お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

映画・テレビ

2018年2月24日 (土)

『今夜、ロマンス劇場で』

出先で3時間ほどの空白ができたので、久しぶりに映画を観ることができました。

観たのはタイトルに書いているとおりで、綾瀬はるかさん、坂口健太郎さん主演の映画です。

実は、事前に予告編さえ観ていなかったので、綾瀬はるかさんというだけでコメディだろうなと思い込んでいるし、時間の都合でこれでいいやというくらいのレベルで入館したのでした。

たくさんの予告編を観て、次に観たいのはあれだなといった期待感ゼロの状態で本編に突入。

はい、予想を裏切らないベタ過ぎるコメディで始まったものですから、ある意味、さすがだなと……。

どこかで観たことのある昔の映画。

モノクロームの世界なのでリアルタイムに観た記憶はなく、きっと深夜帯のテレビ再放送かなと……。

なんとなく記憶にあるようなシーンが出てきます。

映画を観るのは好きでも、けして詳しいわけではないので、どの映画のシーンなのか具体的には説明できないのですけど、いろんな映画の記憶がよみがえってきます。

きっとモノクロームの映画の時代を過ごされていた人たちが観ると一番いいんだろうなと……。

この映画、何度も何度も繰り返し観たい。

邦画はほとんど観ない人でしたけど、邦画もいいなってじわじわと心に……。

DVD出たら買います!!(笑)


博

2014年9月21日 (日)

『舞妓はレディ』

ずいぶん久しぶりに邦画を観に行ってきました。

周防正行監督最新作 映画『舞妓はレディ』公式サイト


【舞妓はレディ】
舞妓はレディ
(画像クリックで拡大)


京都の上七軒ならぬ下八軒(笑)という花街には30歳になろうという舞妓がひとりだけ。もうこれだけでも異常な事態なのだけど、ここに鹿児島弁と津軽弁という訛りの強い言葉しか話せない少女が舞妓になりたいと現れた(笑)

たまたま居合わせた言語学の教授がこの少女を舞妓にするため、まずは「おおきに」「すんまへん」「おたのもうします」の発音から教えていくというところから始まる人情味あふれるミュージカルコメディです。

下八軒とされている所は、明らかに祇園白川の辰巳大明神前をモデルとしていて、京都の雰囲気をよく表して素晴らしい出来栄え。

周防正行監督が20年もあたため続けていたらしく、脚本と演出は素晴らしく細かいところまでうまく表現されていました。

出演者のみなさんもそれぞれがとても良い味を出されていて、笑ってしまうこともたくさんでしたけど、素晴らしいと思うこともたくさんで、誰か一人でも欠けるとうまく成り立たないなと思える配役でした。

やはりポイントは京言葉の実に微妙なニュアンスであり、また鹿児島弁や津軽弁という方言であったりすると思います。

京言葉がちゃんとわかっているとより一層楽しめると思いますけど、そうでなくても十分に楽しめるようにはなっていましたので心配は不要です。

京都生まれで京都育ちという人にはとっても楽しめる映画だと思います。

たまたま私は京言葉がわかるし、鹿児島弁もほぼわかるし、津軽弁もあるていどわかるので、そういった言葉の違いだけでも楽しめたかな。

細かい演出をすべては拾いきれていないと思うので、もういちど観に行ってみようかな(笑)

いや、何回も観たいかも(笑)

楽しかった(笑)

「ま〜いこはレディ~」

「ま~いこはレディ~」

ずっと頭から離れません(笑)


『マイ・フェア・レディ』

というミュージカル映画へのオマージュ作品なのでしょうね。


博

2014年5月30日 (金)

光回線に合わせて買ったモノ

先日、光回線が開通したことは書いたとおりです。

光になって大きく改善されたことは各種アップデートがちゃんとできるようになったということですね。それも短時間でって当然か(苦笑)

