お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

温泉

2013年2月 5日 (火)

好きな温泉宿

「全日本温泉宿アワード2013」というテレビ番組があったようですけど、さすがに仕事中なので見ていません。たぶん、見てもそんなに良い番組なんて思わないことでしょう。

正直なところ温泉宿は嗜好品と同じようなものだと考えています。

それに、これまでの経験ですべてが良いと感じた温泉宿なんてありません。

ぶっちゃけ、温泉重視の宿か、それとも料理重視の宿か、大きく分けるとこのふたつになると思うのですね。この両方でしっかり満足できた温泉宿はありませんし、ある旅関係の会社の人は、このふたつは別々に考えないとダメで、両方で満足できる温泉宿なんてありませんとまで言っていたくらいです。

私としては料理でガッカリしたくないんです。

ふだんコンビニ生活みたいなものですから、温泉宿に泊まれるときはやはり美味しい料理を食べてゆっくりしたいのですね。もちろん温泉も大切なのですけど、とにかく料理でガッカリすることがあればどんなに高級で接客が素晴らしくても再訪はありません。

温泉宿で温泉より料理を重視するというのもなんだかちょっと変な感じですけど、美味しい料理だけなら街のレストランでもいいわけで、ゆっくりできる温泉宿で料理が美味しいというのがポイントなのです。

温泉宿としての理想はこじんまりとした宿で離れの部屋に温泉が付いておりいつでも入れること。料理は部屋出しではなく個室になった食事処でゆったりと、そしてタイミング良く美味しい料理が運ばれてくるのがいいですね。

小さい子どもたちは好きなのですけど、温泉宿でのんびりしたいときに小さい子どもたちが騒いでいるのはかなりガッカリします。だからできるだけそうならない宿を選ぶわけですけど、それでも大家族で訪れている人たちの騒がしさに遭遇してガッカリということだってあります。

ちなみに料理はボリュームより質を重視します。

食べたばかりなのにまた食べたい。

そう思うくらいの美味しさがあればまた行きたい宿となりますし、なかなか行けないのですけど再訪の予定にはしっかり入れておきます。

これまで一度だけ夕食はナシで朝食のみで泊まった温泉宿があります。

この宿は温泉付きの離れでゆったりできたのでそれだけでも満足だったのですけど、翌朝の食事がとても美味しくてすごーく満足だったのです。たぶん、これまで泊まった中では最高に美味しい朝食でした。

じゃあ、なぜ夕食を食べていないのか?

それは事前にとっても美味しい料理を食べてから宿に行ったからなのですね(笑)

それだけ美味しい料理を食べたあとなのに、翌朝の食事に感動するくらいというのは他に経験したことがありません。

だからその宿に次回は夕食付きで泊まってみたいなと思っているのですけど、これがいつ実現するのかはまったく未定です。でもいつか必ず泊まりますよ。

ということで、料理重視の温泉宿の皆さんコメントください(笑)


博

2012年12月 8日 (土)

温泉宿

出張の際はホテルに泊まることになるのですけど、今回はあえて温泉宿を選択してみました。

とはいってもビジネスホテルに温泉が付いているといった程度の宿なので、本格的な温泉旅館とは大きく違います。

そんな温泉宿でもやはり温泉が付いていると嬉しいもので、昨日までの疲れた身体をやっと休めることができています。

正直なところいろんな出来事で心身ともにヘロヘロな状態が続いていたわけで、このままでは本当にまずいなとも感じていながらも自らテンションを上げてやっていたのです。

もうね、ありえないことばかり起きるとどうしてなのかなと不思議に思ってしまいます。

当たり前のことが当たり前にできていない現実にどうして陥っているのかなど、いろいろと考えてしまってますます眠れなくなったりするのです。

中央道笹子トンネルの崩落事故にしても打音検査が検査項目に入っていなかったなんてありえないわけで、あの構造物で打音検査ナシというのはリスク管理がまったくなされていないとしか思えません。

笹子トンネルのような換気方式は新鮮な空気と排気を分けているため、最も安定した換気が可能になる方法なのですけど、吊り天井という構造物のため老朽化により今回のような事故が起きてしまう可能性もあるわけです。

今後、飛行機のエンジンみたいな見た目のジェットファンが取り付けられることになると思いますけど、あれも吊り下げ構造のためにいつ落ちても不思議ではありません。実は、いつもあのジェットファンが落ちてこないかドキドキしながら走っているのでした。

もっとも、トンネルそのものが崩落することだってありえるわけで、そこまで考えているととてもトンネルなんか通れませんし、事故の発生を考えていると車を走らせることそのものもできなくなってしまいます。

