お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

心と体

2014年9月14日 (日)

どう受け止める?

今日は、人間の死について考えています。

誰でもいつかは必ず死ぬわけですけど、それをどう受け止めるのか、もしかすると受け止める時間もなく死に至ってしまうのかなど、いろいろと考えてしまいます。

私自身、生きている意味がわからず苦痛から逃れようと死を選んだこともありましたが、それがどんなに愚かなことだったのか、今になってやっと少しわかってきました。

正直なところ、とても混乱しています。

どう受け止めたらいいのかわかりません。

たぶん、いろいろと考えても答えの出ないことであり、受け止めることもできないのだろうなと思います。

ただ、「死」という現実がそこにある。


その現実を受け止めるしかないこともわかっているのだけど、状況が状況なだけになかなか受け止めることができそうにもない。

しばらくはもがくしかないのかもしれない。


博

2014年6月 5日 (木)

病院送り(苦笑)

珍しく朝から記事を書くということは、それなりの理由があるというものです。

これがただ休みでのんびりできるのなら良いのですけど、今日は残念ながら病院に行くからなんてすね。

病院に行ったからといって即時入院というのは考えられないと思いますけど、ひょっとすると近いうちに入院ということになっても仕方ないのかなとある程度の覚悟はしています。

もし入院ということになったとしても、その後の状態が良くてきちんと生活できるならなにも問題はありません。ただね、微妙なところだけにその後のことがやっぱり心配になってしまうのでした。

とにかく病院送りという状態なので、おとなしく行ってくることにしましょう(苦笑)


博

2014年3月 6日 (木)

これのお世話に……

できることならお世話になりたくないのですけど、どうしても痛みがひどくてお世話になっているのがこれです。

【リリカ】
リリカ
(画像クリックで拡大)


小さいときからの痛みなので忍耐力はあるのですけど、あまりにも痛いとなにもできなかったりするんですね。

神経系の痛みには一般的な消炎鎮痛剤のロキソニン等は効かないので、リリカのように神経系の痛みに効果がある薬の出番となったわけです。

ただね、この薬は継続して飲まないと効果が出ないし、副作用も強く出るのでそれがしんどかったりします(涙)

ぶっちゃけ、痛みを我慢した方がいいかなって思うこともあります。

薬を飲まずに死んだようになっているのと、飲んで死んだようになっているののどちらがいいかというと、それは飲まずに死んだようになっているのがいいかなと思うのですね。


博

2013年9月12日 (木)

悪役がいっぱい

ここ2年ほど、とんでもない状況で仕事をしてきただけにその結果はきちんと出てしまいました。

数年前までは健康診断でこれといった問題はなかったのに、血圧がちと高くなっているだけでなく、悪玉コレステロールがたっぷり(汗)

まぁ、それでも基準値をちょっとばかりオーバーしたくらいなのですけど、以前の値と比べてみると善玉コレステロールと悪玉コレステロールの値が逆転しています。わぉー!!

悪玉コレステロールが増えてしまい血流が悪くなっているので、血圧を上げてせっせと全身に血液を送っているということなのでしょう。

以前はどちらかというと低血圧と言われてしまうくらいでした。

それがいつの間にかこんなことになってしまうなんて……。

こんな状況で転勤して、もっとハードな環境になったらそれこそぶっ倒れてしまうかもしれません。

いやいや、そうならないように体調管理をしっかりしないといけませんね。

誰か、私の身体を管理して(苦笑)

ぶっ倒れてゆっくり休みたい気分です。


博

2013年8月14日 (水)

そういう理由だったのか

男性の皆さん、よくこんな経験していませんか?

エッチの後にすぐ眠ってしまう。

はい、なんとか起きていようとしても寝てしまってました(汗)

フランスの研究者によるとエッチ前後の男性の脳を調べた際、大脳皮質とよばれる意識的な思考をつかさどる部位がオーガズムに達した際に働かなくなっていることがわかったそうです。

エッチ後にオキシトシンとセロトニンというホルモンが働きだし、性欲を減退させ、さらには眠くさせるらしいのです。

なんだかわかったようなわからないような、でも、そんなことはどうでもいいくらい実際に眠くなるのは避けられないわけで、ぐったりとなってしまった横でもっとおねだりされたりということもありましたね。

フリーフォールのように落ちていく男とくらべ、メリーゴーランドに乗っているような女性にかなうわけがありません。

一晩に4回も頑張ったらよしとしてください(苦笑)

ずっとくっついてラブラブしているのは好きなんだけどなぁ。


博

2013年5月 8日 (水)