今回、光を勢いで申し込んで工事まで約2週間という期間があったので、インテリアコーディネートも考慮しつつ下記の製品たちを購入しました。


AirMac Time Capsule - 3TB
まずは AirMac Time Capsule - 3TB を選んだわけですけど、これは MacBook Pro × 1、MacBook Air × 2、iMac × 1、といった製品たちのバックアップとして活躍してもらうためでもあるので、容量は少しでも多い方がいいという判断で選んでいます。色はもちろん白のみとなりますけど、リビングに作り付けの棚が白なので好都合でした。
ちなみにAmazonの価格はなぜかアップルストアより高いので、買うならアップルストアにしましょうね(苦笑)

iBUFFALO LANケーブル 0.5m
これは ONU(Optical Network Unit)と呼ばれる光回線終端装置と AirMac Time Capsule - 3TB を接続するためのケーブルで、同じ棚の中に置くのでできるだけ短くてじゃまにならないようにしたくて 0.5m という短いのにしました。もちろん色も白に合わせています(笑)

BUFFALO 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C
これは今年になってから買った三菱電機のLCD-50LSR5というテレビを無線LANで接続するためのものてす。これまではBUFFALO DWR-PGというモバイルルータに接続していましたけど、光になったので変更というわけです。

BUFFALO USB延長ケーブル スタンド付 2.0m
これは無くてもよかったのですけど、上記の BUFFALO 無線LAN子機 WLI-UTX-AG300/C をできるだけ条件の良いところに設置するためのものです。スタンド内部に重りが入っていて少しばかり安定感があります。

iBUFFALO LANケーブル 2m
上記のように設置場所を少し離れたところにしたので、無線LAN子機に付属していたケーブルとは別に買っておきました。これは不要だったかもしれないけど、できるだけスッキリさせたいので似たような感じになるケーブルを選んだというわけです。


光にして快適なスピードになったのは当然ですし、とにかく待ち時間や途中で失敗という状況から解放されたのが最大のメリットですね。精神的に救われたという感じでしょうか(苦笑)


博

2013年10月 9日 (水)

プラズマテレビは消えてしまう?

パナソニックがプラズマテレビから撤退するというニュースがあった。

これまで以上に広い部屋を借りることになったので、さすがにテレビでも置かないと殺風景。

映画が好きなこともあって、プラズマテレビを購入しようかなと思っていたのだけど、最後の砦のパナソニックが撤退するとなると、もう選択の余地はなくなってしまうのだ。

最後のプラズマテレビを買ってしまうのか、それとも無難に液晶テレビにするのか、ちょっと悩むところだけどやはり気持ちとしてはプラズマテレビにしたい。

有機ELテレビまでのつなぎと思えばいいのかもしれない。

そうそう、先日ちょっとばかり家電量販店で50型くらいのテレビを見てみた。

薄型になった影響なのだろうけど、とにかく音が出ていない。

音をしっかり出したいとなると、外付けのホームシアターセットも一緒に買いなさいということなのだろうね。

テレビだけの金額では買えないということだけがわかったのはいいことなのかな?


博

2013年9月18日 (水)

テレビ買おうかな

まだ決定していないのですけど、新しく住む予定の部屋はリビングが16帖ほどあります。

以前のところが17帖あって、そこに37型テレビを置いていたのだけどこれが小さいのなんの。

当時30万円もしたテレビだったのでそこにいる1年間は我慢したのですけど、転勤するときに職場の人にかなり安く譲ってきたのでした。

それからはテレビを買うこともなく、とりあえず地デジチューナーでお茶を濁してきたのですけど、なかなか好きな映画を観に行くこともできないため大きなテレビでも買おうかなと思うようになってきました。

新しい部屋は最初からいかにもリビングという設備も充実しているので、かなりゆったりした感じで映画が楽しめるのかなと思うのですね。

それで、ちと電器屋さんに行ってみたら60型くらいのテレビがゴロゴロ。

普段、60型のテレビを見慣れているのでちっとも大きく感じないのですけど、せめて60型くらいは欲しいなと思ってしまうからいけません。

それも4Kとかいう高精細のテレビを見るとますますそちらが欲しくなっていきます(汗)

買おうと思えば買えない価格ではないのだけど、4Kテレビを買ったとしてもソースがないんじゃ意味がありません。

それに、デモ用のソースを見ているとそんなに作らなくてもって思うのでした。

もっと自然に映画を楽しめるテレビってないかなぁ。

安くなったプラズマを買おうかな。


博

2013年1月22日 (火)