じゃあ、どうやってリスクを低減するのかという話になってしまうのですけど、そんなことを考えて車を走らせている人なんてどれだけいるのだろうと思うのですね。

たぶん、なにも考えずに走っている人がほとんどでしょうね。

昨日、リスク管理の講師をしていたせいか、温泉宿でゆっくり温泉に入りながらもそんなことを考えていたのでした(苦笑)


博

2012年11月 1日 (木)

寒くなりましたね

11月に突入した途端に風もあり冷え込んできました。

仕事が終わって車に乗り込み、ふと温度計を見ると完全に一桁。さすがに寒いはずですよね。

こんなときは温泉に入ってのんびりしたくなるのですけど、現実はのんびりする暇なんてありません。

紅葉を見に行きたい所があるのに何年も行くことができないままですし、行きたいなと思う温泉は増えるばかりです。

まぁ、ひとりで行ってもつまらないですから妄想だけでもいいのですけど、ずっといつまでも妄想のままというのも寒すぎます(苦笑)

紅葉を見ながら露天風呂に入ったあとは、ふかふかの羽毛布団でゆっくり眠りたいものです。

一緒に眠ってくれる彼女がいるともっといいですね。


博

2012年9月29日 (土)

温泉の季節がやってきた

昼間はまだ暑かったりしますけど、朝はひんやりする日が多くなってきました。

この季節になるとゆっくり温泉に入りたくなってしまうんです。

ゆっくり温泉に入ったあとは、ふかふかのお布団にくるまれて眠るのが気持ちいい。

本当に猫になりたいなと思うくらいで、でもなれないから猫のようにじゃれたくなってしまうのかも。

くっついて眠れたらいいよね。

また一緒に温泉に行きたいなぁ……。


博

2012年6月18日 (月)

温泉に行きたーい!!

疲れがどんどん溜まる毎日。

私自身の仕事量がかなり増えてしまっただけでなく、いろんな指示を出さないといけないしフォローも必要なので身体がいくつあっても足りないような状態に陥っています(涙)

こんなときはやはり美味しいものを食べて、ゆっくり温泉に入るのがいいんでしょうけど、そんな余裕も皆無という悲惨な現実。

なんとか8月中旬から下旬くらいにはちょっとした連休が取れそうなので、そのときはゆっくり温泉にでも行ってみようかな。といっても一緒に行ってくれる相手がいないのだけど……。

のんびりまったりした休暇になるといいなぁ……。


博

2012年2月14日 (火)

温泉ソムリエ

野菜ソムリエという言葉を初めて聞いたとき、「へー、そんなのがあるんだ」と思ったものです。

第一印象としては怪しげでありどんな意味があるのかよくわかっていませんでしたが(今でもあまりよくわかってないけど)、芸能人の中に野菜ソムリエの資格を取ったという人が現れ、少しずつ記憶に残るようになってきました。

それに比べ、温泉ソムリエという言葉は今までまったく知らず、今日、たまたまネットの記事で知ったばかりでかなりの驚き状態になっています。

私は温泉の泉質うんぬんよりのんびりできる時間や空間を重視するので、温泉ソムリエになりたいといった気持ちはまったくありませんけど、温泉のマナー(一般的なマナーだと思うけど)くらいは身につけておきたいなと考えております。

のんびり温泉に行きたいなぁ。


温泉ソムリエ協会
http://onsen-s.com/


博

2012年2月 9日 (木)

露天風呂の夢

願望の表れなのか、露天風呂に入っている夢を見た。

それもなぜかすぐ近くに人がいて、小学生くらいの男の子とその父親らしきふたりが竃で使うための薪拾いをしている。

私はなにをしているのかというと、露天風呂に入ってその親子らしきふたりの様子をずっと眺めているのだった。

ただ眺めているのだったらなんのことはないけど、どういうわけか仁王立ちで眺めているから困ったちゃんです。

露天風呂で仁王立ちしている状況を想像してみてくださいよ。

そう、自信たっぷりにあそこを露出しドヤ顔で突っ立っているわけです(汗)

薪拾いも終わりそうで見ていてもつまらなくなってきたのか、今度は何も視界を遮るものがない反対側に向いてこれまた仁王立ちです。

心の中で「ドヤーッ!!」と叫んでいる声さえ聞こえてきそうです(笑)

下手をすると露出狂です(汗)

ふと我に返り、肩までしっかり露天風呂につかることにしたわけですけど、それは急に恥ずかしくなったからだったんですね。

はい、仁王立ちしてドヤ顔ができるほど立派なモノは持ち合わせていません(苦笑)

現実に露天風呂に入ったとしても仁王立ちするのは打たせ湯にあたるときだけで、それも他に誰もいないことを確認してやっとといった状況なんですね。

だって恥ずかしいじゃないですか。

だからなのか、ふたりっきりでゆっくり温泉を楽しめる露天風呂のついたお部屋が好みなんですかね。

また一緒に温泉に行ってみたいなぁ。


博

2010年12月27日 (月)

乳頭温泉郷に来ています?

