お気に入りの音楽

  • paris match -

    paris match: edition 10
    2年ぶりとなった paris match 通算10枚目のオリジナルアルバム。お約束なので今回も数字シリーズ(笑)
    (2012年11月21日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Chasing Hope
    約2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム。なるほど、これが現在の彼女の心境なのかと感じる作品となっている。繰り返し聴くことで良さがわかってくるアルバム。
    (2012年7月25日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: LUCK
    ACOらしいバンドサウンドかつ「2010年代版クラシカル」をテーマにした独特のフルアルバム。むふふ(笑)
    (2012年1月18日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Back Room -BONNIE PINK Remakes-
    BONNIE PINK 初のセルフリメークアルバム。ずいぶん前の曲でもみずみずしさやライブ感を感じます。"Last Kiss"は当時を思い出してしまうので反則だよ(涙)
    (2011年9月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: devil's hands
    ACOの4年ぶりのアルバム。ヘビーローテーション真っ最中というかこればっかり聴いてるわ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • BONNIE PINK -

    BONNIE PINK: Dear Diary
    BONNIE PINK デビュー15周年ニューシングルを含む豪華3枚組アルバム
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • paris match -

    paris match: to the nines
    paris match 9枚目のオリジナルアルバム。もちろん今回も数字シリーズ(笑)
    (2010年10月6日発売) (★★★★★)

  • DOUBLE -

    DOUBLE: DOUBLE Ballad Collection Mellow
    DOUBLE大好きなのでお約束で買いました(笑) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Lady Soul
    ACOのサードアルバムでこちらも髄分と古いけどやっぱり今でも大好きなんだよね(笑)
    (1998年9月19日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: NUDE
    ACOのセカンドアルバムでなんともゆるゆるな感じが大好きなんだよなぁ(笑)
    (1997年4月21日発売) (★★★★★)

  • ACO -

    ACO: Kittenish Love
    ACOのファーストアルバムで随分と古いけど今でも大好きだったりする(笑)
    (1996年4月21日発売) (★★★★★)

文房具

2013年5月11日 (土)

神経質?

まずは下の写真をじっくり見てください。

【蛍光ペン(三菱鉛筆 PROPUS2)】
蛍光ペン(三菱鉛筆 PROPUS2)
(画像クリックで拡大)

この蛍光ペンは実際に私が使っているモノで、このタイプを使い始めてもうかなり長くなります。

長く使い続けている理由は、最初に蛍光ペンを購入しようと思ったときに品質テストした全メーカーの同様の製品の中でこの蛍光ペンだけが合格となったからです。

例えば感熱紙に書いても変化がなく、コピー用紙でも滲みが少ないなど、とにかくいろんなテストに唯一合格できた製品だったわけです。

そんな蛍光ペンも私にとっては完璧ではなく、使い始めるときにちょっとした一工夫が必要となります。

そう、写真をずっと見ていて気がついたあなた、正解です(笑)

えっ?

なにが正解なのかって?

わからないというあなた、また写真をじっくり見てください(笑)


博

2013年1月12日 (土)

CamiApp と SHOT NOTE を使い分ける

CamiApp」に続いて「SHOT NOTE」も入手し使い比べています。

結論からいくと、ツインリングメモのA7サイズでの比較だと「SHOT NOTE」の方が使い勝手がよく、これからメインで使っていくことになります。

その理由は、操作が直感的にできるようになっていることと、撮影から表示までの時間が圧倒的に短いということです。「SHOT NOTE」は2秒くらいで表示されるのに対し、「CamiApp」は2秒くらいしてから処理中と表示され、そのあと10秒以上も経ってからやっと表示されるような状態です。

さすがにこの差は大きくて、ささっと終わらせたいメモなのにすごーく長い時間がかかっているように感じるのです。これではさすがに気持ち良く使うこともできず、アプリを改善して「SHOT NOTE」に劣らないようにして欲しいものです。

じゃあ、「CamiApp」がダメなのかというとそうではなく、黒バックに白い用紙を置きさえすれば専用紙ではなくてもきちんと表示できるので、A4用紙に印刷された文書などを読み込むのにはとてもいいなということで今後はこの用途に使ってみるつもりです。

ただ、せっかくの優れた機能であるアクションマーカーがなぜ下図左側のパターンなのか悩むのです。中央の赤枠内に作ったパターンの方がわかりやすくていいと思うのですよ。

アクションマーカー

それはなぜかって?