『Ted』

テッド』(原題:Ted

1月18日に公開されたこ映画、私が映画好きだということもありお誘いがあったので観に行ってきました。

お誘いをいただいたのは可愛いのが好きな女性。「テディベアが人間みたいに動くし喋るのが可愛いくてどうしても観たいので一緒に行ってください」とおっしゃるし、それを断る理由も思いつかなかったので行ったしだいです。

ふたりとも字幕で観たいという意見が一致していたので迷うことなく字幕版を選択したのですけど、ぶっちゃけ、字幕翻訳があまりにもひどくて英語で笑いながらも字幕で冷めてしまうような、なんとも微妙な感じに終わってしまいました。

いっそ、字幕がまったくなかったらよかった。

たぶん、日本語吹き替えの翻訳も似たようなものだと思うので、字幕を読んで映画を楽しんでいる人や、吹き替えで観た人はあまり意味が通じずになかなか笑えなかったのではないでしょうか。

ラブコメが大好きで可愛いクマを楽しみにしていた可愛らしい連れの女性には申し訳ないほどオバカ映画まっしぐらだし、下品なシーンもたくさん出てくるのでオバカ映画が好きな私としてもかなり微妙な空気の中での観賞となり、字幕のこともあって笑うに笑えなかったのです。

ほぼ満席といった状態の場内もほとんど笑いが起きないほどで、笑いが起きたとしてもほとんど失笑といった感じの笑い。一度だけ全員が笑ったのではないかなというシーンもありましたけど、日本人には笑えないシーンばかりです。

それでも、私にとってはいろんな映画のパロディーやアメリカの人種や宗教問題、ブラックジョークがしっかりわかっていたので心の中ではかなり笑っていたのですけど、そのまま笑っていられる空気ではなかったわけです。

もし私だけ笑っていたら、周囲の人たちから「なんだこいつ?」なんて思われてしまったでしょうね。つい、吹き出しそうになったシーンでもぐっと我慢していたのでなんとか変なヤツの扱いはされなかったようですけど。

映画を観る前に食事を済ませていたので、映画のあとに気まずい空気のまま食事をすることにならなくて助かりました。もし逆の選択をしていたら気まずい空気の中で食事がまずくなってしまうか、それとも食事なしでそのまま帰ってしまうことになったでしょうね。

それでも、映画のあとはコーヒーを飲みながら「オバカ全開だったね」や「あまり意味がわからなかった」といった会話はしてきました。あちこちのシーンを思い出しては解説という役回りをお願いされたので意味のわかる日本語訳をしてあげたら「そうだったんだ」なんてことになって苦笑。

耳が聴こえなくて仕方なく字幕で映画を楽しんでいらっしゃる人も多いのだから、きちんと意味のわかる日本語訳をして欲しいものです。

この映画、自宅で楽しむのが正解かもしれません。


博

2012年12月10日 (月)

『Skyfall』

あえてタイトルを原題で書かせていただいた。

ずいぶん久しぶりに映画館で映画を観てきたわけだけど、実は007シリーズを映画館で観たのは初めてだったりする。

ダニエル・クレイグが演じるジェームズ・ボンドも初めてなわけで、どういった内容なのか全く知らないどころか予告編さえも観ることなく、ちょうど空いた時間を利用して映画館に飛び込んで観たのだった。

007というと最新鋭の秘密兵器を駆使している印象が強く、事実そういったシーンも出てくるしコンピュータもガンガン出てくるのだけど、この作品はとてもアナログな戦いであるなと感じたのでした。

王道のスパイ映画であり、王道の007。

それが『Skyfall』という50周年を記念する作品に仕上がったわけですね。

007が活躍するのは世界中の各地で、冒頭はトルコのイスタンブルだったりするわけで、ときにはあれっ?ということもよくあるのは過去の作品で知っているのですけど、この作品では「おっ!」というちょっとした驚きがありました。

こういった驚きにしても予告編などなにも観ていないから感じられたのでしょうから、今後もできるだけ予備知識なしに映画を楽しみたいですね。


博

2012年10月 5日 (金)

シアタールーム

なかなか映画を見に行くこともできないものだから、この際、シアタールームに仕立て上げようかと計画中です。

実は以前から計画はしていたのですけど、転勤やらなんやで思い切った行動に移せないまま現在に至っているわけで、頭の中にはすっかり完成時のイメージは出来上がっています。

