで、他の色はいたって正常。

まったく使えないわけじゃないけど困ったなと思ってクリーニングを繰り返していると、なぜだか突然のようにエラー表示です。なんたらセンサーがどうのこうのといって、先に進まない状態になったわけですよ。

とりあえずその原因らしき部分をクリアしようと努力してみましたけど、努力が実ることもなく状況は悪化しプリンタに異常が発生したといったようなエラー表示になりまったく動きません。しくしく。

これはきっとダメだなと思いつつもヘッドを外してみるとなんだか焼け焦げた痕跡が見られます。もちろん焼けたんだなってわかるきな臭さもあります。

合掌(苦笑)

まとめ買いしたばかりの大量のインクを目の前に呆然となりつつも iX5000 で使えるからいいやって割り切り、さくっと Amazon で DCP-J4215N-W を注文してしまったのでした(笑)

届いてビックリ、なんと箱の小さいこと。

店頭で実物を見たことはあるので本体サイズが小さめなのは知っていましたけど、届いた箱を見てこんなに小さかったっけ?

もちろん開封して取り出してみても小さいわけで、このサイズで A3 サイズまで印刷可能だということに感動します。あくまでも A3 サイズの印刷はおまけみたいなものですけどね。

まずはセッティングですけど、これがなんと簡単なこと。『かんたん設置ガイド』を片手にセッティングを進めていきますけど、説明もわかりやすいですし、3.7型という大きなカラー画面にきちんと手順も案内されますから指示に従うだけです。

なんと、無線LANの設定もパソコンに設定されている情報を利用するようになっているので、手動で無線LANルータを設定していたにもかかわらず、ただ指示に従うだけというなんとも簡単であっさりした操作でセッティングが完了。

いやー、この時点でちょっとした感動の二回目です(笑)

あっさりとセッティングも終わり、プリントやコピーのチェックとなりました。

A3 サイズまでプリントできるのにコンパクトな本体になっている理由は、A4用紙の横向きセットというビジネス機のようになっているからでして、逆転の発想だけでなく技術的な解決をきちんとされたからこそ実現しているというのは、さすがにビジネス機を作っているからこそなのでしょうね。

パソコンで印刷開始をして、実際にプリンタのヘッドが動き出すまでは少し遅いような気がしますけど、ヘッドが動き出してから用紙が排出されるまではすっごく速い(笑)

条件によって印刷速度は変わってくるし普段は印刷速度を気にしないので、少しくらい遅くてもなんら影響はありません。ただし、カラー文書の100ページを自動両面印刷でといったようなことになるとさすがに印刷速度は気になりますよね(苦笑)

普段は数ページの印刷なので、印刷速度なんて本当に気になりません。

でも、速くてキレイな印刷だと嬉しいのは言うまでもありませんね。

まだセッティングしたばかりでこのプリンタの実力はなにもわかりませんけど、操作性も含めてなんだかすっごくいい気分になっています。たぶん、これまでキヤノンやエプソンのプリンタでストレスを感じていたことから解放されそうな気がします。

ちなみにCDやDVDといったディスクへのプリントはできません。この機能の必要性がないと判断したからこそ買えたわけで、同様の条件を持った人にはオススメのプリンタなのかもしれません。

そうそう、A3サイズのプリントは用紙を1枚ずつ手差しする必要があります。

たまに A3 というのだったら手差しトレイに差し込んだ用紙を軽く支えておくだけなのでなんら問題ないと思います。あくまでも支えるというのがコツなのかもしれません。

ついでに、インクは黒を含めて4色タイプなので写真重視の人にはイマイチだと思います。

もちろん写真品質がダメだというわけではなく、印刷設定を間違えて選択しないかぎり十分な品質でプリントされています。ちゃんとできなかったというコメントを書かれている人は選択を間違えたのかもしれませんよ。

思いつくままに書いてみましたけど、条件に合致する人には素直にオススメできるプリンタだと感じます。

これまでキヤノンのプリンタをメインに、職場ではエプソンも使ってきましたけど、これからはブラザーのプリンタを最優先で選択することになりそうです。

久しぶりに買って良かったと思う買物でした。

あっ、書き忘れていたけど、このプリンタが1万3千円程度というのに驚きであり感動です。


博

2014年3月21日 (金)

Windows XPからの完全移行

MacBook Pro 17 には Mac OS X と Windows XP に Windows 7 の三つの OS が入っている。

まもなくサポートが終了してしまう Windows XP から完全に Windows 7 に移行しなければいけないのだけど、その前にハードディスクの容量が根本的に少ないため、これを換装しなければいけないのだ。今まで、ギリギリで使っていたということなのだ(苦笑)

とりあえず標準の320GBから1TBへの換装ということでいつものようにAmazonで手配した。1TBで1万円もしないのでここはなんら問題はない。

問題は現在の環境のバックアップとリストアなのだ。

もちろんマックの部分はなんら問題はない。だけど Windows XP と Windows 7 の両方のバックアップとなるとちと面倒だったりする。

この際、全部をスッキリさせてしまうつもりだけにデータだけをバックアップしてシステムはクリーンインストールというのがベターなのかもしれない。

プライベートではマックばかり使って楽をしているだけに Windows のめんどくささといったらいつもゾッとするのだった。

どうしてこんなに面倒で使い勝手の悪いマイクロソフトの製品が世の中の標準となってしまったのだろう?

他の使い勝手が良い製品をたくさん使っているだけに、マイクロソフトの製品を使う度にストレスが増えてしまうのだった。

Windows XP とさようならしたら少しはスッキリするかな?

いやいや、ずっと Windows XP でよかったんだけどなぁ(苦笑)


博

より以前の記事一覧