誰もが学んだことのある二進数を思い出してもらうとわかりますよね。もし、左側のようにメーカーが設定した場合であっても、1と2をプラスしたら3になることくらいは考えて欲しかったな。そうするだけでアクションマーカーはずっと使いやすくなっただろうにね。

両者を使い比べて感じたのは、「SHOT NOTE」はメモ向きということであり、「CamiApp」はどちらかというとノート向きじゃないかなということ。もちろんこれに根拠はなく、あくまでも私がちょっとばかり使ってみて感じたことなので、実際に使う人によって違った感想になることは避けられません。

こんなところですけど、使っていくうちにまた違った感想になるかもしれませんね。


博

2013年1月10日 (木)

SHOT NOTE を使ってみる

昨日、「CamiApp」について書いたばかりですけど、今日は「SHOT NOTE」が入手できたので書いてみます。

ぶっちゃけ、「CamiApp」は期待外れだったので、やはり最初から欲しいと思っていた「SHOT NOTE」にしておくべきだったと思っています。

昨日のうちに両者のアプリをダウンロードしていたのでさっそく両者の比較をできるのですけど、比較するまでもなく「CamiApp」と頭の中にあるイメージが合わず、これでは使い物にならないなといった状況だったのです。

たまたまイオンに寄ったところ「SHOT NOTE」ツインリングメモのA7サイズを入手できたので、比較条件としては同じようなものです。

細かく比較するとそれぞれのメリットが見えてくるのですけど、「SHOT NOTE」の大きなメリットは撮影から表示までの時間の短さでしょうか。

手軽に撮って保存という目的には「SHOT NOTE」が向いているようで、読み取り方式の違いと使い勝手は「SHOT NOTE」の方が好感触です。

いろいろと使い込んでみるとそれぞれのメリットやデメリットがハッキリしてくるでしょうから、しばらく使い比べてみたいと思います。


博

2013年1月 9日 (水)

CamiApp を使ってみる

バリバリのデジタル人間だとよく思われているのですけど、実はかなりのアナログ人間だったりするんですよ。

たぶん、デジタル人間だと思われるのはコンピュータに詳しいし、プログラムだって書くこともあるし、もちろんいろいろと使いこなしているからなのでしょうけど、それだけでなくいろいろと設計していることなんかもあるのでしょうね。

そう考えるとデジタル人間だという気が自分でもするのですけど、感覚的には完全にアナログ人間であり、コンピュータを使うにもアナログ的な使い勝手が良くないとダメだったりするんですね。なんというのかな、自分の頭の中にあるふわっとした曖昧なイメージとどれだけ合致するのかが大切だったりします。

そのイメージに見事なくらい合致しないのが Microsoft の Windows や Office だったりするわけで、仕事で嫌でも使うとはいってもプライベートでは絶対に使いたくないなと思うのです。それでも使わないわけにはいかないから Boot CampVMware Fusion を利用して使っていますけどね(苦笑)

そんな感覚の持ち主である私のメモはこれまでずっと紙に手書きというものでしたし、今後も変えるつもりは全くありません。

でもね、紙のメモって持っていないと意味がないわけで、仕事が終わって帰り着いたあと、「あのメモに書いてた詳細はどうだったっけ?」と自問自答することもあったわけです。

まぁ、そんなに急ぐこともなければ絶対になければ困るという内容でもないのでこれまで不自由していなかったのですけど、携帯もスマートフォンにしていることなので、アナログなメモをもっと活用できるようにしようと考えたわけです。

急な思いつきなので入手したのは近くのホームセンターに売っていたコクヨの「CamiApp」の中でもツインリングメモのA7サイズのモノ。売っていたのはこれしかなかったのですけど、これまで使っているメモもこのくらいのサイズだったのでちょうど良かったりします。

まだメモを買って、アプリをダウンロードしたばかりなので、使い勝手などどうなのかなと疑問に思うことばかりだったりしますけど、もし使い勝手が悪くても紙に書いたメモを撮影してデータ化するというのは続けてみようと考えています。

正直なところ、キングジムの「SHOT NOTE」が欲しかったのですけど、こちらは売っていなかったのでとりあえずコクヨの「CamiApp」を買ったというわけだったりします(汗)

そのうち、キングジムの「SHOT NOTE」も買って使い勝手を比べたりするんでしょうね(笑)


博