妄想?(笑)

最近はテレビもずいぶんと安くなってしまいましたので予算的にも楽にはなっているのですけど、いろいろとこだわってしまうとそれなりに高くなってしまうのは目に見えています。

家にいる日と仕事から帰り着く時間を考えるとシアタールームを作ってもゆっくり見ている暇はないのですけど、やはりなにか楽しめる時間や空間は作りたいなと思うわけです。

どうでもいいことなんですけど、60型の液晶テレビを見ても小さいなと思ってしまいます。

ずっと以前、37型の小ささになにかの間違いではと思ったくらいで、どうしようもなく大きいというくらいに感じたとしてもすぐに慣れてしまう恐ろしい感覚になってしまっているんですね。

無駄に広い部屋に済むのも考えものですわ(苦笑)


博

2012年7月 2日 (月)

映画見に行きたいなぁ

崖っぷちの男』(原題:Man on a Ledge

7月7日公開のこの映画、ちょっと見てみたいですね。

飛び降りちゃうんでしょうか?(笑)

場所はホテルの高層階なので崖っぷちではありませんね。ってそれくらいわかるね(笑)

何が崖っぷちなのでしょう?

私なんか崖っぷちどころか落ちたままなので飛び降りたくても穴を掘らない限り無理なんですけど。いや、掘ってたら落ちないってば。すでに墓穴掘ってる(苦笑)

どんな映画なのかわかりませんけど、ドキドキしそうです。


キリマンジャロの雪』(原題:Les neiges du Kilimandjaro)

フランス映画です。

すでに上映されているところがあるように公開日が各地で違うので、いつ見られるのか微妙なところですけどなんとか見てみたいなと考えている作品のひとつです。

普段、ハチャメチャでツッコミどころ満載のハリウッド映画を見ることが多いので、たまにはじっくりとストーリーや映像を楽しめるドイツ映画やフランス映画を見たくなるのですね。

この作品はフィルム撮影らしいので、最近のデジタルとは違ったフィルムらしい美しさを楽しみにしておくといいかもしれませんね。風景もじっくり楽しみたいかな。


スノーホワイト』(原題:Snow White and the Huntsman

雪つながりですでに上映されているツッコミどころ満載のこの作品も。

正直なところ、どうでもいいです(笑)

戦う白雪姫?

はい、もうツッコミどころ満載だってわかりますよね(苦笑)

見どころはシャーリーズ・セロンの変身でしょうか。

ひたすらツッコミまくってみたいです(笑)


他にも見たい作品は沢山あるんだけど、時間がとれないことにはどうしようもありません(涙)


博

2012年5月 7日 (月)

竜巻被害

1996年公開の『ツイスター(Twister)』という映画のDVDを持っている。ヤン・デ・ボンの初監督作品『スピード(Speed)』に続く第2作で一緒にDVDを買ったのは5年ほど前のことだろうか。『スピード(Speed)』は主演のキアヌ・リーブスやサンドラ・ブロックが一躍有名となったノンストップ・アクションの傑作で、今見てもドキドキする大好きな映画だ。

一緒に買った『ツイスター(Twister)』は私の中ではおまけだったのだけど、実際に映画の中のようなことが起きていることを知ったときはなんとも言えない気持ちになったものだった。この映画も何度も繰り返し見ている。

そして昨日、茨城、栃木、群馬、千葉の4県に被害をもたらした竜巻はまさに映画『ツイスター(Twister)』そのものであり、現実としてなかなか受け止められないものがある。もちろん現実の被害はとんでもないものだけど、映画の中のシーンであってほしいと思うのだ。

ごく小さな竜巻なら私も遭遇したことはある。今回の竜巻の被害を考えると竜巻と呼ぶには遠いものだけど、小さな竜巻であってもあの空気の渦にはただ呆然とするしかなかったことを覚えているくらいだ。

大きな看板が目の前に飛んできたときの恐ろしさを思い出してしまったのだけど、今回の竜巻被害はそんな恐ろしさを大きく越えており、たぶん現実に被害に遭遇した場所を見たとしても映画のワンシーンを見ているような感覚になりそうだ。

気象庁の竜巻注意情報はこちらになります。
http://www.jma.go.jp/jp/tatsumaki/


博