お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

学問・資格

2013年10月17日 (木)

資格

仕事とは直接関係なくても、ちゃんとした資格を持っていると便利なことがあります。

私の場合、仕事に関係ある資格に限定せず、興味を持った資格にチャレンジするようにしています。といってもここ数年は仕事がとても忙しくてチャレンジしている暇がないんですけどね。

今回は新しい住まいに資格が役立っています。まぁ、資格がなくてもきちんと理屈がわかっていれば誰にでもできるレベルのことなので、自慢するようなことではありません。

ただ、やはりきちんと資格を持っているのは強いですよね。

たとえそれが誰にでも取得できるレベルの資格であったとしても、持っていなければどうしようもないことだってありますからね。

なんでも自分でコツコツやってみないとなかなか理解できないタイプの人間なので、たどり着くまでの道のりは長いし効率も悪いと思うのですけど、自分のものになったときはやっぱり嬉しいですよね。

さてさて、次はどんな資格にチャレンジすることになるのでしょうか?


博

2011年4月19日 (火)

一年後のことですが

情報セキュリティスペシャリスト試験」という国家試験を受けることにしました。

ITパスポート試験」という基礎的な試験は一夜漬けみたいな状況で合格していますが、次はさすがにそんなに簡単にいくわけがありませんよね。

もともと私はモノづくりが好きなのでハードウェアに関しては興味もあり少しはわかりますけど、ソフトウェアとなると完全に我流な独学でやっているだけなのでちゃんとした知識なんてありません。

それなのに「情報セキュリティスペシャリスト試験」を受けようというのは、以前から情報セキュリティについて興味があったことと、最近なにかと職場でも情報セキュリティについて話題になるからです。

受験するからにはもちろん合格を狙うことになります。ただ合格するのが目的ではなく、きちんとした知識を身につけ職場での意識強化や指導ができるようになることを目的としています。

勉強がスムーズに進めば今年の秋に受験するかもしれません。目標は来年の春に合格という結果になれるようきちんと計画していくことにします。

さてさて、一年後にはどうなっていますやら?


博

2010年12月 1日 (水)

国家試験合格していました

どんな国家試験なのかは横に置いといて、とにかく合格していました。

実は、試験を受けている最中、今まで経験したことのない緊張と焦りにハンドタオルが手放せないほど汗びっしょりでしたし、試験が終わったときは「あちゃー、ダメやん」という感覚しかなくぐったりだったのです。

もちろんできる限りのことはしましたが合格という手応えはまったくなく、来年の再受験をしっかり考えていたくらいですから合格していたことに驚きました。でも、今になって冷静に考えてみると解答できた問題については間違って書いたという記憶もなく、やるべきことはやったという状態であったことに違いはなかったので、それなりにできていたということだったわけですね。

なんだかホッとしたというか、また同じ試験を受けなくていいということで安心したのか、全身から力が抜けて気だるい感じになっています。以前、一度だけ同じ試験を受けたことがあって、今度で二度目かという気持ちに押しつぶされそうな状態から開放されたからなんでしょうかね。

合格祝いというわけではないのですが、プロフィールの画像を12月になったこともあって新しくしましたが、せっかくなのでツリーのイルミネーションを点滅するようにしました(笑)


博

2010年9月23日 (木)

国家試験に向けて

まったく勉強していないのですが、とりあえず問題に取り組んでみました。

専門外の内容だけに意味のわからない問題もありましたが、項目別に採点してみると最低でも60点は取れていたようです。これは今までいろんなことを独学でやってきたからだと言えるのですが、なにもせずにいたとしたら10点も取れないだろうなと思った次第です。

朝早くから夜遅くまで仕事をしている状態での勉強になってしまうのでどこまで勉強できるのか不明な状況ですが、とにかくチャレンジすると決めたのですからやってみます。

さてさて、どうなりますことやら。


博

2010年9月 9日 (木)

「教える技術」

幼少の頃から教わるより自分でやって覚えるという生き方をしてきた。それはなぜかというと、教えてもらうことがよくわからなかったからだ。

数学を例にとると「この方程式だから...」みたいな教え方をされたことがあり、中学1年生のときの数学はそれはもう悲惨としか言いようがないくらいまるで理解できなかった。でも、なぜそうなのか、その意味が自分でわかるようになった3年生のときには成績も一気に上がり、わかることがとてもおもしろかったことを覚えている。

高校3年生のときには先生の代わりに授業をしたこともある。もちろん事前に先生との打ち合わせをし準備も怠りなくしたうえでの授業だったが、自分がわからなかった部分だけでなくみんながわからない部分がどこなのか把握できたとともに、「教える技術」を学べたことはとても大きな収穫だったように思う。

社会人となったときはさすがに教えてもらうことが多かった。だけどそれも半年ほどすれば教える側になっていた。自分で意味を考え、「なぜそうするのか?」を徹底的にシンプルに分解していく癖がついていたせいか、教えるべきポイントを誰よりも早く把握でき、かつ伝えることができるようになっていたからだ。

それからというもの、教えることが仕事のひとつになっている。教えることが本来の仕事ではないのだけど、ことあるごとに教えるという仕事をお願いされてしまうのだ。それも明日の何時からあるのでそれまでに資料も作成して...などといった無茶な要求さえあるのだが、その要求にもさっと応えてしまうのでまた依頼が入ってしまう。

最近では、「教える技術」を教えるのが仕事のひとつにもなっている。いろいろと自分の仕事を抱えている中で教えることが二重三重になってくるのでそれはもう大変な渦の中でぐるぐる回っているようだが、実は徹底的にシンプルな考えにしているのでなんら大変なことはないのだ。

「教える技術」が身に付いている人は、私と同じように徹底的にシンプルにしている人が多い。曖昧で抽象的な言葉ではなく、具体的になぜそうなるのか、なぜそうすべきなのかをきちんと伝えているように思う。

最近では、それだけシンプルにしても伝わらなくなっていることがある。だから「教える技術」をもっと分解しさらにシンプルにしなければいけないのかなと考えている。とあるコラムでは教えるための計画書を一度作ってしまえばずっと使えるようなことを書いてあったが、教えられる側のレベルがどんどん下がっていることに気がついていないとしか言いようがない。

「教える技術」だって変化に対応しなければいけない。

そんなことわかっている?

いや、それがわかっていないから教えることができないベテランだっているのだ。


博