最近、さかなクンがクニマス発見に貢献したとしてニュースになり、天皇陛下からも感謝されるなど話題になっていますが、そのクニマスは秋田県の田沢湖にのみ生息した固有種でした。

田沢湖で絶滅したクニマスが山梨県の西湖にて生存が確認されたのは、その昔、田沢湖を利用した水力発電所が建設されることで水質が悪化するのを理解されていたのか、人工孵化の実験も兼ねて長野県や山梨県、富山県などに受精卵を送っており、その中の西湖に放流されたものが繁殖を繰り返し現存していたということだったのですね。

クニマス発見のニュースから秋田県と仙北市は協力して21日に「クニマス里帰りプロジェクト」を立ち上げたそうです。でも、玉川の強酸性水を導水し、死の湖と化してしまった田沢湖の再生がとても大変なことはプロジェクトを立ち上げられたみなさんがよくご存知だと思います。70年前の生態系に戻すにはその倍はかかるとして、150年くらい先になってたくさんの魚が泳ぐ湖になっているといいですね。

そんな田沢湖の近く乳頭山麓に点在する七湯が「乳頭温泉郷」で、七湯それぞれが源泉を持ち泉質は多種多様で湯巡りもできるようになっています。

標高800mほどに位置する雪の中の乳頭温泉郷、雪見露天風呂に入ってみたいと思っていた私にとってはピッタリの環境で、身体は温泉で温まりながらも頭はヒンヤリしてのぼせないのがいいです。それに昼間から温泉三昧なのはなんという贅沢というか、こんなにのんびりしていていいのかなと思うほどです。

でも本当は、周囲は雪景色ではあるんですが自宅のお風呂にバスクリンの「日本の名湯」のアソートセットである源泉の愉しみから乳頭を選んで入れているだけなんです(苦笑)

乳頭温泉郷には全部で15の源泉があるようですが、ではバスクリンの「日本の名湯」が乳頭温泉郷のどの源泉を再現しているのかというと、単純にこの源泉だと言えるものではないようです。もちろん成分として温泉分析表の上位3成分を一致させているわけですが、温泉情緒といった感覚的なものを含めて再現しているということなんですね。だから色や香りが違っていてもそのまま再現しているわけじゃないのでツッコミしちゃだめです。

なんだかバスクリンの宣伝みたいになっちゃいましたが、私はただ温泉に行ってゆっくりしたいだけなんです。一緒に行ってくれる人もいないので実現しそうもないし、最後に行ったのがもう3年近く前のことでなんだか懐かしくなっているのでした。

できることなら、もっとたくさん温泉に連れて行ってあげたかった。そして、もっとゆっくりさせてあげたかった。できなかったことを思ってもしかたないけど、できなかったからこそいつまでも忘れないのかな。きっとまた、頑張り過ぎて無茶しているんだろうな。こうやっていつまでも心配なんだけど...。


博

2010年12月10日 (金)

雪見露天のある宿

めっきり寒くなってきたのでやっぱり温泉に入って温まりたくなりますね。

これから先、またいろいろと忙しくなるのですが、そんな忙しいときには現実逃避なのか温泉に行きたくなってしまいます(汗)

冬場の温泉といえば雪見露天かな。静まりかえった中、冷えた身体を温泉で温め、でも頭だけは冷えたままなのでのぼせにくいというのがいいですよね。

そういえば何年か前、2月だったけどものすごくお天気が良くて昼間の車の中は暑かったほどです。そんな日でもさすがに冬だけあって、夜の外は冷蔵庫みたいなもので部屋の外にケーキを置いていたことがありました。翌朝にはちゃんと食べましたよ(笑)

雪見露天にはまだ入ったことがありませんが、いつかゆっくり心まで温まってみたいな。


雪見露天のある宿・ホテル-じゃらんnet
http://www.jalan.net/onsen/season/yukimi.html


博

2010年12月 2日 (木)

なにもしない贅沢

私にとって、旅先で美味しいものを食べてのんびりと過ごすのが一番の贅沢だと思う。

毎日、慌ただしく何を食べたのか記憶に残らないようなことばかりで、ゆっくりと食事をすることもなければのんびりとした時間を過ごすこともなく、ただどんどん時間だけが経ってしまうような状態なんですね。

だからたまにはゆっくりと美味しいものを食べ、のんびりと温泉にでも入ってといった願望が強くなってしまうのですが、男ひとりではどうにもならず、結局は願望のままだったりします。

だからつい過去にのんびり過ごした記憶が甦ったりするのですが、現実はやはり厳しいものです。

また、あの日と同じようにのんびりとした時間を過ごせるといいな、と思ってもどうにもならないのですけどね。


博

より以前の記事一覧