ボロボロで激痛

ここ2ヶ月ほどかなり過酷な状況で仕事をしていたため、身体のあちこちにトラブルが発生しています。

風邪っぴきなのはやっと完治しそうな感じですけど、それ以外にいろいろと問題があって、さすがにこのままではかなりまずいなと思っていたりします。

とりあえず仕事はできているし、このブログもなんとか更新できているくらいなので大丈夫なのですけど、これ以上の悪化だけはなんとしても防がないといけない状態です。

痛みには強くても息が詰まりそうな激痛はいけません。

痛むところをスッパリ切り落とすことができたらと思うのですけど、もしそうなるとこれまでと同じような生活はできないわけで、やはり現実的ではないなと冷静に考えてしまうのでした。

いっそ、切り落として新しい生活をしたほうがいいのかもしれません(苦笑)


博

2013年2月 6日 (水)

頭痛と吐き気

ときどき、どうしようもない頭痛に襲われます。

今もそんな状態で吐き気がひどいのですけど、よくある片頭痛というやつです。

ロキソニンのような薬がうまく効くときもあれば、それこそまったく効かないときもあってひたすら我慢するしかなかったりします。

今日も我慢の一日でした(涙)

とりあえずブログになにか書いておこうとこうやって書いているわけですけど、こんな体調ではさすがになにかきちんと考えて書くことなんて無理ですね。

明日にはすっかり治っているといいんですけど。


博

2013年2月 4日 (月)

この冬に克服できたこと

毎年、冬になると決まったように口角が切れていました。

この冬もまだ寒くなる前からさっさと切れてしまったのですけど、今は完全に治っているし切れる気配がまったくありません。

それがどうしてなのかというと、メンソレータム薬用リップを塗るようにしたからなんですね。

これまでリップなんて塗ったことがありません。

それなのに塗るようになったのがどうしてなのかというと、一番よく出入りしている職場がめちゃくちゃ乾燥していてどうしようもなくカサカサになってしまうからなんですね。

湿度計を見てみると20パーセントくらいを示しているのはいつものこと。

これじゃさすがにカサカサどころかパサパサでミイラになりそうな感じがするほどです。

実は、目の調子が悪くなったのもこの乾燥が原因ではないかと推測しています。

乾燥し過ぎて目は痛いし、唇は粘膜がペラッと剥がれるのではないかと思うくらいになっていたんですね。

これじゃさすがにマズイ。

そう思ってどこでも手に入りやすいメンソレータム薬用リップを買ったのでした。

薬用の効果がどれほどあるのかまではわかりませんけど、これを塗るようになってあっという間に口角が切れていたのは治りましたし、きちんと潤いがある状態になっているので切れそうになることもなくなったわけです。

どうして今まで気がつかなかったのかな?

チューするときも潤いのある唇のほうがいいのにね(笑)


博

2013年1月 8日 (火)

心の病

対人関係のトラブルから精神的に病んでしまっている人と接している。

仕事の関係者でありサポートする立場にあるのでこれまでの経験からとにかく無理しないでおくように伝えているのだけど、病んでしまった原因が簡単に取り除けない状況だけにサポートするにしてもかなり難しい。

不器用だけど真面目な人なのでずっと頑張って仕事をされていたのだけど、一方的な圧力にだんだんと恐怖を覚えるようになり、ついにはどうしようもないところまできてしまっていたようだ。

私もあるとき、どうしようもないところまで落ちてしまったことがある。

だから少しはどんな精神状態なのかわかるし接し方もわかるのだけど、私が優しくサポートすればよいというわけでもなく、優しくされることが重荷になってしまうことだってある。

過去に、大きな失敗をしたことがある。

今考えると、あのときは冷静なつもりでも必死になっていたように思う。

大好きでどうしようもない相手だったので、上手に距離を保てなかったのだろう。

そんな反省を少しでも生かし、さりげなくサポートできたらいいのかもしれない。

そして、心の病からいつか脱出してくれることを信じてみよう。


博

2012年10月13日 (土)

再生医療の光と影

ノーベル医学・生理学賞で一気にその存在が脚光を浴びた「人工多能性幹細胞(iPS細胞)」について知ったのはどのくらい前のことだったろうか?

幹細胞については30年以上も前から研究されていることは知っていたけど、人工多能性幹細胞(iPS細胞)となると数年前だったのではないかな。

知人(研究者)から人工多能性幹細胞(iPS細胞)の話しを聞いたとき、研究がそこまで進んでいるということに戸惑いを隠せなかった。

すばらしい研究であることは間違いないし、不慮の事故で失われた機能が再生できるのなら良いのではないかと考えたこともある。

その一方で、人間の寿命とはいったいなんだろうかとも考えた。

それはなぜかというと、幼少の頃から医療の現場の中で育ってきた人間として、医療のあり方にずっと疑問を抱いていたからだ。

本当に必要なことだろうか?

そんなことがずっと気になっていたのだけど、それはやはり今でも変わらない疑問でしかない。

人間の欲望。

再生医療の光と影は、きっとそこにあるのだろうな。


博