お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

文化・芸術

2013年1月 7日 (月)

七草がゆを食してみた

大晦日に年越しそばを食べられなかったので、昨夜は年明けそばということにしてそばを食べたのは記事にしたとおり。

そして今日は、五節句のひとつ「人日」である1月7日なので夜にはなってしまったけど「七草がゆ」を食してみました。

仕事が終わったのが22時を過ぎていたので、それから食べるにしても七草がゆは適切なのかなと思ったわけです。

本当だったらきちんと朝から自分で作ればよいのでしょうけど、さすがにそんな時間も材料をそろえることも無理だとわかっているので、仕事帰りにたぶん置いてあるだろうと予想したセブンイレブンに寄って買ったわけです。

ちょうど1年前、七草がゆの記事を書いていたのですけど、あえて「食文化」を大切にする意味でも書いているのです。

新しい料理がどんどん入り込んでくる世の中で、昔ながらの食文化を守ることもやはり大切なことではないかと思うのですね。

普段、ろくなものを食べていないからこそ習慣や伝統を少しでも意識して、もちろん身体に優しい食も意識して、あえて七草がゆを選んだのでした。

最近はB級グルメが全国的なイベントとなり賑わっていますけど、私はB級グルメという呼び方もイベントのあり方も好きではありません。

私が思うには、食にランクなんかありません。

食べる人が美味しいと感じ、満足できるかどうかだけです。

高級料理であっても美味しいと感じないことだってありますし、ほうれん草のおひたしがとっても美味しく大満足だって感じることもあります。

だから、B級グルメといった呼び方はやめて、そして競うようなこともせず、素直に美味しいものを美味しく食べられるものにして欲しいなと思うのです。

食文化としていつまでも残る形に変化できるといいですね。

セブンイレブンの七草がゆ、しっかり満足させていただきました。

おごちそうさまでした。


博

2012年3月 3日 (土)

雛祭り

雛飾りを自分で飾っていた人っていらっしゃいますか?

私は男なのに、子どもの頃はずっと飾っていました(笑)

というのも、姉がいるのでその姉のための雛飾りで、なぜか飾り付けの係が私だったのです。

たぶん、父親が家を継ぐことになる私にいろいろと教えていたからなのだと思いますけど、当時はなんの疑いもなくせっせと飾り付けていました。

今でこそどんな飾り付けだったかよく覚えていませんけど、古めかしい木の箱に入ったお雛さまたちを出しては慎重に飾り付けていたことだけは覚えています。

年代物の雛飾りでしたので、とにかく扱いが大変。

紙や布に包まれた雛飾りをひとつひとつ出しては組み立てということをするわけですけど、どれもが頭部だけ別になっていたのです(汗)

これを間違わないように胴体と組み合わせるわけで、それはパズルみたいなものでした(笑)

ひとつひとつ表情が違っているので慣れるとすぐに判別がつくのですけど、最初は間違い探しみたいな状態ですよ。

そうそう、5段飾りだったので子どもの私にとってはなかなか大変な飾り付けでしたね。

どうでもいいことですけど、今日は「たらみ」の「果実の時間 白桃ゼリー」を食べました(笑)

なんとなくコンビニで買ってしまったのですけど、あとで今日は桃つながりだなって……。

うまーい!!

はい、それだけです(苦笑)


博

2012年1月 7日 (土)

七草がゆ

五節句のひとつ「人日」である1月7日の朝に七草がゆは食べましたか?

邪気を払い、無病息災を願っていただくという風習になっているのでなんとなく食べると元気になるような気がしているのですが、今日は出張中ということもあり食べられませんでした。

残念なので春の七草を呪文のように繰り返し言ってみました(笑)

・せり
・なずな
・ごぎょう
・はこべら
・ほとけのざ
・すずな
・すずしろ

これはなぜかスラスラと言えます。

七草がゆには御節で疲れた胃腸を癒し、冬に不足しがちな栄養を補う意味もあるようなので、七草がそろわなくても食べるといいですよね。


博

2011年8月18日 (木)

浴衣姿

女性の浴衣姿、ハッキリ言ってエロい!!(笑)

髪を結ってきれいなうなじを見せつけられると、確実にやられてしまいます。

もちろんきちんと着こなしができていないとガッカリですしやられることもありませんけど、藍染めの落ち着いた浴衣を着こなしているのを見ると間違いなくやられます。

彼女と温泉宿に泊まり、そこで彼女の浴衣姿がとても似合っているとしたら、なぜかバカ殿やってみたくなります。

残念ながら一度も実現したことはありません。

「あれー」と言いながら帯を解かれくるくる回ってくれるの希望です(笑)

そのあとってどうするんでしょう?

ちなみに私が浴衣姿になるとバカボンになってしまいます(涙)


博

2011年1月10日 (月)

せっかくの振袖が...

本人の自由かもしれないのですが、成人式で振袖を着た女の子の中に一人だけとんでもなく雰囲気の違った子がいて驚きました。

なんというか、振袖の足もとは白いブーツでした。振袖もかなり変に着崩してチンチクリンという表現がピッタリ。でも本人はかなり満足気というか自慢気だったようです。

私はいとこ(といっても親くらいの年齢かな)に藤間流の名取さんたちがいて、着物姿はよく見ていましたし舞の写真もよく撮っていたものです。だから和装がどんなものなのか少しは知っているつもりです。そういえばプロとして舞台撮影の依頼も受けてたな。

はい、とてもガッカリしました。

京都で見かけるなんちゃって舞妓さんは観光なんだから愛嬌があっていいと思うのですが、一生に一度の成人式の晴れ着があれではなんだかかわいそうにさえ思えてしまったほどです。いや、本人は満足気なんだから余計なお世話ですね。

和装の麗人を見るとなんだか優しい気持ちになれるのですが、たぶんそれはしぐさなども含めた柔和な雰囲気がそう思わせるのでしょうね。とっても好きなんですよね。もしかしたら着物フェチ?

もう何年も前のことになりますが、京都の祇園でみかけた芸子さんの着物は素晴らしかった。紫の着物の色がなんとも上品だしとても似合っていたんですね。ちょっと感動を覚えたくらいです。

そのときの連れも着物がとても似合っていて美しかった。その横で私は若旦那にもなれないバカ旦那といったところだったろうか。このとき私は着物ではなかったけど、私が着物になるとバカボンになってしまうのだ。

そうそう、私は成人式のときはスーツではなくブレザーを着ていきましたね。みんながリクルートスーツみたいな中でひとりだけこだわりのブレザーだったのである意味では目立っていたかも(笑)

うーん、今月はいろいろと忙しいので、来月になったら京都に行こうかな。


博

2010年7月 2日 (金)

落款印

このブログを作るのになんとなくサインも入れたいなと思っていたのですが、作ったのは「落款印」でした。

時間があれば自分できちんと印材に彫ってしまうところですが、今回はデジタルデータとして作成しただけです。それもかなり手抜きなのでいつかきちんとしたものを彫ってみたいなと思っています。

もちろん職人さんにお願いすれば良いものができるでしょうが、モノづくりが好きなので楽しみを他の人に渡すわけがありません。

実は印鑑を彫ってもらうにしても、職人さんに希望するデータを渡してしまいます。職人さんがデザインしてくれるもので満足できないからですが、ある意味とっても嫌な依頼ではないかと思ってしまいます。

こだわりが強いので譲れない部分ですが、もし立場が逆だったらなんだかやりにくいなと思ってしまいます。でも、デザインをきっちりやってくれるならそれもいいのかな。


博